2007年01月24日

「心霊写真」おすすめです!

心霊写真.jpg「心霊写真」

久しぶりに「おお〜、ホラー!」という映画を見ました。
公開当時からずっと気になっていたタイの映画「心霊写真」です。
“アジア各国を恐怖の渦に巻き込んだ!映画内で使われてる心霊写真はすべて本物!スタッフに不可解な現象続出!”とかなり評判になっていました。

まあ、不可解な現象続出、っていうのは、最近のホラー業界ではほぼお決まりの演出でしょうけど。^_^;

そういえば去年の秋ぐらいから一般公開されていたホラーはあまり見てなかったような気が。
(いやあの、公開されていない物は何本か見ていたので・・アルバトロス・コア社のとかね。ふふふ)

タイのホラーといえば、香港と合作の「The・EYE/見鬼」が有名ですね。
これは、とても不思議な感触の映像で、熱を出した時昼間に見る悪夢のような、恐怖感とファンタジー感にあふれた傑作でした。
主人公のアンジェリカ・カーがかわいいし♪

さてこの映画。
はじまりは、主人公がある女性をひき逃げした場面からです。
その後、続々とおかしな現象が始まり・・・というごくありふれたストーリー。
しかし、カメラマンの主人公、昔の彼女、交通事故、心霊写真、写真屋さんの言葉、すべてが伏線となって最後の最後にまとまっていく作りは見事でした。
タイのお葬式場面は、異国風でそれがまた怖さを誘います。
これからご覧になる方がいらっしゃるかもしれないので、詳しくは書けませんが、今まで見たことのない方法で、真実が解明されます。これは画期的だったなー。

幽霊の演出は、といえば、ほぼ日本のホラーと同じ(もしくはパクリ)傾向でしたね。
はいずり方は「リング」の貞子風、メイク&突然の空間移動は「呪怨」の伽椰子風。
でも、何度も何度も出てくるあたりは、日本の彼女たちよりもパワフルでした。(^_^)
恥ずかしながら、あんまりびっくりして飛び上がっってしまった箇所があるし・・・

まあとにかく、最近のメジャーな日本のホラーよりずっとおすすめです。
よろしかったら、ぜひぜひ♪

*主人公がキアヌ・リーブス&朱孝天を足して2で割ったようにみえてしまい、なんだか笑ってしまった・・↓
アナンダ・エヴァリンハム.jpg

★本日の学習★かわいい

「走進中国」
第6課の閲読文の日訳。なかなか終わらない〜。

「NHKラジオ中国語(応用編)」
電車の中でCDをきく。後でテキストチェック。

「中国語検定2級徹底攻略」
せっかく買ったので電車で少し問題をやってみた。
→このような呼びかけは全く相手を尊重しないとの意味には取られない。
→這様的称呼完全没有不尊重対方的意思。だって〜(>_<)
日本語からしてわかりずらいのですが・・・
posted by ぺりお at 15:14| 千葉 | Comment(11) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

5月に見た映画

最近見た映画です。メモ代わりに・・

セブンソード 特別版(2枚組)
「セブンソード」

こういう武侠物は文句なしに好きですね〜。
雪山で修行を積む剣士たち。どぎついメイクの悪者。祖国を離れ奴隷として連れてこられた美しい女性と祖国を同じくする剣士との恋愛。裏切り者、けなげに戦う子供・・
戦いシーンも爽快でした。ドニー・イェンがメインですね。(ちょっとアンガールズの山根君に見えるけど)^_^;
ただ、壮大なドラマを2時間半に凝縮したので、7人それぞれの人物像が十分に描かれておらず、結局誰がどういう人なのだかわからないままに終了してしまいました。
魅力的な役者ばかりだったので、ちょっとそこが残念。
これは、テレビドラマで仮面ライダーみたいな感じで放送したらすごく楽しめると思います。
それにしても、キム・ソヨンの美しさといったら・・・彼女目当てにもう1度見てみたいほど。

about love  アバウト・ラブ
「アバウト・ラブ/関於愛」

日本、台湾、上海を舞台にした、それぞれ、日本人と台湾・中国人の男女がおりなす3本の短編映画です。
うーん、うーん、うーん。
伊東美咲とチェン・ボーリンの東京編はすごく初々しくて、ほほえましい話でした。チェン・ボーリンのあの笑顔!やられちゃいましたね。
台北編。加瀬亮が良い人すぎます・・こんな人がいたらくらっと来るかも。
そして、メイビス・ファンの洋服がかわいいです。
上海編は塚本高史はいいんですけど、リー・シャオルー演じる女の子は・・
苦手なんです、こういう子。誰かが好きになると、わけわからない行動をとるみたいな。
急に怒ったり、泣いたり、八つ当たりじみたことしたり。ああー駄目駄目。(>_<)
ああ・・恋愛映画って疲れます。でも、会話の勉強になりました。

ショーン・オブ・ザ・デッド
「ショーン・オブ・ザ・デッド」

これは、面白い!(気持ち悪くて面白い、じゃなくちゃんと一般的に言って面白いのですよ)
B級ゾンビ物なのに、ストーリーもしっかりしていて、ほろりとくる場面もちゃんとあります。ゾンビマニアの間でもかなり評判が高い作品です。
ゾンビ君たちも完全な悪者ではなく、最後はみんな人間とうまく共存していきます。
歴代のゾンビ物のパロディもあったりして、マニア的な楽しみもできますよ〜。
買ってしまおう。(^_^)

ビヨンド.bmp
「ビヨンド」

これは何とも・・・
レトロなホラーです。特殊メイクもストーリーも古臭くて、そこが逆にいい味わいを出してます。顔がどろどろ溶けちゃったり、蜘蛛が人間食べたり、目玉がポロンすぐとれたり。
今みたいにリアルな作りじゃないので、ミートソースを食べつつ見ても大丈夫でした。(はっ、これじゃあ変人・・・)
おすすめはしませんが。
音楽がファンキーで良かったです。

ホラーも堪能した事だし、そろそろ邦画でも、と思っています。
次は「逆境ナイン」かな?

★本日の学習★  kaichu.gif

「中国語実習コース18課」
・成語。例文を覚える予定。
→成語と文法事項の例文の単語調べをしました。

「Chinesepod(英語版)中級21課」
・聴き取り、書き取り予定。
→書き取り終了しました。「西方」をすっかり「喜歓」と思い込んでいた。
 「韓国」の「韓」を間違える。

*白状すると、昨日は全く勉強しませんでした。おとといは少しだけ。
 書き取りしようしようと思いつつも、聴き始めるとあっという間に睡魔が!
 昨日など、ノートを開いた姿勢で寝てしまい、はっと気がついたら朝の5時。
 全身痛い・・
 根性が足りないぞ〜!!

 Chinesepodに中高級というレベルのコーナーができました。
 中級よりも少し文が長めで、単語も多いような・・
 説明部分が英語より中国語の方が多いので、聴きやすいです。
 これから、こちらも並行してやっていこうと思います。
posted by ぺりお at 13:26| 千葉 ☀| Comment(6) | TrackBack(2) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

台湾ドラマの1日

夕方の中華街入口.JPG
←そろそろ夕方になる中華街の大通り。ちょっと暗いけど。

連休もあと1日。
結局、初日に横浜へ行ったきり、後は家にひきこもっていました。(^^ゞ


おととい、昨日と部屋を片付けたり、たまった家事をやったり、食材買出しなどをしたので、今日は特に予定なし。
夫はずっと仕事だし、“丸々1日フリーだ〜!”という事で、前からやってみたかった「台湾ドラマ三昧」を実行しました。

見たのは、友人が貸してくれた「貧窮貴公子(山田太郎物語)」
山田太郎ものがたり〜貧窮貴公子〜DVD-BOX ◆20%OFF!
F4のヴィック・チョウ主演のコメディです。(詳しい内容は↑をクリックしてみて下さい♪)

何しろ、DVD10枚、全40話、と非常に長いんですよ。
途中まで見ていたので、今日は後半を全部見ようかなあと。

午前中、ラジオ講座を聞いた後、お昼ごはん用ホットケーキを焼き、コーヒーをポットにいれ、ちょこちょこお菓子なんかも並べて準備万端にしてスタート!

途中で会話を書き取りしたり、単語を調べたり、ラジオ講座聞いたり、なんて勉強ちっくな事もしつつ、夕方までに全部見てしまいました。
もう、すっごい笑いましたよ。日本のマンガが原作なのですが、そのままマンガみたいな演出だし。(ハート揺れるハートが飛んだり、キラキラぴかぴか(新しい)が出たり)
ただもうひたすら楽しめました。面白かった〜。

今でも、頭の中に台湾の中国語がたっぷりつまっている感じ。(しかもヴィックの)
こんな風に丸1日中国語漬になるのってかなりいいような気がします。
めったにできないけど。^_^;

よし、明日は「ラベンダー」だ。
(でもこれ、韓国ドラマみたいに暗いんだなあ・・・)

★本日の学習★hiyoko03.gif

「ラジオ講座応用編」
・ボーッと聞いていたら、内容が全然つかめませんでした。
 再放送の午後は、単語調べをしてから聞いたので何とか内容把握。
 知らない単語が多くて勉強になります。
 ピンインを中国語に訳し戻す。(2回)

かわいい「ChinesePod(日本語版)中級8課」かわいい

・以前英語版でやっていましたが、「選秀」が浮かばなかった。
・「就像日本偶像」の説明で「あさやん」って言ってましたが、何でしょう?

「ChinesePod(英語版)中級17課」

・ビジネス用語がたくさん。部署名は覚えておきたい。
 最初の単語説明が非常にわかりやすかった。
 復習問題の中で、晩上好→goodnightの意味と同じ、というのが、ちょっとニュアンス
 が違うような気がした。
posted by ぺりお at 22:10| 千葉 ☁| Comment(27) | TrackBack(1) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

今更ながら流星花園♪

はちアップ!.jpg
←「阿寺,我永遠等イ尓。這好像是我的希望・・・」
あーあ、僕のほうが先に中国語覚えちゃうよ。(byはち)


友達にずっと借りっぱなしの「流星花園U」をようやく見終わりました。いやー、長かった。^_^;

今朝、洗濯機を回している間見始めたら、そのまま残り9話、一気に見てしまいました。
頭の中はすっかり中国語モードです。
会話なんかは随分聞き取れるようになったような気がするのですが、それは落とし穴ですね。
ためしに字幕を消してみたらやっぱりよくわからない部分だらけ。
特に花沢類の声はわかりづらい〜!

内容は、Tに比べると重くて、見ていてつらかったりもしましたが、最終的にはハッピーエンドで安心しました。これが台湾ドラマのいいところですね。
韓国ドラマみたいに、どうしようもない悲惨な結末にはならないので。
あの4人のうち、誰がいいだろうとしばし悩みましたが、美作かなあ・・・(妄想、妄想)

前に雑誌で、「トップガン」を毎日毎日見続けて、セリフを全部覚えてしまった人の話を読みました。1年くらいかかったそうですが、それをきっかけに英語の力が飛・的に伸びたそうです。

私も、台湾ドラマを見続けてみたら、会話力が伸びるでしょうか?
あ、でも「流星花園」だと悪口をいっぱい覚えてしまうかも。(^^ゞ

この後、「ラベンダー」と「貧窮貴公子(山田太郎物語)」も控えているので楽しみです。
ゴールデンウィークは台湾ドラマ三昧か!

★本日の学習★hiyoko04.gif

「中国語実習コース」「新中国語3」
明日の教室の予習。音読を中心に。

「NHKラジオ講座応用編」
ここ2週間、金曜日に予定が入って聞けてません。
土曜日分のみになってます。
復習として、ピンイン→日本文に戻し。
知らない単語がたくさん出てきています。どんどんインプットしなくては!

かわいい「ChinesePod(日本語版)中級1課」かわいい

モニターになったので、定期的にブログにて報告していきます。
特にカテゴリーを設けず、本日の学習記録内にて、という形にしたいと思います。
中級のはじめのうちは、かなり簡単です。
でも、6課くらいからは知らない単語もたくさん出てくるようになるので、1課から順を追ってやる事にしました。

(第1課)
・本文聴き取りに問題なし。
・書き取りも問題なし。説明の中の、討厭の漢字が書けなかった。
・ラーニングセンターで復習課題をやる。
これは、ピンイン表示と中国語漢字の切り替えがきく点がすごくいいと思う。
単語の意味、穴埋め、問題内容理解等。難易度が増すにつれて、すごく身につきそう。

*今までは英語版を聞いていたので、引き続き外で聞く分は英語版、家で聞く分は復習をかねて(英語版と日本語版の内容は一緒なので)日本語版でやってみようと思います。英語版は只今15課です。
posted by ぺりお at 21:37| 千葉 ☔| Comment(17) | TrackBack(2) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

こんな映画を見た・・

あと3日でお正月。

本来なら、今年の反省でもするところですが、それではあまりに面白くないので、ここ最近見た映画の事でも書きましょう。

【DVD】美しい夜、残酷な朝 オリジナル完全版「美しい夜、残酷な朝」

韓国、香港、日本の短編カルトホラー?3本立て。
幻想的で美しい映像、おぞましくも心惹かれる物語、正視に堪えがたいシーンの数々。
こういうのは、トウの立った今よりも、10代のうちに見ておきたかった・・・
それにしても、美人ばっかりでてきて、うっとり。
そして、餃子はしばらく食べません!“コリ、コリ、コリ、コリコリコリコリ・・・”

ザ・リング2 完全版 DTSスペシャル・エディション(初回限定生産2枚組) ◆20%OFF!「ザ・リング2」

ハリウッド版「リング2」です。
これは、日本版とは話の内容が全く違うものでした。
私は、こちらの方が好み。ナオミ・ワッツの天晴れな母親ぶりと、その息子の老成した顔立ちと行動が印象に残りました。
さすがに、じめじめを嫌うハリウッド。貞子ならぬ「サマラ」ちゃんとナオミ・ワッツの井戸壁よじ登りバトルが楽しかったです。見終わって、久しぶりに「あー面白かった。」と思いました。気分すっきりです!

ランド・オブ・ザ・デッド「ランド・オブ・ザ・デッド」

これはもう、何も言う事はありません。
間違いなく2005年の最高傑作映画です!
ジョージ・A・ロメロ監督の、「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」「ゾンビ」「死霊のえじき」に続く4作目のゾンビ映画。
初期に比べると、ゾンビのメイクが格段に素晴らしく、まるっきり本物のよう。(本物知らないけど)内蔵のひとつひとつ、筋肉、骨等々、細部まできっちりと作ったそうです。
今回のゾンビは、ゾンビ同士意思の疎通ができるのが新鮮でした。以前、「死霊のえじき」でバブというゾンビが多少感情をもっていたけれど、一人だけだったし。
昨年の、「ゾンビ」のリメイク版「ドーン・オブ・ザ・デッド」は猛スピードで走るゾンビ、「ハウス・オブ・ザ・デッド」は泳ぐゾンビ、そして今回は命令者の意思に従うゾンビ軍団。なんと武器も使います。これは面白かった。
ゾンビもどんどん進化していくのですね。ロメロ監督の、第5作目も期待します♪

何だか、ホラーばっかり・・・
でも、昨日「戦国自衛隊1549」と「Shall We Dance?」(リチャードギアの)と「新少林寺」を借りてきました。そして、お正月は「トレマーズ1〜4」「流星花園」。
普通の映画だって見てますよ〜^_^;

blogランキング参加中です!ポンっとね!pandaani60[1].gif

*本日の学習は、特に書くようなことがないのです。映画とフリーペーパー「カクカク」を読むくらい。これから少しだけ音読します。
posted by ぺりお at 21:31| 千葉 | Comment(7) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

コックリさん

痕誇.jpg
コックリさん スペシャル・エディション

←私が学生の頃は、「キューピッドさん」という、「コックリさん」とほぼ同じような物がはやっていました。やった事はありませんが・・・

見たい見たいと思っていた「コックリさん」をレンタルしてきました。
以前、「ヴォイス」と「箪笥」を見て以来、韓国ホラーが結構気に入ってしまったのです。


これは、ストーリーは面白かったのですが、霊の演出が過剰すぎて思わず吹き出した場面もちらほら。

いい加減、長い髪の女性が前かがみになって、前髪の間から目を出す、とか指を捻じ曲げながら這って来る、とか貞子ちっくな物はやめればいいのになあ。
メイクは水10の落ち武者みたいだし。(~_~;)

まだ、弾丸のようにビューン、ビューンと飛んでくる方が怖いと思うのだけれど。
ただ、先生の後ろにちらっと灰色の顔が見えたのは良かったです。おっ!と思いました。

全体的には、キャリー&呪怨&白い影法師(漫画)を混ぜたような雰囲気。
いじめと魔女狩りと呪い。実に暗く、じめじめと陰湿な空気が漂っています。

でも、韓国ホラーは日本ホラーのような暗闇のねばねばした恐ろしさ、っていうのがないような気がします。
霊の出場回数が多いからか、絶叫シーンが多すぎるのか、あるいは、恨みの対象がはっきりしているから、という事もあるのかもしれません。(リングや呪怨は無差別でしたから)

次回は「狐怪談」「霊-リョン」「人形霊」「友引忌」を見てみようと思います。(^o^)丿
(あの、普通の映画も見てますよ。もちろん)


るんるん☆blogランキング参加中です。応援クリックお願いいたします♪pandaani229.gif


★本日の学習★

・「新中国語3」「中国語実習コース」 ・・・ ますますパワーアップしたスパルタ授業のため・・

*この前の授業では、中国語検定3級の問題を使ってヒアリングをしました。
 最初に文を聴いて、答えを選ぶ場面で、私は「2番です!」とちょっと得意げに答えた
 ら、なんと、答えを選ぶのではなく、問題の文をそのままそっくり暗唱しろと・・
 ひぃ〜、そっちだったか!一瞬の気も抜けない2時間だったのでした。
posted by ぺりお at 13:57| 千葉 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

ホラー映画で中国語?

B0009G3ESA.09._PE_SCMZZZZZZZ_

「THE JUON -呪怨- 」を見てしまいました。

日本版「呪怨」をハリウッドでリメイクしたものです。
多少、ハリウッドっぽさはありますが、やはり日本版と同じ監督なだけあって、独特のじめじめ感がありました。
日本版と比べると、ストーリーがわかりやすくなっていて、陰惨で不条理な死はかなり減っています。DVDはノーカットでしたが、実際上映した映像はほとんどクリーンな状態だったようです。(アメリカ人はそういうのを好まないし、理解できないとの事)
主人公?のはいずり女「かやこ」や、他の死体はかなりきれい目で、日本版みたいに、「うわああ〜きったない!」という事はありませんでした。
これなら食事中に見てもOK!(かな?)まあまあ満足のいく作品でした。

何年か前、何かの雑誌で"ホラー映画で英会話を勉強しよう"という記事を読んだ事があります。
「ホラー映画はセリフが少なく、簡潔で、またいろいろななまりのある英語を聞く事ができる」というような内容でした。おすすめとして、「ゾンビ」と「悪魔のいけにえ」(最近、テキサスチェーンソーとしてリメイク)があげられていました。まあ、「ゾンビ」はいいとして、「悪魔のいけにえ」はいかがなものか、と思いましたが。(~_~;)
その頃、プレステのソフトで「ゾンビ」で英会話、みたいなものも売っていたりして、もしかして、はやっているのか?と思ったりも。

ああ、これを中国語でやったら勉強としてはともかく、すごく楽しそうだなあ〜。
でも中国でホラー映画って上映したり、DVDが販売されていたりするのでしょうか?
よくわかりませんが、いっその事、自力で訳してみようか、とも思います。


☆blogランキング参加中です。押してくださると嬉しいです。  pandaani230.gif


★本日の学習★(予定)

・初級中国語のCDを聴く 
・・・ ひととおり聴いてみて、だいたい思い出しました。全部書けるようなら、1ランク
    あげようと思います。CD探さなくては。
・中文日記 ・・・ どうも、書くことが浮かばなくて。
・いろいろな中国語の文章を読み散らす。
・「中国語練習帳」 ・・・ 文法の基礎かため。7月中にやりたかったのに、もう8月だ!!

*暑い日が続いてます。激辛料理で暑さを乗り切ろうと思います!
 (今日はダールカレー♪)


posted by ぺりお at 13:31| 千葉 | Comment(16) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

ジョイ・ラック・クラブ(映画版)

joyluck.jpg
ジョイ・ラック・クラブ

以前紹介した、「ジョイ・ラック・クラブ」の映画版を見ました。

内容は、こちらにあります。

見終わって、しばらく膝をかかえて、現実の世界に戻れませんでした。
考えさせられてしまって・・・

昔の因習が色濃く残る中国。戦争もあり、そこからアメリカへと希望をもって渡ってきた4人の女性。娘達には、自分と同じ苦労をさせたくない、完全なアメリカ語を身につけさせ、いつでも幸福におなかいっっぱいに暮らさせたい、と。
娘達は、そんな母親の過度の期待に反発したり、とまどったり。結局、親と同じ苦労を背負いこみそうになってしまう・・
でも、ぎりぎりの場面で、母親と娘が正面きって本音で話し合い、お互いを理解していきます。
祖母、母親、娘、と確かに同じ血が流れている。同じ民族の誇りや、美しさ、つらさが。
それが、しっかりと受け継がれていく過程には心うたれるものがありました。

私にも、母親の、祖母のそのずーっと昔の女性たちの血が流れています。普段は全然意識していないけれど。いろいろな思いや、希望が託されているに違いありません。
でも、私には子供がいないので、この受け継がれてきた思いはどうなってしまうのでしょう。
私自身、のちの人達に伝えたいと思うたくさんの気持ちは。

あ〜、何だか柄にもなく、少々気が滅入ってしまったのでした。(>_<)

*映画の中の女性は、みんな非常に美しくてうっとりしました。そして、翡翠!なぜかみんな翡翠を身につけていました!やっぱり欲しい〜。


blogランキングです。押してくださると嬉しいです!pandaani182b[1].gif


★本日の学習★

・「朗読中国語」第2課の4 ・・・ 仕上げ。練習問題、シャドーイング。
・教室のテキストの復習と予習
・新聞、雑誌、小説読み

*近頃、勉強方法が闇の中です。何をどうしていいのか混乱してる最中〜。6月中には方向を見定めたいのですが・・まいった、まいった。(ーー;)
posted by ぺりお at 17:56| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

黄金周に見た映画2本

jazz.jpg
JazzSeen―カメラが聴いたジャズ(これは本のリンク)


Jazzを愛する写真家、ウィリアム・クラクストンの半生を綴る自伝的ドキュメンタリーです。彼は、Jazzを愛し、何枚ものJazzアルバムのジャケットを手がけています。特に西海岸のウエストコーストジャズのイメージを作ったのは彼だと言われています。

私も今まで何度も見かけたり、また実際持っていますが、かっこいいんですよー全部。(^^)

彼の写真は、一瞬、一瞬を音楽もろとも凍結したかのようなのです。ずーっと見ていると解凍されて、音楽が、人の声が、香りが、どんどん溢れてきます。もうそれは、至福といっても大げさではないくらい。

多分このDVDは買っちゃうと思います。


愛にかける橋

ウィーンの警察学校に留学した中国人男性と、その教官の娘との愛の軌跡。(うわ)(^^ゞ
主人公ファニーは、中国に帰国した馬のところへ父親の反対を押し切ってやってきます。
時は、第二次世界大戦〜文革の時代。中国の厳しい封建制度や、社会の嵐をくぐりぬけ、最後まで中国を離れることなく、夫のそばを離れず生きた女性の話です。

強いです。怖そうな姑にも、習慣の違いにも、文革で労働思想改造に何度も夫が連行された時も、厳しい農家の仕事にも、文句も言わずひたすら耐えています。耐える、というよりあるがままに受け止めて一生懸命に生きているっていうかな。
動乱の時期をサラッと描いているのがまた、つらさを倍増しているように思えました。

ロケ地が、以前に見た「暖」と同じ村でした。どちらの映画でも使われた、象徴的な役割を果たしている橋が出てきています。両方が重なって、ますます女性の強さを感じてしまいました。

食い意地のはっている私は、留置場に差し入れしたクリスマスのお料理を(といっても中国料理)チェックしてしまいました。でも、留置されているのにその部屋に忍び込んで一緒にクリスマスを祝おうなんて、ばれて当たり前かと・・(^_^;) そういう点でも強いわ。

★本日の学習★

・「朗読中国語」第2課の1・・・音読
・教室の予習・・明日なのでした。忘れそう・・
・短文書き出し、暗記
*今日でGWも終わるのでペースを戻さなくちゃ。十分遊びました。(^^)
posted by ぺりお at 00:01| ☔| Comment(9) | TrackBack(1) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

異形戦場〜エイリアンVSプレデター

200412%2F04%2F61%2Fb0020861%5F16231378%2Ejpg.jpg
こんな映画を見てしまいました。
いやもう、馬鹿馬鹿しく、ねばねばぐっちゃぐっちゃで想像以上におもしろかったです。
内容は、まだ見てない方がいらっしゃるかもしれないので(見たい方がいるかどうかは謎)秘密にしておきますが、とにかく笑えました。

ホラー映画とか、こういうSF?映画はセリフが少ないので、英語が苦手でもなんとか聴き取れます。(とんでもなく汚い言葉ですが・・son of a bitch!とか。)^_^;

これが中国語だったらどうなるのか知りたいものです。あいやっ!連発かな?pandaani60[1].gif

★本日の学習★

・文法書から文書き取り、暗記(1日10文目標)←少ないかなあ・・
・「朗読中国語」第1課の2、仕上げ・・CDと一緒に音読!早い〜
・「聴き取りトレーニング」第3課残り
・授業の復習(単語調べ)
posted by ぺりお at 18:34| ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

食い意地がはってるのかも

映画を見ると、いつも食べ物のシーンが気になります。

例えば、中国映画では、

・故郷の香り    ・・・・とれたての野菜を炒めた物、卵と野菜(トマト?)が入ったおなべいっぱ
              いのスープ

・初恋の来た道・・・    きのこ餃子(見た後、すぐさま作ってしまった)

・最後の愛、初めての恋・・・大きな魚を蒸してねぎとか香草がかかっているもの。他いっぱい。

・ションヤンの酒家 ・・・・あひる?の首の料理。醤油のてりがおいしそう。

・藍色夏恋     ・・・・屋台で食べてた水餃子

・北京バイオリン   ・・・ホテルで飲んでたお茶。何だかとても優雅。

思い出せないけど、他にもたくさんあります。
どうかすると、映画の内容を忘れても、食べ物だけ覚えていたりもして。
だいたい、"八仙飯店之人肉饅頭”見て、おいしそう〜って思ってしまったし・・aicon_bbs13[1].gif

ちょっとまずいですね・・・(~_~;)

★本日の学習★

・今日から文法の問題集を2ページずつやる事にしました。(『完全マスター 中国語の文法』 
 瀬戸口律子著)
・中国語ジャーナルのCD聴き
・音読!




posted by ぺりお at 18:12| ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

木人拳

木人.bmp

(↑これは鉄拳5に登場する木人)この間、会社の同僚が絶賛していたジャッキーチェンの「少林寺木人拳」という映画を見ました。

「木人」って何なのよ・・と思いつつ、見てたのですが本当に木人が出てきた時はびっくり。
映画は、口の聞けないジャッキーが、父親の敵を討つために少林寺で修行をつみ、最後にたくさんの木人と戦って卒業し、みごと仇を討つことができてめでたし、という内容です。(すごくはしょってます)
意外にも面白くて、2度も見てしまいました。木人がすごくかわいいです。

それから、その映画の中のセリフが非常に聴き取り易い。アフレコなのかどうかわかりませんが、ゆっくり正確に話してくれるので、結構聴き取れて嬉しかったです。ヒアリング教材としておすすめです!

★本日の学習★

・学校で習った文法「非〜不可」を使っての作文。
・辞書サーフィンして、いくつか単語と文を書き出し&暗記。
・テキストの課文写し、音読5回。

posted by ぺりお at 19:37| ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。