2006年08月27日

はとバス怪談ツアー

上野大仏1.JPG
←顔だけはがされている上野大仏。上野公園はよく行くけれどこんな方がいらっしゃったとは・・・

先週は、担当工事物件の引渡し前という事で毎日検査、検査の週でした。
竣工前は激務ですが、これが終了すると自分の物のように思っていた建物が完全に人の物になってしまうので、ちょっと寂しいです。

さて、そんな忙しかった週も終わり、週末に参加しました、はとバス「講談師と行く怪談ツアー」。(^^)/
コースは以下のとおり。(はとバスパンフレットより)

東京駅丸の内南口
 ↓
谷中・全生庵(幽霊画)
 ↓
上野大仏・花園稲荷神社(大仏の頭だけがひっそりと安置されている上野大仏・幕末上野戦争の最後の激戦地:穴稲荷)
 ↓
東天紅 上野店「海燕亭」(食事)
 ↓
澤蔵司稲荷(澤蔵司(たくぞうす)という修行僧に姿をかえ、伝通院で学んだという稲荷大名神をまつった神社)
 ↓
四谷お岩稲荷(ご存知「四谷怪談」のお岩さまが祀られている)
 ↓
新宿大宗寺(閻魔大王と奪衣婆の像)
 ↓
将門の首塚
 ↓
東京駅


昨日は、東京はくもり。気温も29度くらいで涼しく、散策にはうってつけでした。参加者は40名くらいで、客層は50代くらいの方中心。若い女性もちらほら見られました。無理やり引っ張り出された、ぺり夫&我妹妹的老公は何となく違和感が・・・(ごめんねー、2人とも)^_^;

「怪談ツアー」というとおどろおどろしい雰囲気ですが、そんな事はなく、江戸情緒たっぷりの場所を講談師の方の江戸っ子ぽい解説を聞きながら巡る事ができて、かなり楽しめました。
怪談乳房榎.bmp
←特に、谷中全生庵の幽霊掛軸は見ごたえが!
小さい頃から見るたびにぞっとしていた、伊藤春雨の「怪談乳房榎」の掛軸があり、「おおっ!出た!」と思わず思考停止・・
寺という場所柄もあり、これを夕方や夜中に見たらさぞかし迫力があるだろうなあ、と思われました。^_^;


他に回ったスポットも、まあこんな機会でもなければ行かないだろう、というマイナーかつディープな場所ばかり。
上野大仏と将門の首塚(ここは良く行くけど)には、独特の気を感じましたよ。
これぞまさに、「大江戸魔方陣」の魔力でしょうか。
お岩稲荷.JPG
住宅街の中にポツンとあるお岩稲荷は、じめっとして入りづらいし、大宗寺の御二方(閻魔様&奪衣婆)は想像を絶する巨大さで爆笑を誘うし。ああそうそう、大宗寺の敷地内にある「塩かけ地蔵」は塩まみれでかなり不気味でした。(願掛けをしてかなうと塩をかけるそうです)

講談師のお話は、「四谷怪談お岩出生の因果話」。
若いお兄ちゃんなのに、さすがはプロで思わず聞き入ってしまいました。
巻き舌の江戸っ子弁が小気味よかったです。
でも、それよりサンミュージックの怖い話の方が怖かったけど・・

終了後は、月島でもんじゃを食べ「厄落とし?」をして帰りました。
恐れていた“お持ち帰り”も今のところなく一安心。(^^)
でも、足が筋肉痛だー!

★本日の学習★かわいい

「中国語教室」
・「走進中国」2課。本文と文法説明。文法事項を使って例文を作る練習。
・ごきぶり、幽霊についてのフリートーク。気持ち悪いよう〜って、私が怪談ツアーをさんざん自慢したからだ・・・(>_<)

「走進中国」

・予習と練習問題。
posted by ぺりお at 20:12| 千葉 ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

戻ってきたピアス

什麼?.JPG
←何〜?僕たち打合せしてるんだから邪魔しないでよ!(by はち&まる)

いよいよ本格的に暑くなってきましたね!
こんな時は勉強を忘れてちょっと不思議な話でも。

数年前、夫の祖母が亡くなった時の事。
あわてて和歌山に帰省し、私は祖母の使っていた離れの部屋を使う事になりました。
その日はもうお通夜だったので、すぐ喪服に着替え、いつもつけていたピアスもはずして、祖母の鏡台に置きました。

自宅での式だったので、お通夜の晩は一晩中お線香をともしていなくてはいけません。
おばあちゃんの脇で、うつらうつらしつつ、親戚や近所の人たちといろいろな思い出話をしたり、何か食べたりして過ごしました。こういう経験ははじめてでしたが、死ぬ、という事を受け止めるために大切な事のように思えました。
次の日の式は、大忙しながらも無事に終了。

仕事で大阪へ行く夫と大阪駅で別れ、私は一足先に自宅に帰りました。
(余談ですが、家についた途端、熱が40度も出て、服を着たままその場でたおれこみ、起きたら真夜中!もう〜!)

次の日、ピアスを鏡台におきっぱなしにしてきたのに気がつきました。
帰省する時持っていったケースを、念のため開けてみましたが、もちろん入ってるわけがありません。
「まあ、仕方ない、四十九日に行く夫に持ってきてもらおう。」と思いケースはしまってしまいました。でも、気に入っていたのでその後、何度か未練がましくケースをあけては、振ってみたり、綿の部分をひっぱりだしてみたり。^_^;

そして、四十九日の日。
何気なくケースをあけたら、“ピアスが入ってる!”
きちんと2個並んでるんです。夫はもう帰省してるし、知らないっていうし何で????

「おばあちゃんが??」
だって今日は四十九日。おばあちゃんが無事六道輪廻を終えて、新しい運命が決まる日です。
もしかしたら、最後に持ってきてくれたのかもしれない・・・・

そんな馬鹿な、あるわけない、って思う人が大半でしょう。
でも、私はどうしても祖母が持ってきてくれたような気がしてならなかったのです。

不思議だけど、ものすごく感動してしまったのでした。

★本日の学習★(予定) pandaani249.gif

「中国語実習コース20課」
・予習。単語チェックと音読。このテキストの最終課なので、今まで出てきた成語がぞろぞろ。

「単語帳」
・読む、作成する。
posted by ぺりお at 11:19| 千葉 🌁| Comment(19) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

化け猫の恐怖

kuniteru-01_m.jpg
←一雄斎国輝作
「古寺に猫の怪物」


ここのところ、夜中によく金縛りにあいます。
うなされている時、決まって何か変なものが見えるのです。
それは、枕もとにうずくまる女の子だったり、天井から覗く目だったり。バチバチ変な音もするし。

この前は、誰もいない台所から水を流す音と、黒っぽい影が!
「わーっ!」と叫んで金縛りがとけたのですが、恐ろしさで固まってしまい動けない・・・

・・・もう、物音はしません。
恐る恐る台所の方を振り返ってみると、やはり黒い影が。
その影がどんどんこちらに近づいてきて、引き戸をあけはじめ・・・(私は顔面蒼白)

「!」( ̄ロ ̄!!)

それは、まるでした。
夜中にのどが渇いたのでしょう、いつもは登らないシンクに上って水を飲んでいたのでした。
私を見て「にゃー」などと言ってます。
全くもう!じゃあきっと、今まで見たのも猫だったんだね。(-_-;)
化け猫めー!!

でも、本当に何か怖い物たちだったら嫌だなあ・・・


blogランキング参加中です。ちょん!とクリックお願いいたします♪pandaani115.gif

★本日の学習★

「中国語実習コース」
新しい課の音読&単語調べ。構文チェック。(構文を使って例文を1個ずつ作ってみる)
新しい所をやると、前回の分を忘れてしまいます。しつこくしつこく繰り返さないといけません。

新しい課の予習として、新出単語と構文を調べます。結構量があるので、ひととおり終わると1時間くらいかかりますが、そこが罠。
その作業だけで勉強をした、という自己満足に陥ってしまい、そのまま授業へ〜なんて事になりがち。(-_-;)
やらないよりはましですが、それだけでは授業は玉砕・・・先生が聞いてくるであろう問題を想定して、いろいろ答えを考えていかなくては。結構それで会話の訓練になりますし。それにしてもハードだ・・・

「中国語日記」
ほんの一文。ちょっとさぼってました。

・王力宏の歌詞をノートに写す。(これって勉強?)
posted by ぺりお at 15:17| 千葉 ☁| Comment(22) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

トラウマな物達・・

tansu.jpg
箪笥

今日は、久しぶりに何の予定もない休日だったので、韓国ホラー『箪笥』を見ました。

いい、悪い、の評価が極端だったので、どうかと思いましたが、“秀作だと思います!”。ホラーというよりも、サイコ?とも違う、悲しいせつなくなるような話でした。
ただ、1度見ただけでは訳がわからないかもしれません。さまざまな解釈ができるストーリーです。美術的にとても凝っていて、衣装、インテリア、映像、それだけを見るだけでもかなり満足できます。今晩、もう1度見ようと思ってます。



箪笥とか、押入れとか、天井裏とかって昔から少し怖いと思っていました。
そこで、子供の頃からのそんなトラウマのある漫画を紹介してみましょう。


osiire.jpg
押し入れ←「押入れ」が怖い理由

これは、貸してくれた友人を真剣に恨みました。
引越しの多い我が家には、最強の恐ろしさです。私が怖いと思うなんてめったにないのに・・ううう・・・(>_<) 
引越し前、または賃貸住宅にお住まいの方におすすめします。
この、山岸涼子さんって、本当に人がもっとも恐怖に感じる事をさらっと漫画にする人です。
わたしの人形は良い人形―自選作品集とか、日出処の天子なんかもかなりすごいです。



akai.jpg
赤い沼←「ほこら」がこわい理由

これは、今から20年以上前、「なかよし」っていう月刊の少女マンガの付録についていました。
これを読んで以来今でも、「かごめかごめ」の歌とざくろはちょっと苦手です。
日本の童謡っていうのも、かなり闇をはらんでますね〜。
「とおりゃんせ」とか「花いちもんめ」とか「てんてんてんまり」とか。
うふふ♪




senrei.jpg
洗礼 ←病院(手術台)が怖い理由

これは、かの有名な変人楳図かずおの漫画です。
小学校の頃、どこかのお蕎麦屋さんでこの漫画を読んで以来とりこになりました。
いわゆるホラーではなく、人間の妄執の話なのですが、絵がおどろおどろしいのと、ストーリーが、少年少女コミックに連載するなど、あるまじき事ではないか?と思うほどで・・・
今もってトラウマです。
お母さんが土から出てくる絵は、すさまじかった・・・・



こんな本を読んで、暑さを吹き飛ばすのも一興ではないでしょうか?(^^)
『箪笥』を見ているとき、地震がおきてちょっとびっくり!

★ランキング参加してます。よろしかったら応援クリックを〜♪かわいい


★本日の学習★→こんな記事をかいて学習もないものだ、と思いますが・・

・中国語の日記 ・・・ 月〜金のものを見直し&清書して郵送
・中国語メルマガ ・・ 答え合わせとチェック
・いろいろ中国語の文を読み散らす。

*休日という事で、こんな軽い内容でした・・明日はもう少しやります。











posted by ぺりお at 21:09| 千葉 ☀| Comment(17) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

開かずの間

g8_0412W3.jpg
ここのところ、真夏のような暑い日が続いています。

電車の中で見かける、運動部の学生達もみんな日に焼けて真っ黒。
週末、遠征にでかけるのか、大きな荷物をもったグループも結構います。

そういうグループを見ると、学生時代の合宿での出来事を思い出します。

大学2年の夏合宿。とある信州方面の山の中に合宿へ行きました。
そこは、宿泊料が1泊3千円前後、と非常に安かったのです。

合宿所は、古い民家を改築したような、さっぱりとした気持ちのいい所で、回りは田んぼや山、川に囲まれてとてもすがすがしい場所でした。弓道場も、歩いてすぐだし、申し分ない環境です。

2日くらいたった頃、いつもは元気な男の先輩が、「気分が悪い」と言って、稽古を休み、寝込んでしまいました。戻ってから、様子をうかがうと、「寝苦しい。廊下を日本髪の女性が歩いている。」なんて言うのです。みんな大笑い。そんなキャラの人じゃなかったし。

次の日ぐらいに、今度は女性の先輩が、「夜、廊下を誰かが歩くのよ〜」と言い出しました。
とりあえず、夜中にトイレに行くときは、みんなで行くことにしました。

そして、合宿中日。その夜は、お墓で肝試しを!(真似しちゃ駄目ですよ)
私は、先輩と2人で「ふんふん♪」楽しくお墓を歩いていたのですが、突然背中に“どしん”と何かが乗ったのです。恐怖感は全然ありませんでした。「あれ?」と思って振り返ろうとしたけど、動けないのです。歩けないし。「うそ、なによ〜」と思いつつ、先輩に「なんか歩けなくなっちゃいましたよ〜。背中に何かが乗ったみたいです〜」と訴えました。
その先輩は、お寺の息子でお坊さんです。「あらら。」と言うなり、もう一人の後輩のお寺の息子を呼んで、(仏教系の大学なのでお坊さんいっぱいなのだ)何やらこそこそ言ってると思ったら、おもむろに、お経を!何のお経なのかはよくわかりませんが、さすがお坊さん達、2人して朗々と唱えてくれました。「えい!えい!」みたいな言葉を発して、肩をポンポンっとされたら、背中の重みはすっと消えて動けるようになりました。ちょっと驚き。

そんなことがあった次の日あたり、夕飯後に集合がかかりました。
宿の人に連れて行かれた先は、奥まった部屋の前。古そうな和室で、そこは改装された様子はありません。障子はぴったりと閉められ、よく見ると隙間と言う隙間にガムテープで目張りが!「ひえええええ〜」と思いつつ、友人と手をつないで話をききました。

そこは、明治時代だか大正時代だかに、そこの家の娘さんの部屋だったそうです。
娘さんには好きな人がいたのですが、両親の決めた人に嫁がなくてはならなくなり、婚礼の前夜に自殺したそうなのです。(ここで)それ以来、ずっとこの家にいるそうなのです。細部は忘れてしまいましたが、日記を探しているんだそう。だから開かずの間になっていたのです!

もう〜、そんな話しなくってもいいのに〜。(>_<)
その後5日あまり、みんな恐怖で死にそうになりながら合宿を続けました。
今も、合宿所続けているんだろうなあ。えらい人を連れてきて供養してあげればいいのに。

はああ・・・かなり怖い体験でした。

★blogランキングへ。押して下さったら嬉しいです。pandaani116p.gif


★本日の学習★

・中国語ジャーナルのドラマのところを音読。単語や文法をチェック。
・新聞読み。
・明日から、日記添削をしてもらう事になりました。毎日中国語を自分でかくので、力がつくかな?
 とにかく短くても続けてみようと思います。
posted by ぺりお at 21:31| 千葉 | Comment(11) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

牡丹燈籠の結末!

Img_00022.jpg
←これよりもっと怖い絵がいっぱい!

子供の頃読んだ本で、トラウマとなっている怖い本があります。

それは、少年少女講談社文庫(ふくろう文庫)の「怪談」。
今は、確か廃刊になっているはずですが、詳しくはわかりません。

この本、子供向けなのに、小泉八雲はまあいいとして、エドガー・アラン・ポーやレイ・ブラッドベリ、そして極めつけはハワード・フィリプス・ラブクラフト!
ラブクラフトは怪奇小説のR指定じゃないのか・・(怖すぎて)

また、その本の挿絵が最恐だったのです。辰巳四郎という画家のものですが、立体的な画風で、救いようのない心底ぞっとするような絵でした。(そういえば、あまりの恐ろしさに、妹にコンビニでコピーしてきてもらって、大嫌いな数学の教科書のカバーにしましたよ。(~_~;) すまない、妹)

その中に、「牡丹燈籠」という話がありました。
あの有名な、夜な夜な牡丹燈籠をさげた女性が主人公の男性の所へやってくるのですが、実はそれは幽霊でした、っていう話です。最後は棺おけに引きずり込まれて男性は死んでしまうのですが、中国版だと続きがあるのです。(この本は中国版をもとにしていましたが、ここで終わっていた)その後、その女性と男性が幽霊となって現れるようになり、困った人達が偉いお坊さんに相談に行きます。そのお坊さんは、自分の手に余るので、別の仙人だか道師だかにまかせるのですが、その人は幽霊をつかまえて、鞭打ちにし、供述書をかかせ、牢に放り込んでしまうのです!幽霊をですよ!

何となく、ここに日本と中国の死生観の違いがあるような気がしました。
日本人は死体に鞭打つような事はほとんどしませんからね。
靖国の英霊問題も、こんな事がちょっと関係しているのかもしれません・・・

しかし、本当に恐ろしい本でした。見つけたら、もう1度読み返してみたいものです。

☆blogランキングです。押して下さったら嬉しいです。pandaani235.gif


★本日の学習★

・「朗読中国語」第2課の4 ・・・ 音読。今回は文章が長いなあ。
・中国語ジャーナルのCD&本を熟読 ・・・ 内容充実!やりこなせたらすごいと思う。
・準2級過去問の中作文をいくつかやってみた。半分正解。いいのか、悪いのか・・・

*CDは通勤時間に聴いているので、「中国語ジャーナル」か「朗読中国語」かどちらかになってしまいます。近いうちに、MP3の必殺道具を買おうかと検討中・・・何しろ、種類が多すぎて、どれがいいのかわからないのです。^_^;
posted by ぺりお at 00:01| 千葉 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。