2009年05月08日

歩きながら音読を!

e0072264_1834925.jpg
立ち上がって音読?

語学は音読が一番効果的、という話を良く耳にします。
私のバイブル『台所から北京が見える』にも、著者が先生に中国語の上達方法を尋ねたとき、「只管朗読」という答えが返ってきたシーンがありました。

私も音読が好きで、以前は100本ノックなどもしていましたが、ここのところはさっぱり。
すっかり口まわりの中国語筋肉が衰えてしまい、発音があやふやになってしまいました。

中国語の勉強を再開するにあたり、また音読を始めてみたのですが、これがなかなか続きません。
普段は、家で誰もいない時をみはからい(笑)、椅子に座って音読をします。
テキスト1課分で、たった5分やそこらしかかからないのに集中力の持続が難しいことったら!
途中キョロキョロしたり、猫が膝に乗ってきたら構ってみたり、次のページめくってみたり・・。
せっかくキッチンタイマーをセットしても、止める有様。
どうもいけません。語学力もさることながら、学習持続力も衰えているようです。
2年間のブランクは大きい!

そこで、ふと思い立って立ち上がって音読してみました。
立つだけでなく、うろうろと部屋を歩きながら読んでいると、あら不思議。
かなり集中できるのです。
「歩いている」と「読んでいる」と同時に2つの事をやっていると、自然にそれ以上の行動ができなくなるのかもしれません。
しばらくすると、だんだん気分は「学校の先生」になり、ゼスチャーまで入れてみたりして。

まあ私の場合、雰囲気にすぐ乗せられるという、うっかり八兵衛みたいなとこがあるので、万人にいいかどうかはわかりませんが・・。(゜_゜)
でも、なかなか良い気分になれるので、しばらくはこのうろうろ音読を続けてみようと思います。


【ただ今使用しているテキスト】



中国語教室で使用しているテキストです。
NHKのTV中国語講座の講師をされていた陳淑梅先生の著書。
中国と日本の習慣の違いがエッセイにされていて、大変興味深い内容です。
一番「おおお!」と思ったのは、中国人の布団の使い方。
掛け布団を封筒みたいに折って、その中にもぐりこむらしいですー!
だから掛け布団のサイズが長いって・・・。びっくり。
普通に使う慣用句や成語が自然に散りばめられているので、知らず知らずのうちに覚えられるかも。
(かも!)(^◇^)
posted by ぺりお at 10:06| 千葉 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

我是一个可怜虫。

むううううううう.JPG
←なぜ、ぺりおは最近ずっと家にいるのだ?って顔の2人

昨日は2週間ぶりに中国語教室へ行ってきました。
なんせ2週間ぶり。しかもその間、テキストも開かず・・・っていう恐ろしい状態で参加です。^^;

今回は見学の男性が1名。
中国語の勉強をはじめて2年。仕事で北京に1年滞在して最近帰ってきたそうです。(と、流暢な中国語で自己紹介された)
すごいなあー、まるで中国人みたい。
やっぱり、現地で中国語を使わざるを得ない状態、毎日中国語での生活っていう経験をした人って反応が違います。
なんだかんだ「日本でも話せるようになるよ」と強がりを言っても、この中国語に対する反応の速さはなかなか身につけるのは難しいなあと思いました。

老師に「ぺりお。彼に自己紹介しなさい。」と言われ、あたふたと「不好意思・・・」と言葉のたどたどしさを謝っていたら、すかさず老師に「何を言うぺりお。まちがいを恥ずかしがっていたらちっとも上達しませんよ。まちがえたら私がその場で直します。どんどん中国語で話しなさい。」と言われてしまいました。もっともです・・
その後も、「さあ、ぺりお。2週間何してたの?黄金周の予定は何?」と矢つぎばやに質問され、「ううう・・・先々週から猫の具合が悪くて、家でも酸素吸入を・・・。ええと、黄金周はそんなわけでずっと家で看病しつつ本を読んだり音楽を聴いたりご飯を作ったりします。」と、これまたしどろもどろ説明しました。
その後は、同学達にも同じ質問を。
なぜか生徒3人とも、予定なし、ひとりは風邪、ひとりは仕事、などで楽しい計画は全くなし。
すると老師が一言。
「イ尓們都是一个可怜虫・・・。我也是。」
(あなたたちみんなかわいそうなヤツね・・・。私も。)
寂しい〜〜〜〜〜!(T_T)

それにしても可怜虫とは。
字からしてかわいそう感がただよってますね。

久しぶりの教室は、やっぱりハードでした。
時間がなくても、ちょっとは勉強しないと駄目ですね〜。^^;

★本日の学習★pandaani271.gif

「走進中国」
・第8課の閲読課文(最難関だ)の復習をする。
・宿題(HSKの問題集から)をやる。

「ラジオ講座&TV講座」
・ラジオは応用編のスキットを音読する。
・TVは眺める。

*ああっ!ハングルピーンチ!録音ためちゃったー!
posted by ぺりお at 12:43| 千葉 🌁| Comment(18) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

NHK新講座が始まりました!

もももも.JPG
←会社の近所で桃を配っていました。殺風景な事務所もちょっと春らしくなったかも。隣の緑のは加湿器。

いよいよNHKの新講座が始まりましたね!
昨日は、ちょっとどきどきしながらラジオを聴いたり、TVを見たりしました。
まだ1回目ですが、ちょこっと感想を書いてみます。

まず、ハングルのラジオ講座。
これは、もう私にとって生まれてはじめての言語なので、何もかも新鮮でした。
4月は文字の成り立ちと発音ですが、ハングルの○や□の意味をわかりやすく教えてくれたので、興味しんしん。ひとつひとつのパーツはみんな口の形になってたんですねー。
先生の、「さあ、これからみなさんは“人”の記号をみるたびに舌先が歯にあたるところが浮かびますよ〜」というように、それぞれの記号について「言葉の魔法」をかけてくれたので、何だか早く覚えられそうです。
全体的に、地道に丁寧に教えてくれる印象で、じっくり取り組めそうです。
果たして何月までついていかれるでしょう・・・・

ラジオ中国語講座入門編。
これは、去年までTV講座で講師をされていた陳淑梅先生の新講座です。
テキストを見た印象では、ちょっとゴチャゴチャしていてどうかな?と思いましたが、講座は思っていたより面白かったです。
「耳たこ中国語」と言うことで、きっと発音を徹底的にやるんだろうなあ、と思っていたらそのとおり。初日から、声調の特訓でした。
1声→1声,1声→2声・・・・・と全種類読ませてましたもん。びっくりしましたよ。
中国語を初めて勉強される人は目を白黒させていたかもしれません。
これは、5月からのスキットを使った講座に注目ですね。

そしてTV中国語講座。
うう〜ん、これはね〜、どうでしょう??
まだ1回目ですけど、私はあまり相性が合わなかったです。
何しろ盛り込みすぎて、すべてのコーナーが駆け足気味だし、重要な発音コーナーもさらららっと流してしまって・・・
ちょっと期待していた、高原さんのビジネス会話も、1度スキットを流して終了。
ドラマ紹介も、ほんのワンシーンを1度流して終了。
あれ?あれ?と思っているうちにすべて終わってしまいました。
もうこれは、ラジオと同じように入門編の日と応用編の日をわけて放送するか、思い切って入門編のみにするかにしないと中途半端になってしまうのではないでしょうか。
でも、1回目だし半年の間にどんどん改正されていくことを期待しましょう。
でも、西遊記の師匠の声はすごくよかったなあー。じじい声っていうんでしょうか。(^^♪

〔追記〕
そうそう、すっかり忘れてた。
今年度から、TV講座はインターネットと連動して進行するんでした。
早速NHKの『ゴガクル』ページでチェックしてみましたよ。
うーん、これは面白い!ぴかぴか(新しい)
TV講座の予習・復習をゲームみたいにすることができるし、登録すれば、先生に質問したり、プレゼント応募したり、いろいろ楽しめそう。
と言うことで、早速登録してみました。
この予習・復習システムがあるので、TVの応用編サラサラーッも許せるかな・・・^_^;


とっさのひとこと中国語。
愛ちゃんがかわいいなあーと思っているうちにうとうとしてしまいました。
音楽や、背景の中国っぽいお花の絵など、気楽に楽しく見られそうでした。
まあ、これは何でもいいんです。谷原さんが見られれば。ふふ♪

今日は、ハングルのTV講座です。どんななのかなー、楽しみ。

★本日の学習★かわいい

「起きてから寝るまでの中国語表現」
12日目。時々「これは!」という表現が出てきます。
11日目の「都快〜了」で〜の部分を強調するだなんて、はじめて知りました。

「ラジオ中国語講座入門編」
初心にもどって「あーあー」言う。

「走進中国」
第8課の閲読文の予習。
先週さぼっちゃったんです・・・・・・・^_^;
posted by ぺりお at 10:19| 千葉 ☔| Comment(20) | TrackBack(1) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

出しゃばりになる!

端正.JPG
←在課本上端端正正地坐着。

出しゃばり・・・中国語では多嘴(duo1zui3)的人。
この春から、出しゃばりになる事に決めました。
あ、これは中国語教室においてですよ。

今月で、中国語の勉強をはじめて丸4年になります。
当初想像していたよりも、中国語が身についていない事にがっかりしたり、頭悪い〜って思ったり・・・(ーー;)

2年前のブログをこっそり読み返してみたら「中国語教室では別人になる。演技でもいいから積極的に口を開く。」みたいな事を書いていました。(昔の自分の記事って読むの恥ずかしい〜)

あーあ、前からちゃんとわかってたのに実行してなかったなんて。
前よりましになったとはいえ、自ら口を開く事にまだまだためらいがあるのです。

今まで通っていた中国語教室での経験でいうと、やはり飛躍的に伸びる人はたくさん話す人でした。
簡単な言葉でもすぐに使ってみたり、老師が質問した時に真っ先に答えたり。
そういう人を見て「あの人話したくてしょうがないって感じだね。やな感じ。」といつも悪口を言っていた同学は、あっという間に脱落してやめてしまいました。
どうも、その同学の影響でしょうか、やたらずうずうしく口を開くと「他の人に嫌がられないだろうか?自慢たらしく思われないだろうか?」と心の底で思ってしまい、セーブしていたような気がします。

でも、これじゃいけません。
はじめに決めた「4年で優雅に中国語を話す」って目標を達成するためにどんどん積極的にならなくては。

そんなわけで、今日の授業ではいつもよりたくさん話をしてきました。
でも、内容が・・・
「中国にチリチリ(←ここのとこはゼスチャー)天然パーマの人っているの?」とか、
「昨日の東京タワーは緑色になっていて超気持ち悪かった。」とかだったけど。

来週はもっとましな話をしようっと。^^;
★本日の学習★subiki.gif

「中国語教室」
「走進中国」の第8課本文。音読、訳、文法説明。
このテキスト急に難しくなってきた・・
復習必須!!
授業中、隣のペルシャ語クラスが気になって集中力がそちらへ向かってしまったー!初めて聞く発音で津津有味でしたよ。

「起きてから寝るまでの中国語表現」
4日目から7日目までをざざっと目を通す。
7日目のところをつぶやく。

*NHKの新講座テキストが出ましたね!
ぱっと見た印象ですが、TVとラジオ応用編の会話がリンクしているのはいいなあ、と。
映像で見て、耳で聞いたらかなり頭に入りそうです。
ラジオの入門編は、内容はともかくテキストがごちゃごちゃしていて見るのが面倒くさい・・・(人によりけりですけど)
TVは内容が盛りだくさんで、これを短い時間にどう編成するのか見てのお楽しみです。
早く4月にならないかなー。
posted by ぺりお at 21:59| 千葉 ☀| Comment(12) | TrackBack(1) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

雛祭りの作文

紀州雛.JPG
←紀州のお雛様。つるつる肌。

今日の中国語教室は、日本の行事についての作文発表でした。
練習問題の中に、さりげなく「写作練習−我最喜歓的節日,400字左右。」なんてとんでもないのがあったのです。
全くあなどれません。このテキスト。
3月って事で、雛祭りにしてみました。

以下が私の小学生的作文です。

我最喜歓的節日是“女儿節”。
本来女儿節是從中国伝到日本来的。
在中国被称為“上巳節”。但是現在没有。
它是三月三号。為祈求女孩子健康地成長的節日。
三月三号前,家家都要陳列特別的偶人。
那些偶人是模倣過去的宮廷様式。
対偶人供酒,点心(桜葉餅)和菱形的餅等等。
還有装飾一束桃花。
以前,一般家庭搭設七段架上陳列十五人的偶人。
但是因為日本的房間很小,所以現在不能搭設架的家比較多。
那様家只装飾男女一対的偶人。
当天,人們都要做寿司(散寿司)和蛤蜊的清湯等等。
家人一辺吃一辺談非常愉快。

全くもって簡単な文章ですね〜^^;
最後の方で力尽きてぐだぐだになっているのがばればれです。

これをみんなの前で読み上げて、相手が聞き取れているかどうか、また変なところはないか、老師がチェックしてくれます。

読み上げたところ、老師は「発音で聞き取れなかった箇所はありません。」と言ってくださったので、ひとまず安心。
実は「設」の発音が苦手なので、聴き取ってもらえるかどうか心配だったのです。

文章の内容はともかく、そのまま雛祭りの話になりました。
中国にはない習慣なので、いろいろお雛様の衣装や道具、食べる物なんかを説明して、老師はすごく面白がっていました。

それにしても、習慣でいつも菱餅を飾ったり、人形を並べたりしていましたが、なぜ菱餅?とか、右大臣はなぜ顔が赤い?左大臣はお酒を飲まないの?とかあらためて説明しようとすると難しいですね〜。わからない事が多くて。
機会があったら、日本の伝統行事を中国語できちんと説明できるようにしたいなあ、と思いました。

*ところで、全然関係ないのですが、私が小学生の頃(かれこれ30年くらい前だ)、『3月3日の夜中の12時までに「足きりばばあ」という言葉を忘れないと、足を怪我する』という都市伝説が爆発的に広まっていたのですが・・・
その頃もうひとつはやっていた『口さけ女』と同じくらい怖くて、かなりびくびくしていました。
今は『口さけ〜』しか話題にならないけど、あれは何だったんだろう・・・(ーー;)

★本日の学習★pandaani222.gif

「走進中国」(教室にて)
・第7課終了。閲読文を音読、訳、練習問題。
練習問題は、本文の内容についての質問が8項目あり、本文を見ずに答えなくてはいけないのですごくハードでした。
予習必修です!!

*授業で力を使い果たし、今日はこれしか・・
posted by ぺりお at 22:52| 千葉 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

新年快楽〜♪(春節)

エスニックビーフン.JPG
←湯島天神近くにある『一片雲』のエスニックビーフン。
真好吃!でした。


今日の中国語教室は、いつもの老師が春節で帰国中のため、代行の老師でした。
北京出身の女性の方で、早口&テキパキで、非常にハード。
でも、たまに別の方の中国語を聴くといい刺激になりますね。

今日はお正月、という事でいろいろ暦に関するお話をしてくださったのですが、その中で面白かったのが干支の話。

今年は、中国では『金猪年』といって、60年に1度の大幸運の年なんだそうです。
今年生まれる子供は、頭が良くて一生お金に困らないとか。
そのため、かなりの出生率になるそうです。

「へえー、じゃあよく中華雑貨屋さんに売ってる金の豚の貯金箱でも買おうかな〜。」なんてのんびり考えていたら、
「でも、未年うまれは駄目。」
って老師が。
未年うまれは運が悪く、特に男性は優柔不断、気弱、だめだめだって。
ただ10人に1人だけは救われるとの事。
「あああ・・我老公はまさに未年だよ・・・。はぁぁぁ・・」
って思ってたら、またまたこんな言葉が。
午年も駄目よ。丙午なんてねー。(くすっ)←笑」
「うわああ〜、私はまさにその丙午なんです〜!」
と心の中で絶叫する私。

男性を食い殺す丙午&優柔不断でだめだめな未年。
なーんてみごとな組み合わせなんだろう、うちって。^^;

まあ気を取り直して。
今年はすばらしい年だという事なので、いろいろ新しい事に挑戦したり、勉強に力を入れたりして良い1年にしようと思います。

皆様にとっても健康でよい1年になりますように。ぴかぴか(新しい)


★本日の学習★pandaani217.gif

「走進中国」
第7課「春節」の本文訳。文法事項。重要句を使っての例文作成。
宿題がたっぷりでました。
「あなたの好きな祝日について400字ぐらいで作文しろ」だって。お盆かなあ・・

「ラジオ中国語講座(応用編)」
金曜・土曜の分の録音を聴く。

「誤用から学ぶ中国語」
1-5.做の用法
posted by ぺりお at 19:17| 千葉 ☔| Comment(15) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

ノート公開

Mandarin NoteのMarieさんのブログで、只今「語学学習ノートのとり方、使い方」のアンケートが行われています。

私も常々、語学学習の方のノートってどんな感じなのだろう?と興味をもっていたので、アンケート結果がとても楽しみ♪
コメントのみでもOKなので、よろしかったら皆様もぜひ!

私はノートがどうも上手に使えず、何か思いつくと1冊、テキストが変わると1冊、というようにどんどんノートばかり増えてしまうのです。
デザインがよければ使うかな、と500円くらいのノートを奮発したりもしたのですけど。
やはり挫折。
いまだに、最初の2ページしかつかっていないノートがゴロゴロしています。
仕方なく、昨年の暮れぐらいから1冊のノートに、問題集の答え、听写の書きなぐり、新しい単語、などを何でもかんでも書いてみました。
でもこれがまた・・見直さない、後で見ても何だかよくわからない、って具合でどうにもこうにも。^^;
最近では、听写をやらなくなった事もあり授業の予習ノート以外は使わなくなってしまいました。
問題集の答えは、もっぱらコピー用紙の裏紙です。

授業の予習ノート
ノート1.JPG
予習として、本文を1文ずつ書き、日訳をつけています。
ちょっと手間なのですが、文法事項の確認になり、単語も覚えやすく、今の所気に入っている方法です。

そしてテキストに直接書き込み
ノート2.JPG
テキストをきれいに使う派の方は絶叫しそう。
授業でならった重要事項は、授業中に直接テキストに書いてしまいます。
後でテキストを見直した時、1冊ですむし、後々何か出てきた時、「あ、テキストのあそこに書いたぞ」と思い出しやすいので。
ちなみに、本文の成語には水色のマーカーをひいてます。
(水色マーカー&3色ボールペンは私の必須アイテムです)

私の場合、ノートはややもすると自己満足に陥るツールになりがちなので、むやみにきれいに書く事にこだわらないよう、気をつけています。
今後も良い方法を模索していこう。

★本日の学習★  pandaani32.gifpandaani32.gif

「走進中国」
昨日の授業の復習と第7課の文法事項チェック。

「ラジオ講座(応用編)」
おとといの分の録音を聴く。

「誤用から学ぶ中国語」
1-1.「来」について

*文法の基礎を固めようと「中国語検定2級徹底攻略」の1課をやってみましたが、どうもしっくりきません。何しろ長文2つと、文法事項に関する例文がすごいボリュームで、練習問題用というよりも、参考書的使い方の方が良さそうで。
「誤用から〜」は、ひとつの項目が3ページで練習問題も日訳、中訳5問ずつ、と適度なので、こちらをやってみる事にしました。
どうもあちこち勉強法が定まりませんが、より良い物を見つけるまでさまよってみます。るんるん
posted by ぺりお at 10:37| 千葉 ☀| Comment(13) | TrackBack(2) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

ジェスチャーマン

猫軍団.JPG
←「チョコ猫軍団」埼玉県宮原市のすごくかわいいケーキ屋(オスコー)さんでこいつらを発見。

電車の中で、韓国人カップルを見かけました。
大きな声だったので、ついつい注目してしまったのですが、その時気になったのは彼らのジェスチャー。
かなり大げさな感じで、映画の中の人みたい。
そういえば、中国や韓国や美国の人ってジェスチャーが大きいよなあ、なんて思っていたある日、事件が・・(ーー;)

それは動物病院で起こりました。
まる猫の検査後、いろいろ猫の日頃の様子などを報告していた時。

そうそう、この病院の先生は、ちょっと(かなり)素敵な方なのですよ。
背が高く人懐こい笑顔で、中村雅俊を6倍くらいかっこよくした感じ。
まる猫には悪いけど通院するのが楽しみだったりしてるのです。

あ、話はそれましたが、その報告中、「はい、お腹がすくらしく夜中に私の顔をこうばばばばっとたたくんです。」、「ええ・・その薬を飲むとお腹がゆるくなって、こうぶりぶりぶりっと・・」と言ったところで、先生が耐えかねたようにくっくっと笑っているではないですか!
「ぶりぶりっとですね。」と笑いをこらえつつ返されて「はっ」と思いました。
私、かなりひどいジェスチャーをしている!と。

ばばばばっでは、猫ひろしみたいに、猫手で両手をぶるぶるさせてたし、ぶりぶりっにいたっては、お尻の所から右手をごにょごにょっと、あたかも今でているかのように不気味な動きをさせていたよー。
ああ、どうしよう・・・^^;

中国語でうんうん会話をする時に、言葉が出ないところをジェスチャーで通じさせようとしていたので、すっかり癖になってしまったようです。
その後も、気がつくとかなり大げさにゼスチャーをしている事に気がつきました。
そう思って回りを見てみると、語学を勉強している人って、ジェスチャーが大きい気がします。
やはりそれは、私と同じ理由なのでしょうか?

でもなあ、いまさら直すっていっても無理そうだしこのまま行くしかないでしょうね。
ちょっとエレガントなジェスチャーを研究しなくては。

(今読み返したら、ジェスチャーをゼスチャーって書いてましたよ。ジェスチャーですよね?普通。ゼスチャーってなんだ?あれ?いいのかな。わからなくなってきたー!うわーーー!(-_-;))

★本日の学習★pandaani258.gif

「中国語教室」
「千里走単騎」の内容をざっと中国語で説明させられる。(めためた)
あまりの中国語力のなさに愕然とする。もう少し中国語で表現する事を考えてみなくては、と強く思った。

「走進中国」
第6課の練習問題と閲読文の音読(教室にて)

*其中の使い方、従〜到文で動詞が入る場合、継続と連続の違い等を教わった。
継続と連続の使い方の違いは、まだちょっとはっきりしません。
posted by ぺりお at 19:59| 千葉 ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

久しぶりの教室

ほかほか.JPG
←ここがスペシャルシート。
ほかほか・・(byまる猫)


2ヶ月ぶりに中国語教室へ行ってきました!
土曜日にばっちり予習をするぞ!と気合を入れていましたが、まる猫が定期検査で入院中のため、注射時間などの気を使わなくてよく、ものすごく静かな日になったので、思わず昼寝を・・・・^_^;
ようやく始めたのは真夜中でした。あーあ。
無事に授業予定の6課の予習を終えて準備万端。

朝から病院へ行って猫を受取り、検査結果などを聞き、あわてて家に猫を置きに帰り、また出かけました。

教室につくと、女性の同学は風邪で欠席。男性同学2人はいつものように遅刻です。
老師とお正月に何をしていたかなどを、日本語まじりの中国語で、(おっと!中国語まじりの日本語で)話しました。
10分後、遅刻君たちが揃い、フリー会話開始です。
おお、なぜか今日は全員ハイテンション!
同学たちは、がんばって中国語を話そうとしているし、老師は「せんせーい、いつから吉本入ったの?」と言いたくなるほどノリノリで生徒たちにツッコミを入れてます。
ノリツッコミまでしてたし・・うーん、中国人と関西人は共通点が多いなあと思ってたけど、こんなだとは。

「何だ?何だ?このノリは?私が復学したのがそんなに嬉しいのか〜♪」
と思って内心ほくそえんでいましたが、実は、老師の論文提出が(大学院生なのです)あさってにせまり、あまりにせっぱつまっていたため半分いっちゃってたようです。^_^;

まあとにかく、そんな風に授業ははじまりました。
ちょうど文法事項のところからで、出てきた重要構文を使ってひとりひとり例文をその場で作る練習になりました。
ああ〜、これってものすごく頭を使います。
中国語ももちろん、日本語でとっさに例文を作るのさえなかなか浮かばなかったりして。
その上、簡単な単文など言おうものなら、老師に「えええ〜、それは簡単すぎてつまんなーい。」と言われてしまうし。
3人でうんうん言いながらかなりな量を作文しました。
面白いもので、それぞれの人が作る例文って性格が表われますね。
男性は仕事関係が多く、女性の同学は旅行やファッション関係が多く、私はだいたい食べ物関係の文。
例えば「不好意思」の(〜しがたい)という意味での文章。
(男性)私は彼の仕事のやり方はいつもおかしいと思うが、本人には注意しずらい。
(私)彼女が私につくってくれた料理はすごくまずかったが、とても彼女には言えない。
のように。

そんな感じで2時間はあっという間に過ぎました。
2ヶ月ぶりで頭がぼーっとしていて笑われたりしましたが、やっぱり教室へ行くと刺激を受けてやる気になりますね。
ああ、面白かった。
さあ、例文作りの練習をしなくては。(^o^)丿

★本日の学習★(予定)pandaani106.gif

「走進中国)」
第6課の例文作り。閲読文の単語チェック。

「ラジオ講座」
(応用編)
電車の中で、応用編のCDを聴きつつテキストでチェック。
(基礎編)
今週の会話を見て、日本語を中国語に訳す。第2週目分。結構まちがえる・・・

*いつも乗る電車に、必ず「聴く中国語」を読んでいるお兄ちゃんがいます。
毎日毎日ニュース記事を熟読しているので、かなりハイレベルな方のようです。
今日は、たまたま隣だったので、お互い何となく「おお、仲間よ」という雰囲気でした。
明日もいるかなあ。(^_^)
posted by ぺりお at 13:47| 千葉 ☀| Comment(17) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

ラジオ講座と復学!

賢そうなまる猫.JPG
←今年は僕も勉強しようっと。(byまる猫)

休学中の中国語教室、とうとう来週から復学する事になりました。
本当は3月くらいから、と考えていたのですが、学校の規定で2ヶ月の休学を過ぎると新規入学扱いになり、入学金1万円を払わなくてはいけないのです。
「うう、1万円は大きい。辞書も買えるし、半月分の食費だし、服だって買えちゃう。」と、せこくせこく考え、多少厳しいけど、とりあえず復学する事にしました。
どうしても無理なら1週置きでもいいや、なんて甘い事を考えて。

学校に連絡をした夕方、早速同学からメールが。
今の進行状況と、宿題と、他の同学の様子などの報告です。
ああ、ありがたいやら、緊張やら・・・
来週っていったら、あと5日しかありません。
今日は、早速しまいこんでいたテキストを引っ張り出し、近所でカフェ勉を1時間してきました。
2ヶ月のブランクがこの後どうひびくか、想像するだけでもぞぞーっです。^_^;

それにしても、先週までは復学は春だと思っていたのに、急にやる気になったのは「1万円」だけではないのです。
最大の理由は「ラジオ講座」。
1月から応用編が新しくなり、陳凱歌監督の自伝とインタビューを交互に読んでいく形式になったのです。
内容が難しいので、勉強するというよりも聞き流すつもりで1回目を聴いたのですが、これがすばらしい!
講師の刈間文俊先生も、朗読の銭波さんも、思わず我を忘れて聴き入ってしまうような美しい流れるような中国語を話されるのですよ。音楽みたいな。
「うわあ〜」と思って、次の日に思わずCDを買ってしまいました。
この朗読をきいたら、途端に中国語を勉強する気持ちがむくむく湧いてきたのです。
何だか、資格や会話や、よりも、中国語そのものの麗しさに「ダダーン」と打たれちゃいました。

そんな訳で、再びスパルタ教室日記が再開します。
またよろしくお願いいたします。(^^)/

★本日の学習★かわいい

「走進中国」
第6課の本文日訳。重要文法の例文チェック。

「ラジオ講座応用編」
第1、2回の分を聴く。(CDを流しっぱなし)

「中国語実習コース」
成語1個例文と共に、スケジュール帳に書く。
気づいたときにちらちら眺める。

*何だか適当ですね〜。慣れたら、もう少し系統だった学習法を考えます。^_^;
posted by ぺりお at 17:09| 千葉 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

独学中です。

あっ!.JPG
←あっ!見ないでよ〜!
(byはち猫)


とうとう今週から独学になりました。(2ヶ月限定ですが)
「さあ、どうしよう。やりたい事はいろいろあるぞ!」という気分ですが、メインをこの2つに決めました。

教室のテキスト「走進中国」とラジオ講座応用編。
前者は、教室に復活した時に遅れないように進めておきたいから。
そして後者は、今良い具合に習慣づいてきているからです。
本当は、それに加えて「中国語実習コース」もやりたいのだけど、少々時間的に無理そう。
あまりぎゅーぎゅー詰めにすると「えいやっ!」と投げ出しますから。(-_-;)
まあ、これはラジオ講座が終わった来年から、という事にしましょう。

ラジオテキスト.jpgラジオ講座応用編は、10月から12月まで小説です。
購読という勉強は今までやった事がなかったので新鮮な気分ですよ〜。
小説の主人公の女性が、どうにもイライラさせる人で、毎回「今度は何よ?」と思いながら読めるのも継続につながっているかも。


ただいま、こんな方法で学習しています。

@中国語文を最初にざっと読み、わからない単語の意味を調べる。
A頭の中で日本語に訳する。後でテキストと比べる。
Bピンインを見て中国語にする。(ノートに書きだす)
C書けなかった単語を調べる。
Dその単語をノートに書きだす。(例文なども一緒に)
E音読
F音声をきいて書きとる。

こうやって勉強すると、かなり単語も覚えるし、忘れていた文法事項なども再確認できるようです。
コツは、@AとBCDを同時にやらず、1日おいてからにする事でしょうか。
1日でやってしまうと、本当に覚えたかどうか怪しいですからね。
Fはまだ実行していません。^_^;
が、耳を鍛えるために今後やっていこうと思っています。
日本語を見て中国語は、ちょっと苦しいなあ〜。
こちらは「中国語実習コース」でやりましょう。

こんな感じで2ヶ月せっせとやってみまーす♪

★本日の学習★(予定)pandaani89p.gif

「ラジオ講座(応用編)」
・土曜日の予習。ピンインを中国語文にする。今日の分のチェック。

「走進中国」
・第5課の単語調べと音読。

*今日はコナミカップ台湾戦!F4のヴィックが始球式です。(届くのかしらねー心配)
楽しみ〜♪

posted by ぺりお at 11:35| 千葉 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

書き込む派

かぼちゃ切れ.jpg←昨日はハロウィンだったのでかぼちゃのケーキを焼いてみました。かぼちゃを食べてます〜って味。

私は勉強をする時、テキストにいろいろ書き込んでしまいます。

中学生の頃までは、きれーいに使っていた記憶がおぼろげながらあるのですが、高校時代、ある国語の先生に出会ってからすっかり書き込み派に変わってしまいました。
その先生は、江戸っ子のおじいさんで、本文に矢印や二重線などをたくさんひかせ、説明してくれたのです。そんな風に「たけくらべ」を読んでいったら、今まで気がつかなかった文章のしくみ、意味などがくっきりとわかって“目からうろこ”だったんですよ。
それ以来、英語も数学もみんなノートいらず。日本史用語集などは、絵を書いたり、写真や年表なんかを貼り付けたりして独自のマニア用語集になってしまったほどです。^_^;

そして中国語。こちらも、もちろん書き込みだらけ。
矢印を引っ張って単語の意味とピンイン、成語にはマーカー、重要文法は丸で囲み、余白には例文等々。1冊終わる頃にはかなりボロボロです。ラジオ講座のテキストにいたってはゴミみたい。
でも、こうやって書き込んだ物は後になって、「おお、これはあのテキストのあそこに書いた。」って思い出せるので便利です。学習が進んだ部分だけ、よれっとしているのを見るのも何となく嬉しいし。

そこで今、自分で復習をしている「中国語実習コース」ですが、2廻り目が終わったら思い切ってCD付の新しい本を買っちゃおうかな、と思ってます。かなりくたくたになってるので。2冊目は書き込まずに、いつでもまた新鮮な気分で勉強できるよう保存版にしておこうかと。(^^)

よーし、やるぞー!(って自分に気合をいれてみないとね)

★本日の学習★(予定)pandaani257.gif

「ラジオ講座(応用編)」
・次回の予習。ピンインを中国語文にするのを半分。
・ブログお友達の叔叔さまのように、きちんと身につくような学習をしようと、ラジオ講座用ノートを用意してみました。
やはり、どこを間違えたのかチェックするのは重要ですもんね。

*今日は忙しいのでこれだけの予定。
 近頃は朝ちらっとやったりしてます。ちらっとだけど。
posted by ぺりお at 14:38| 千葉 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

猫は虎の先生!

猫老師.bmp
←猫「とりゃああ!!」
 虎「ぐああっ!」


突然ですが、「猫は虎の先生」なんだそうです。
この前の授業で猫の話をしていたら、老師が教えてくれました。


“老師説,老虎的本領是猫教的。可是没有教老虎爬樹的方法。老虎越来越強了!最後老虎想吃猫,猫就馬上逃到樹上。因為老虎不知道爬樹的方法,它没有辨法。”
(虎の能力は猫が教えた。でも、木に登る方法は教えなかった。虎はだんだん強くなって、最後には猫を食べようとした。猫はすぐさま木に登って逃げた。虎は木登りの仕方がわからなかったから、どうする事もできなかった。)

特に、教訓めいた話ではなくて、ただの物語だという事なのですが、いまひとつぴんときません。師匠が弟子に技を教える時によく引き合いに出されるみたいです。
何だろう??師匠は弟子にすべての技を伝授するけれど、いざという時の対処法は自分で考えろ、って事でしょうか。それとも、弟子に追い抜かれてしまうようなキモの部分は自分で見つけろ、とか。

調べていたら、沖縄に全く同じ話がありました。
ただこちらは続きがあります。
木に登っている猫に向かって、虎が「ちくしょう、今後お前がトイレに入ったら必ず襲ってやる!」と言うのです。猫はそれ以来トイレに入った後は、虎にばれないように、すぐに排泄物に砂をかけて隠すようになった、というのでした。
これならつじつまがあうのですけどね〜。^_^;

★本日の学習★pandaani99.gif

「走進中国」
・第3課の閲読文単語、文法。
本文はノートに写して、日訳を書き出してみる事にしました。
手間がかかりますが、細かい文法チェックができるので今のところいい感じです。

「NHKラジオ講座」
・練習問題の作文。
・入門編の日本文を中文に訳す。

posted by ぺりお at 16:57| 千葉 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

より深く

にゃあ頑張れ!.jpg
←友達の家のにゃあ君。
彼も現在闘病中。頑張れ、にゃあ!!


中国語の勉強をはじめて早3年半。
その間、文法や会話、中国料理に映画、音楽、歴史などなどいろいろな角度から中国に触れてきました。
しかし、近頃思うのは、それらの情報にバックボーンがないなあという事。
例えば、成語やことわざが出てきても、言葉としては理解してもその元になった成語故事を知らない。料理の名前にもバックに物語があったりする。
大きなくくりで言えば、中国文化を知らない、という事です。

言葉だけ話せても、それじゃあちょっとすかすかで味気ない。
そこで、そろそろ中国の古典や文学作品などを読んでみようかと思い始めました。
日本人でも、「源氏物語」「平家物語」等の古典、いろいろな和歌などを知っていると随分言葉や感覚にうるおいがでますものね。
恥ずかしながら私は、今まで中国の古典と言う物をきちんと読んだ事がありません。
小説で、吉川英治の「三国志」を読んだくらい。あとは翻訳物の「西遊記」とか。

やはり、ここは「論語」「三国志演義」「水滸伝」「紅楼夢」「西遊記」等の古典からでしょうか。それから魯迅、金庸、余華なども。
しかし、一体何から手をつければいいのだろう。
本屋さんで見てみたけど、三国志だけでもありとあらゆる物があるし。^_^;
あやうく「孫子の兵法」を買いそうになってしまいました。(すっごい面白そう〜♪)

何か「これは!」というおすすめがありましたら、是非教えて下さいませ。

★本日の学習★pandaani229.gif

「走進中国」
・第2課の閲読文単語、日訳。
→何だかうまく日訳ができず、途中で放り出した。意味はわかるんだけど。
改めて翻訳家の方ってすごいなあ、と感心したりする

・テープを聴く。
→学校でダビングしてもらったのだけど、ものすごい音声!くぐもってるし、雑音はすごいし。音量をマックスにあげてももごもごしている。これをヒアリングや音読に使うのはつらいかも・・^_^;

「NHKラジオ講座(応用編)」
・練習問題の作文。
・例文チェック。
→作文は、細かい部分のミスが多い。了を忘れたり、maとnaを書き違えたり。
posted by ぺりお at 16:16| 千葉 ☔| Comment(25) | TrackBack(1) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

知らない事が多いぞ。

見張り番.JPG
←僕が見張ってないと、ぺりおはすぐさぼるんだよ〜。(byはち)

本日、無事終了試験を受けてまいりました。
ヒアリング、筆記とも何とか合格できそうです。(多分)


中検3級と2級の中間程度との事だったので、この1週間2級の過去問題や、NHK中国語講座応用編の文法などを集中的にやっていましたが、知らない事が多いのにびっくり!
中国語は英語よりも文法事項が少ないような気がしてましたし、3級合格レベルなら、文法はひととおり頭に入っていると思ってました。
甘かったですね〜。実に勉強不足を実感しました。^_^;

面白い!と思った文を2例。
ラジオ講座応用編より。

かわいい明天的会,我忙也要参加。(ming2tian1 de0 hui4 ,wo3 zai4 ye3 yao4 can1jia1)
(明日の会議は、どんなに忙しくても参加しなければならない)

→このような「どんなに〜でも」という「再」の使い方は知りませんでした。「即使」「無論怎麼」の意味を含んでいるのですね。なるほど。

かわいい十二点,快睡ロ巴。(dou1 shi2'er4 dian3 le0, kuai4 shui4 ba0)
もう12時。早く寝なさい)

→都+変化を表す述語+了(文末)で、「もう〜だ」の意味になるとは。
これも初めて知りました。文法事項落としすぎてますね〜。^_^;
しかも、この場合の「都」は軽く読まれるのですね。ふむふむ。今度使ってみよう。

ここのところ会話に力を入れていたので、文法事項をじっくりと見直すことをさぼっていました。
そろそろ文法強化月間にして、また少ししたら会話強化月間に・・・と両方うまくステップアップして行きたいなあと思います。
そううまくいくか、って??そうしたら、中国映画月間とか、中国語読書月間とか、中国語料理月間を作っちゃいますよ。ふふふ♪

★本日の学習★pandaani141.gif

「中国語教室」
・振り替えで新しい同学が来たので、自己紹介&近況報告。
 猫の糖尿病について語りましたよ。
・「走進中国」第2課の練習問題。
・「中級漢語聴和説」(北京語言文化大学出版)を使ってヒアリング問題。

「中国語検定2級過去問題集」
・49回〜51回の中作文チェック。結局中作文は出なかった・・

*今日振り替えで参加した同学(男性)は、台湾に2年、今も仕事で台湾とやりとりしているというつわもので、全然日本人に見えませんでした。台湾ドラマから抜け出てきたような雰囲気の発音でなぜか聴き取りやすかったです。はっ、やはり台湾ドラマを見すぎたせいで、普通語よりも台湾なまり普通語の方が聞けるようになってるんじゃあ・・・ちょっと嬉しい。(^^)
posted by ぺりお at 23:08| 千葉 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

試験!

ベイサイドジャズ.JPG
←半年ぶりに千葉市へ行ったら、ちょうど「ベイサイド・ジャズ」の日でした。街中ジャズだらけ!

とうとう来週の日曜日は、教室の試験の日です。
私は、給付金コースを選択しているので、試験を受けて合格しないと給付金がもらえないのです。

少し前に受けた同学に「どんな感じ?」と聞いてみたら、「すっげー難しい。まあ、2ヶ月は毎日ガリガリ勉強しないと絶〜対に無理だね!」と得意げに言うじゃないですか。
「ちょっと待て。それは怪しい」と思い、「ちゃんと答えろ!」と般若顔でもう1度聞いたら、今度はおびえつつも親切に教えてくれました。

テスト形式は、中国語検定とほぼ同じで時間は2時間。
ヒアリングは、3級と2級の中間ぐらいの難易度だそうです。
長文が2問もあるらしい!(ひいい〜)
筆記もまあ2級までとはいかない、との事。

困った。2級は2年前に受けたきり、トラウマとなってそれ以来避けてたし、ヒアリングにいたっては3級程度だとしても自信がない。
老師は「没問題、没問題!辞書こっそり見ちゃえばいいよ。」なんて、適当な事言ってるしなあ〜^_^;
もう今週は、毎日中検の過去問題をやるしかありません。
1週間、必死にやってみたら試験だけでなく、何か得るものがあるかもしれませんし。

無事給付金が出たら、神保町で成語の参考書を買おう。
そして、「古瀬戸珈琲店」でおいしいコーヒーを飲みつつ、りすのお皿にのってくるシュークリームを食べよう。

うーん、だんだんやる気になってきた。(^^)/

★本日の学習★pandaani223.gif

「中国語教室」

・「走進中国」の2課。文法事項の説明。その文法を使って例文作り。
→作文をする時は、単文ではなく出来るだけ複雑な文章を作るよう言われる。
・「中級漢語聴和説」(北京語言文化大学出版)を使ってヒアリング問題。
→テープを1文ずつ止めて、繰り返させ、書き取る練習。

「ラジオ中国語講座(応用編)」
・金土分をまとめて聞く。
「就」の使い方が非常にわかりやすく説明されていた。
タグ:古瀬戸珈琲
posted by ぺりお at 20:34| 千葉 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

日本語は使いません。

まる、考え中.JPG
←僕もたまには物思いにふけるんだよ。(byまる)

とうとうやってきました。中国語オンリーの授業1日目。
予定では、授業の前に私と同学とで老師に「今日から日本語は使いません」宣言をするはずでした。
が・・2人ともちょっと遅刻してしまい、そのまま授業に突入。^_^;
途中、老師が用事で10分ほど席をはずし、その間はお互い中国語で会話をするよう言われていたので、その時に私達の決意表明を全員に伝えました。
「えええええ〜?」という反応が返ってくるかと思ったら、「明白了〜♪」と軽くいわれてちょっと拍子ぬけ。そうだ、忘れてたけどこの人は2年も留学してたんだったよ・・・^_^;
その後は、まちがえつつもなんとか中国語で話し、無事授業が終了しました。
非常に疲れたけど満足満足。
それにしても、留学経験のある同学たちは、普通に中国語回路になっていたようで「君たちは中国人かね?」といいたいほどぺらぺら流暢に話していました。うう・・追いつかねば!

授業の後、計画通りディープチャイナタウン@池袋へ繰り出し、「永利」でお昼を食べました。
噂にたがわず、中国度99%の場所です。
店内の壁一杯に手書きの中国語メニューがはりめぐらしてあり、音楽も中国の歌謡曲、店員さんもお客さんも全員中国人。中国語しか聞こえません。
同学は「なつかしいー!」と大興奮。
干豆腐と青唐辛子炒.JPG
←尖椒炒干豆腐(青唐辛子と干し豆腐炒め)

ここでは中国人のふりをしよう、と決めていたので中国語で注文しました。(といってもメニューを読んだだけですが)

3品頼んだのですが、どれも「ひぃ〜」と思うほど多くて、半分も食べないうちにギブアップ。^_^;
しかし、こんなに残すのはあまりにも申し訳ないので、持ち帰れるかどうかきこう、という事になりました。
店員さんを呼び「対不起。我們吃不了。可以這些菜帯回ma?」とおそるおそる言ってみたら、「可以帯走。几个?」と聞かれたので「兩个。」と返事を。
おおお!ちゃんと通じるじゃないですか!(^◇^)
同学と2人、かなり機嫌よくお土産のおかずを持って家に帰ったのでした。

やはり、語学上達のひけつは実践だな、と強く思った1日でした。

★本日の学習★ pandaani242.gif

「中国語教室」
・「走進中国」の1課と2課の単語。
・夏休みについてのフリートーク。
・生徒同士で中国語の会話。(これはかなり勉強になります)


“駒大よく頑張った!”Ψ(`▽´)Ψ
タグ:永利
posted by ぺりお at 20:51| 千葉 ☁| Comment(24) | TrackBack(3) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

決意した。

漢字ばっかりじゃんか。.JPG
←新しいテキストは漢字ばっかり・・

近頃の授業は何だか楽ちん。
それは、スパルタから準スパルタにレベルダウンしているからです。
何ヶ月か前に、老師は「これからは日本語は使わないように。」とおっしゃったのですが、新しい同学が入ってきたのを機にまた日本語を使うようになってしまいました。

先週の授業の後、同学と上野に繰り出し「上海バール」でおいしーい黒酢酢豚をつつきつつ、「今後の授業内容」について真面目?に話し合いました。

まず、問題点が3つ。

@日本語を使うとそれに甘えて、中国語でどうしても表現してやろう!という気持ちがなくなる。

A老師まで日本語を使うので、リスニング力が全くつかない。

B授業にテストがないので、必死に覚えなくては!という気迫がなく、なあなあになっている。

せっかく新しいテキストに入っても、今までどおり日本語ばかりの授業では、身につくものがあまりないような気がします。
同学は、上海で働いていた経験もあるし、ご主人も中国の人だし、特に強くそう思うようです。(私が足を引っ張っているのだ〜)

そこで、私達は決めました。

・来週から日本語は決して使わない事。
 たとえ片言でも、ゼスチャーマンになろうとも。

・老師に日本語を使わないようお願いする。

・授業の前に、単語成語のミニテストをしてもらう。

そして、来週授業が始まる前に、これらを中国語で訴えてみようと。

うう・・・もしかしてこれって墓穴を掘ったのかな。^_^;
でも、楽をしてても上達は見込めませんし、ちょっと楽しそうだし、パワフルな同学の後について頑張ってみようと思います。

そして、記念すべき中国語オンリー授業1日目が無事に終わったら、中国人の街@池袋へ行ってディーーープな中国を味わってこよう、という事になりました。
「大成功だ!」と乾杯ができるように、今週は日常会話をインプットしておこう。

★本日の学習★pandaani250.gif

「走進中国」
・閲読課文の単語チェック。日訳。音読。練習問題。
・「大名鼎鼎」「混為一談」「順序排列」「大福大貴」「如花似玉」等々覚える。

「ChinesePod(中国語版)高級5課」
・姓名的起源の本文をプリントアウトして読む。
 テキストの本文と内容がそっていたので。
(あられさんに教わりました。ありがとうございます)(^^)/

*夏休みも残り1日。やはりあっという間でした。やろうと思ったことの半分も終わってないぞー!


posted by ぺりお at 22:43| 千葉 ☀| Comment(19) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

中国語名決定!

僕暑いの・・.JPG
←ちょいと失礼〜。(byはち)



先週の授業は「起名」(名前をつける)、という話題でした。

中国人は、名前を2つ持っているそうです。
ひとつは「大名」・・社会的に通用する正式な名前。
もうひとつが「小名」・・家族の中で呼ばれる名前。

これは、日本ではあまりないですよね。○○ちゃん、のような呼ばれ方はするものの、全く違う名前なんてほとんどきいた事がありません。(まあ、私は妹に「ぺりお」と呼ばれてますが・・)
ちなみに老師の小名は「春子」だそうです。
「日本人っぽいでしょーー」と恥ずかしそうに言ってました。
この名前は、家族以外ではごく仲のいい友達以外には教えてないそうです。

じゃあ、友人同士では何て呼ばれるの?というと、これは日本と同様ニックネームとの事。
大名の一部をちょこっと変えたり、頭に「阿」(ちゃん)をつけたり。(「阿ぺ」みたいな感じ。ぺりおちゃん、って意味らしい)

そこで私たちも、「中国語名をつけちゃうぞ!」と言う話になり、早速めいめい勝手につけてみることに。
頭に「阿」をつけたい、と全員一致だったので、自分の名前の中から気に入った漢字を選んでみました。
私は「阿美」(あーめい)。老師苦笑いしつつ(なぜ!)曰く。
「これは音的にも非常によくて、美しくて女性らしーい雰囲気が漂う名前なのよ。」だって・・^^;
もうひとりの同学は「阿春」(あーちゅん)
これは明るくてはつらつとした華やかな女性のイメージだそう。その子にぴったり。
男性陣は、「阿敏」(あーみん)を選んでいたのですが、周り中から「そりゃーきれいすぎる。あほっぽい「阿末」(あもー)にしろ!」とブーイングがあり「阿末」に。
欠席してた同学は、これまた音のひびきがあやしい、って事で「阿渡」(あどぅ)に決定。
そして老師の日本名は「あや」。

そのあとは、この名前で授業が進められてちょっと嬉しかったです。
美しくて優雅なイメージかああ〜。ふふん♪

★本日の学習★(予定)pandaani249b.gif

「走進中国」
・成語、単語を抜き出して覚える。宿題の練習問題をやる。
「中国語実習コース」も並行したいけど、ちょっと厳しいぞ!

「NHKラジオ講座(入門編)」
・発音練習。新出単語チェック。


posted by ぺりお at 10:38| 千葉 ☔| Comment(37) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

我的宝貝〜♪

沖縄バナナ.JPG
←む、香蕉(バナナ)?と思ってつい手にとってしまいました。意外に香りが本物っぽくておいしかった。

先日の授業で、「宝貝」についての話題になりました。
「宝貝」は、赤ちゃん(私のかわいーい赤ちゃん♪)という意味ですが、恋人同士の間でもよく使われるそうです。
「我的宝貝〜♪」・・僕の愛しいベイビー♪って感じでしょうか。(うう・・・)

他にも「女丑 女丑niuniu」(かわいこちゃん)もよく使うそう。
そういえば、前に教わってた老師は彼氏にそう呼ばれていましたよ。(うう・・・)
老師によると、それは普通の事で別に恥ずかしくないし、平気で使っちゃうよ、との事でした。
うむぅ〜、英語ならいろいろあるけれど、日本語でそれに対応する言葉って何だろう。
ちょっと思いつきません・・
やはりこれはストレートに愛を表現できる、という国民性でしょうか?(^_^)

それから、もうひとつ。
よく日本語でも「白馬の王子様」って使いますが、中国語でもそのまま使えます。
「我的白馬王子是金城武。」(私の白馬の王子様は金城武よ。)のように。
しかし、女性版もあるのです!
それは、「白雪公主」(白雪姫)。
「我的白雪公主是ぺりお♪」(僕の白雪姫はぺりおちゃんさ。)
ひえー、これは日本語にすると気持ち悪―い!( ̄ロ ̄!!)
老師は「日本でも使うでしょ?」と言っていましたが、同学たちはプルプルしながら全員でクビをふったのでした・・・
★本日の学習★(予定)kyudo.gif

「中国語実習コース」
・成語を抜き出してノートにまとめる。
最近、2日に1度のペースになってしまっている。

「NHKラジオ講座(入門編)」
・発音練習他。
ちょっと一休み、のコーナーで会話を聴き取ろうとしていますが、なかなか。

「走進中国」
・予習〜。テキストがまだ入荷されておらず、コピーされた物を見ています。
本がないといまひとつ盛り上がらないなあ。^_^;

*なんと!夏休みがもらえました〜!!わーい、太好了〜!
仕事がずれてお盆期間は休んでいいようです。
わーいわーい。はとバス「怪奇ツアー」行っちゃうかも。Ψ(`▽´)Ψ

posted by ぺりお at 10:18| 千葉 ☀| Comment(14) | TrackBack(1) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。