2007年05月04日

澁澤龍彦幻想美術館へ行く

澁澤ちゃん.JPG
←パンフレットからも妖気が漂ってきそう・・

今年の黄金周は、中1日仕事へ行き残りはずっと休みです。
前半に3連休、後半に5連休。天気も申し分なし。
やったー!といいたいところですが、重病猫がいるので毎日付きっきりです。
この連休を持ち越せるかどうか?とかなり不安になりながらの介護。しかもぺり夫は休みなし。
かれこれこんな状態が2週間以上も続き、なんだか私の精神状態がおかしくなりそうになってきました。
おとといついに「ええーい、どこかへ行ってやる〜!まる猫よすまん。」と言い残し、埼玉県立近代美術館へ行ってきました。
上野の「ダ・ビンチ展」や六本木の「モネ展」もかなり気になったのですが、人が湧いている事を考え、静かなこちらの美術館に決定です。

今、こちらでは『澁澤龍彦-幻想美術館』を開催しているのです。
正直いって、澁澤龍彦の本はきちんと読んだ事がありません。
でも、彼の世界のイメージは子供の頃から親しんで?きました。

小中学生の頃、よく親が購読していた『太陽』というビジュアル中心のちょっとアーティスティックな雑誌をよく眺めていました。
時代はちょうど昭和40〜50年代。
まさに高度経済成長期の真っ只中です。
サラリーマン達は元気いっぱい。明るい歌謡曲がはやり、新幹線が開通したり、ビデオが出てきたり(魔法かと思った)、海外旅行が一般的になってきたり。
子供だったせいもあるけれど、どんどん世の中がパワーアップしていくさまは目を見張るほどでワクワクしていたものです。
そんななか、この『太陽』はその裏の世界、アングラで変化に背を向けて自分の城にこもる芸術家、明治大正のおもかげを残したままの町並み、隠れ家的なバーやストリップ劇場などの特集をしていて(もちろん、普通の明るい世界の事もあったけど)、いけない世界をのぞいているような気持ちになって見るのがひそかな楽しみでした。
そこによく登場していたのが、彼、澁澤龍彦。
それから金子國義、四谷シモン、唐十郎、池田満寿夫等々の面々。(記憶違いもあるかもしれませんが)
あらあらあら?、な方たちでしょう?
今回は、このような澁澤龍彦に関係のある方々の作品が一同に帰しているという事で、あの子供時代の気持ちを思い出そうと行ってみたのです。

いやもう、期待通り。そっくりそのまま私の中の『太陽』ワールドでした。
なあんて濃くて妖しくて後ろめたくて懐かしい世界なんだろう・・
前述した方々の作品はもちろん、外国の画家、デルボー、ダリ、マグリット、アンソール、ルドン、エッシャーなど、幻想画家、細密画家・・私好みの絵がたっぷり。
彼は、印象派のような線のもやもやしたはっきりしない絵画は好みじゃないそうです。ちょっと共感しちゃいました。

出典数が多く、最後の方はもう満腹状態になっていたら、最後の最後に四谷シモン作の『天使像』が!
亡くなった澁澤龍彦によせて作られた物だそうですが、身長が2mくらいあり、小さく区切られた展示コーナーの一番奥に光をあびてたっていたので、ものすごく衝撃を受けました。本物の天使みたい。シモンなのに、ちゃんと美しい衣装をまとって、ガーターベルトも赤い口紅もなく、どこからみても神聖な神々しい像です。
澁澤龍彦への思いがあふれているようで、静かな気持ちになりました。
四谷シモンの天使.bmp

歩きすぎて背中が痛くなりましたが、気持ちが豊かになって良い気分転換になりました。
この展覧会、5/20(日)まで開催されているので、ご興味がある方は是非足を運んでみて下さい。(妖しいけど)

埼玉県立近代美術館

★本日の学習★揺れるハート

連休中、お休み。
ラジオ中国語講座は聴いてます。
あとは、時間がある時に教室のテキストの予習復習。
posted by ぺりお at 09:38| 千葉 | Comment(6) | TrackBack(0) | 展覧会・美術展他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

『巴里の仏像』展を見る

巴里の仏像.jpg
←『巴里の仏像』展。












ここ数日、関東では春のような陽気が続いています。
少々不安でもありますが、やはり暖かいと散歩でもしてみようか、という気持ちになるものですね。

昨日のお昼休み、外に出てみたらあまりに気持ちのいい日だったので、お昼ご飯を取りやめて銀座へ行く事にしました。
前にrororoさんのブログで紹介されていた、浅井愼平さんの『巴里の仏像』という写真展を見ようと思ったのです。
これは、浅井愼平さんの同名の本が先週出版されたので、それに連動して開催されているようです。(〜2/8まで)

場所は、銀座の「ギャラリー悠玄」
有楽町の駅近く、旭屋書店の裏手のなかなか静かな良い場所にあります。
電車を降りて、いろいろなお店のショーウィンドーを横目で見つつ(うっとり)、オープンカフェをのぞきつつ(再びうっとり)、目的地へ。

そこは、裏通りにひっそりとあり隠れ家のような趣きがありました。
表のウィンドウから覗くと、半地下になった部屋に仏像たちが見えます。
お客は誰もいなくて少々緊張しましたが、思いきって入ってみました。
半地下の部屋は仏像。そこから1段高い部屋にも仏像。
階段を上がった2階にはリヨンの写真が展示されていました。
狭いスペースなのに、写真の配置のせいか、照明のせいか窮屈な感じはしません。
かえってその狭さのせいで、ほっとくつろげる空間になっていました。
仏像の写真は、掛け軸風に装丁されてほとんど1枚70,000円で販売されていてびっくり!高くないですか?^_^;
でも、有名な方ならそんなものかな。

さてさて仏像の写真。
これは気に入りましたよ!

この仏様たちは、全員パリのギメ美術館に展示されていて、明治時代、日本から船でどんぶらどんぶらとパリへ渡ったそうです。
浅井さんは、「時をそのままとじこめたような・・・」とおっしゃっていましたが、確かにそのように感じました。

日本の寺院で見る仏様は、人々の祈りを暖かく受け止めて、どんどん表情やお姿が変化していくような感じを受けます。
しかし、この仏様は何というか、それまでの自身の歴史をかかえたまま、その時点での姿、美しさを頂点として、ひょっとガラスケースの中に納められてしまった、というような・・・
その後長い時間、ガラスケースの中で「宝物」として見られ続けた仏たちが「こんなにじろじろ見られて、ちょっと僕困っちゃったな。」って言ってるように見えました。
(仏たちに叱られそうだ〜)
写真で見るからかもしれませんけど。^_^;

こちらの写真は、『巴里の仏像』の本にみんな載っていますので、本屋さんで見かけたら是非ご覧になって下さい。かなり斬新ですよ。
それにしても、この本・・・欲しいけど高いよう・・・(T_T)

★本日の学習★(予定)ダッシュ(走り出すさま)

「走進中国」
第6課の閲読文日訳。ちまちまと。

*ここのところさぼり気味です。すみません。中国語に関係ない勉強にのめりこんでおりました。そうこうしているうちに、教室が近づいてくる〜!ぎゃー!
posted by ぺりお at 16:01| 千葉 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 展覧会・美術展他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

『仏像〜一木にこめられた祈り』展へ行く。

顔めりめり.JPG
←宝誌和尚の顔から十一面観音様が!
エイリアンみたいだ・・


上野の東京国立博物館で昨日まで開催していた「仏像〜一木にこめられた祈り」へすべりこみで行ってまいりました。
今回の仏様たちは、みんな1本の木から彫りだされた方達です。
ポスター等を見ると、かなり変り者がたくさんいらっしゃる様子で行く前からどきどきでした。

いつもおなじみの相棒、仏&ドイツ語マニアぺり妹は渡独中なのでひとりで乗り込みました。
まあ、人気ないだろうからのーんびり見ようと思っていたのですが、会場についてびっくり!人、人、人の海です!!なぜ?????仏よ?しかも奇妙なお顔の仏ばっかりだよ?
「???」と思いながら、見仏開始です。

しかし、実に見えない。ケースの廻りに人垣が出来ていて、なかなか近づけないのです。しかたなく遠目から見る形になってしまいました。

それにしても想像以上のへんちくりん仏様達でしたよ〜。
腹がびよーんとでたおっさん体型、出っ歯、半魚人、なよなよおかま君、頭でかすぎるだろう君・・・一体どうしてこんな風貌に作ったのだろう、っていうのがわんさかと。
(もちろん、スタンダードな美しい仏様もいらっしゃったのですけど)
誰もふき出さず神妙な顔つきで見ているのがおかしくて、笑いをこらえるのが大変でした。

それでも共通しているのは、木ということもあってか、どの仏様もとても暖かい雰囲気をもっている事です。
長い歴史の中、訪れた人たちの数々の祈りや信仰の気持ちを、しっかりとそのお姿に受け止めていらっしゃるように感じました。
ひとのみ、ひとのみ仏師が彫り上げたのみの跡や、虫に食われたのでしょうか、ぼろぼろになった台座や足元、つるつるになった衣装のひだなどを見ていると、自然に手が合わさってしまいます。
ああ〜、確かにここにいらっしゃる仏様はみんな魂がかよっているなあ〜と。

いつになく、心がほかほかと温まる展覧会でした。
間に合ってよかった〜。(^_^)
納豆キューピー♪.JPG
←友人からこんな写真が!「納豆キューピー」
上のめりめり仏と共通の匂いが・・・・


★本日の学習★(予定)かわいい

「ラジオ講座(応用編)」
・17課。ピンイン→中国語文へ。2度目です。どんどん単語が増えていく〜!
金曜日は途中で寝てしまい、土曜日は「宇宙戦艦ヤマト完結編」を見ているうちに聞き忘れ。
もう、ずるして12月分のCDを購入しました。

*今、来年に向けて今後の学習法を考え中です。来年は2級受けようかと考えはじめました。
このままじゃちょっとね〜^_^;

posted by ぺりお at 11:20| 千葉 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 展覧会・美術展他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

化け物の文化誌展へ

化け物の文化誌.JPG
←『化け物の文化誌展』
 期間:10月17日−11月12日
 場所:国立科学博物館


先週の金曜日、念願の『化け物の文化誌展』に行ってきました!
連れはもちろん化け物マニアぺり妹です。

会社帰り上野駅で待ち合わせ、はやる気持ちを抑えつつ真っ暗な上野公園を博物館へと向かいました。

今、科学博物館では併設で「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」もやっているのですが、「やはりカッパと天狗のミイラを見ない事にははじまらん。」って事で、エジプトには目もくれず化け物へまっしぐら。(ちなみに化け物展は常設展料金500円で見られます)
会場内に入るなり、カッパです!
カッパのモデル、カッパの絵、カッパのミイラ、カッパの手・・・・
それは、私が想像してた青くてつるんとした可愛らしいカッパではなくて、爬虫類系のぶちぶちだらけの不気味な姿ばかり。
絵なんて、ふざけて描いただろう?というようなホラー漫画チックなカッパ!
カッパはエイリアンだ、という説があるけれど本当かもしれない、と思われる風貌でした。

カッパの隣には人魚のミイラがありました。
頭部が2つあり、猿のような手と鯉のようなひれがついていてまさに人魚ですよ。
しかし!その日まで私は全然知らなかったのですが、これは作り物だったんですね〜。(カッパも天狗も)
人魚のミイラX線.JPG
ほら!こんなX線なんてあてられて調査されちゃって・・・^_^;
実は頭部は張子、口は魚、胴体は不明、下半身はシュロのような木質にコイのような魚の鱗とひれを貼り付けた物だそうです。しかも、針金で固定されてるし。ちなみに天狗は猫だって。
ああ・・ショック。せっかく本物だと思ってたのに。
ぺり妹には「当たり前だろう。」と冷たく言われてしまうし。ああ・・
傷心気味に別の所へ回ると、今度は本草綱目等の文献がいっぱい。
もう、ミイラシリーズが終わると、化け物というよりも科学コーナーの雰囲気です。

そうそう、妖怪屏風がありました。
これは作品なのか、展覧会用のオブジェなのかよくわかりませんでしたが、妖怪図のコピーを適当にいろいろ張り合わせてあり、いろいろな画家の妖怪を見ることができました。
その中に、名前は知らないけどものすごーくデフォルメ&いい加減&落書き風&ぷっすまの草なぎ君風の絵がシリーズであって、あまりのひどさに2人で笑い転げました。私でもかけそうだったなあ〜。

第2会場は「化け物の進化」という事で、文献ばかりでした。
井上円了、柳田國男、南方熊楠、寺田寅彦等。
ちょっとトーンダウンかな。
ぺり妹は寺田寅彦を見て「学天則!学天則!」って騒ぐし。
いやいや、きみは「帝都物語」の見過ぎですから。^_^;

ミイラ軍団で笑わせてもらい、すっかり満足して会場を後にしました。
その後、お決まりのコースでミュージアムショップへ。
ここも何だか独特でしたよ。
科学博物館だけあって、骸骨とか宇宙食とか石とかどくろ模型とかミイラの本とかいろいろいろいろ・・・・少しだけお勧めします。

次回は範囲を広げて『世界の化け物誌展』に期待します♪

★本日の学習★pandaani258.gif

「中国語教室」
・「走進中国」第4課の本文と文法。例文作り。
・残りあと1回。ちょうど中国のさまざまな料理の特色の課なので楽しみ。

「ラジオ中国語講座(応用編)」
・金土の分をまとめ聞き。
 本文単語調べ、ピンインから中国語文(1課分しかできなかった)
・日本語訳は来週から挑戦する予定。

*教室の帰り、久々にカフェ勉しました!やっぱり集中できますね〜。
posted by ぺりお at 19:25| 千葉 ☁| Comment(15) | TrackBack(1) | 展覧会・美術展他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

秋らしい過ごし方

先週から、めっきり秋めいてきて気持ちのいい季節になりました。
猫の病気もひとまず落ち着き、先週の試験も合格し、ようやく穏やか(?)な生活に戻っております。
秋は、何をするのにもいい季節です。
新しい事を始めるのによし、食べるのによし、運動するのによし、芸術鑑賞もよし。

【芸術編】
花と果物.bmp
先週の金曜日、仕事帰りに上野の国立西洋美術館で「ベルギー王立美術館展」をみてきました。
ブリューゲルをはじめ、ルーベンス、アンソール、デルボー、クノップフ、マグリット等錚々たる方々の絵が一堂に会しています。

何百年も前の物なのに、絵の具の香りが漂ってきそうな迫力で圧倒されます。
豊かな色彩の油絵に囲まれて、全身たっぷりと美しい色を塗りこめられたような気持ちになりました。
本物の絵という物は、かなり強力なパワーを注ぎ込んでくれますね。
来週からは、お隣の上野の森美術館で「ダリ展」が開催されるので、こちらも要チェックなのです。


【食べる編】
ぶどう到来!.JPG
農家の親戚から、美味しそうな葡萄がたくさん届きました!
感謝しつつ、毎日せっせと食べています。
巨峰の種無しバージョンがあってびっくり。



【勉学編】
今日、NHKラジオ講座10月分のテキストを買いました。
今度の応用編は「現代小説を読む」です。
会話とは違う勉強ができそうでわくわくします。
そしてそして、アジア語楽紀行は、待ちに待った「旅するトルコ語」!
テキストのカラーページを見てるだけでも楽しいです。
ああ〜甘〜いロクムが食べたい。(^^)
中国語検定試験は受けるかどうか考え中ですが、過去問題は文法の整理という意味でやってみようと思います。

【趣味編】
モチーフ.JPG
この秋冬は編み物をするぞー!
かぎ針でモチーフのマフラーを作ってみようと思ってます。
←一応、こんな感じの色違いになるはずですが。。。



涼しくなったので、いろいろとやりたい事が浮かんできます。
暑すぎてやる気のおきなかった部屋の片付けもしなくちゃ。
昨日は久しぶりに花を買いました。(^^)

★本日の学習★かわいい

「中国語教室」
・「走進中国」第2課の閲読文。
・チャイナ服についてのフリートーク。来週は、和服の特徴について説明しなくては。
・今日はフリートークが1時間で、かなり辛かった・・・^_^;

「ラジオ中国語応用編」
・練習問題と例文チェック。

「走進中国」
・ノートにまとめようと思うのだけど、いまひとつまとめ方がわからず、悩み中。やはりバインダー形式の方があとではさみこめるからいいのかも。
posted by ぺりお at 15:21| 千葉 ☁| Comment(22) | TrackBack(0) | 展覧会・美術展他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

若冲と江戸絵画展を見る

長沢芦雪.jpg
←長沢芦雪画『幽霊図』
乱れた髪をかきあげる手がこの世の物ではありませんね・・・


金曜日に、上野の東京国立博物館で開催されている『若冲と江戸絵画展』へ行って参りました。
ちょうどその日落雷のせいで電車が止まってしまい上野に足止めだったし、「幽霊画」があるという情報を入手したので、それも見たいなあ、と思って。


館内は、適度ににぎわっていました。金曜の夜だけあって、会社帰り風の人がほとんどです。

101点の絵は、「正統派」「京都の画家」「エキセントリック(←もちろんこれが若冲)」「江戸の画家」「江戸琳派」と5つのコーナーにわけられていて、非常に見やすかったです。

猛虎図(若冲).jpg
←伊藤若冲画『猛虎図』

若冲の現代にも通じる、イラストチックな動物達が面白くて、しっかりと目に焼きつけてまいりました。

最後の「江戸琳派」のコーナーは、ほとんど屏風でしたが、この展示方法が変わっていました。
屏風はガラスケースに入っていません。館内の照明はほとんど落とされていて、屏風の部分のみ、自然の光が徐々に変化していくような照明があてられています。
見ていると、和室に置かれた屏風の前に1日坐っているような奇妙な錯覚に陥りました。朝日が昇り、午前の明るい光、午後のややけだるい光、夕暮れ時のもの悲しい光があたっているように・・

そして、そこに幽霊画が!
↑の絵とは別の、もっともっと怨みと悲しみにみちた恐ろしい顔の1枚がひっそりと展示されていましたよ・・(直視したくありませーん)
そこの光も明→暗、暗→明と変化していて、不気味さを倍増しておりました。暗くなった時の絵の凄まじさといったら!さすがの私も、家には置いておきたくないと思ってしまうほどです。^_^;

この展覧会、8月下旬までやっているそうなので、もう1度行って見たい、と思いました。9月からは京都国立近代美術館に行くそうです。

みなさまもぜひぜひ。おすすめですよ〜。

★本日の学習★かわいいかわいい 

「教室」
・なぜ夏が嫌いかについてのフリートーク。
 ごきぶりについての話がとても盛り上がる。
・20課の会話。中→日→中、お互いに翻訳。参考文。
 20課(最終課)は、やたらと成語がでてきた。
 ざっと数えて12個。うう〜

*2週間ぶりの授業でした。さぼってたツケがでて、フリートークはしどろもどろ。優秀な同学たちの話を感心しながら聞いてました。話すときは落ち着いて、よく考えれば平易な言葉でもきちんと通じるんだな〜と。
posted by ぺりお at 22:56| 千葉 ☁| Comment(14) | TrackBack(1) | 展覧会・美術展他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

最澄と天台の国宝

仏像鑑賞する姉妹.jpg
先週の土曜日に、上野国立博物館で開催されている「天台宗開宗1200年記念 特別展 最澄と天台の国宝」に行ってきました。
こういうほとけ関係のイベントにはいつも一緒に行く妹と、上野で待ち合わせたのですが、ちょうどその日はお花見日和。想像を越えた人出でした。びっくり。

今回の展覧会はとにかくすごいですよ!
国宝級や重要文化財のオンパレード。そして、普段見ることの出来ない秘仏達も集合しているのです。

最初のコーナーは、坐像画や巻物がいっぱい。
何かの目録などは、結構普通の字で(字のわきに赤でメモ書きもあったりする)、昔も事務員の人は頑張って働いていたのね、と感心。
お経で、一文字ごとに、繊細な蓮の花が色付きで描かれていたのには、あきれつつも感動しました。何て楽しそうな仕事なんだろう〜。もう、こうなると芸術品ですね。

そして、仏像たち大集合の部屋へ!
四天王4人組や、千手観音、上野寛永寺の秘仏トリオ、不動明王、その他その他・・・
こんなに集めちゃって、夜中なんて大騒ぎなんだろうなあ、と想像してしまいました。
しかし、こう多いと、ありがたさというよりも、オールスター戦のような様相です。
もう濃いのが多すぎて、何が何だか、誰が誰やら。

妹など、千手観音の裏にむりやり入り込んで、「うわあ〜!こうなると昆虫だな。」とか(確かに腕の付け根は昆虫っぽくて不気味)、「これは赤木春恵だ」とか、「これはうそ臭いぞ」とかぶつぶつ言ってるし・・^_^;

他に、曼荼羅や六道絵などがあり、そちらも興味深いものでした。
特に、法華経曼荼羅は部屋のカーペットにしたいようなシックな色合いで、よく見ると細かく仏や動物が描かれていて見飽きません。素敵すぎます!

この展覧会は、前期と後期で作品が変わるそうなので、後期、もう1度行ってゆっくり見たいと思います。次回は予習していこうっと。

桜と、仏を堪能した1日でありました。(^_^)

blogランキング参加中です。南無!とクリックお願いいたします♪pandaani227.gif

★本日の学習★

「新中国語」
宿題!今週は残業つづき・・・昨日も11時まで残業でした。(>_<)
でも、言い訳はしません。時間を見つけて何とか宿題だけはやっていこうと思います。

「ラジオ講座」
今日は聴ける時間に帰るのだ!

「chinesepod(中級3,4)」
ちょっと難しくなってきました。書き取りとシャドウイング。

「中国語作文」
ネットでお知りあいになった方と日中相互学習をする事になりました♪(謝謝〜)
中文メールがんばります。(^_^)
posted by ぺりお at 15:06| 千葉 ☀| Comment(23) | TrackBack(1) | 展覧会・美術展他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

多彩中華♪

050518_03.jpg
今日は朝から、“丸ビルへ行くぞ!”と思っていました。

なぜだか、自分でも全然わからないのですが、とにかく丸ビルへ行くのだ、と思ったのです。退社後、早速丸ビルへ。

ブラブラと雑貨を見たり、洋服の値段を見て気を失いそうになったり、中国茶店をのぞいたりしていると、何だか入り口のあたりで人だかりがしています。行って見ると、ステージができていて、「多彩中華」という看板がたっているではないですか!
どうやら、今から中国民族衣装のファッションショーが行われるらしいのです。
どさくさまぎれに、最前列へ進んだとき、ショーが始まりました。

おびただしい鮮やかな色彩と、光と、民族音楽とではじめから圧倒されてしまいました。
ショーは7部構成で、それぞれ、ミャオ族、モンゴル族、ウィグル族、タイ族、ジンポー族、朝鮮族、チベット族の衣装を着たモデルが、各部族の音楽をバックに、民族舞踊をまじえながら舞台を歩くのです。

モデルは全員中国の人で、うそのように美しく、りりしく、そして細かった!(@_@)

モンゴル族の部の時、私ははたと気がつきました。

今日丸ビルに呼ばれたのは、これを見るためだと。このモンゴル族の衣装は、絶対昔着たことがある!音楽も知っている!きっと遠い昔、モンゴル族だったことがあるのだ、と。(激しい妄想)
だって、いろいろな人に、「ぺりおさんは中国東北部のうまれっぽいよねー」とか「遊牧民族だったんじゃなーい?」って言われるし。そういう事にしておこう。

今日は、思いがけず嬉しい時間を過ごす事ができました。

★本日の学習★

・「朗読中国語」第2課の3 ・・・今日から新しいエッセイ。
・小説をちまちま読む ・・・電車で読んでいると、中国人と思われる時があります。ね、みいたろう!
・これからNHK中国語講座のTVを見る ・・・Kマンチェック!
・いろいろ思ったことを中国語でぶつぶつ言う ・・・駅から家までの暗い道で。

*後で調べたら、このファッションショーは以前フランスで行われて、シラク大統領も絶賛したそうです。日本では今日1日限り。非常に幸運でした!


★どうかクリックでバシッと気合を入れて下さいませ(^^ゞaicon_welcome03.gif
posted by ぺりお at 00:01| 千葉 | Comment(13) | TrackBack(0) | 展覧会・美術展他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。