2005年11月26日

忠臣蔵検定だって〜

夜討.gif
←「忠臣蔵十一段目 夜討之図」
実際は、雪は降っておらず晴れでした。


夕方のニュースを見ていたら、「忠臣蔵検定」という試験の特集をしていました。
何でも、中央義士会という団体が主催していて、“日本の精神的文化の財産である元禄赤穂事件の史実を広める”事が目的だそうです。

これはこれは。忠臣蔵好きな私には願ってもない試験ではありませんか。

50問中、40問正解で2級の資格がもらえるそうです。
2級合格後、中央義士会に入会すれば1級受験の資格がもらえ、それに合格すれば「忠臣蔵博士」として、忠臣蔵ツアーガイドや講師ができるそう。^_^;

うーん、魅力的だ。歴史検定も魅力だけど、忠臣蔵に特化しているってとこが、またマニアックで素敵です。
番組で紹介していた例題2問、ばっちりできたし。
申し込みは今月末まで、試験は来月18日。

ネックは検定料が1万円もすること!!

高い・・・これは、来年に持ち越して、自分へのクリスマスプレゼントとして受けてみるか、と考えてしまいました。

ご興味のあるかたはこちらをどうぞ!

ちなみに、例題です。

@松の廊下の事件は何時に起こったのか?

A( )に正しい言葉をいれよ。(浅野内匠頭の辞世の句)
 風さそう(   )我はまた 春の名残をいかにとかせん

【答え】

@午前11時
A花よりもなお

blogランキング参加してます。クリックしてくださると嬉しいです。pandaani197[1].gif

★本日の学習★

・明日の教室に備えて予習・宿題
    ・・・ 把構文が続いています。今回は結果補語の入る構文。
        こういうのは、例文をいっぱい読んで慣れるしかないのですね。
・ヒアリング問題 
    ・・・ 冷静に聞けば簡単な文でも、あせりと緊張で聞き取れなかったりします。
        困った困った。

*明日は中国語検定の日ですね。受ける皆さん、頑張って下さい。今回私は受けませんが、来年は?たゆまぬ努力が必要ですね。^_^;

posted by ぺりお at 18:48| 千葉 | Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1万円は高いですがガイドさんや日本語教師の方は
合格をするといいキャリアになりますよね。
外国で話をすると「おおお」と驚かれそうですね。

かつて、ゴルゴはアメリカ人に歌舞伎について
聞かれて沈黙をしたことがあります。
日本人としてどうかと思いました。
芸人としてはおいしいですが。
Posted by ゴルゴなおきち at 2005年11月26日 23:11
べりおさん〜
最近、なんかちょっとべりおさんのイメージが
「天然」キャラになってきました。私の中で・・・

どこでそんなネタを仕入れてくるんでしょうか(笑

忠臣蔵が好きとは・・・! 

不思議ちゃんだぁ。。。
Posted by 妖艶行政書士 at 2005年11月26日 23:17
>>ゴルゴさま

外国の方は、日本の文化についてかなり興味をもっていますよね。
あああ・・私はそちら方面ではかなりマニアですけど、語学力がっ!(>_<)
歌舞伎や能や歴史や禅なんかについて日本語で語るので、ゴルゴさん、外国人に英訳して下さいな。よろしく〜♪
Posted by ぺりお at 2005年11月27日 00:23
>>妖艶様

わたくし、社会に出てから気がつきました。
なぜ、50代のおっさんが親しくしてくれるかに。

それは、私の趣味の向く方向がおっさん達と一緒だったからです。
↑の忠臣蔵しかり、戦国時代しかり、幕末しかり。
時代小説に、ちょっとエロがかった忍者物、司馬遼太郎、鬼平、プロ野球・・・

(>_<)(>_<)(>_<)

しっとりとした大人の女性になりたかったのに〜!
Posted by ぺりお at 2005年11月27日 00:26
面白い検定があるんですね!
忠臣蔵というと、私の中では「浅野=風間杜夫、吉良=森繁久弥」です。完全にテレビの受け売りですね(^^;)でもこの時大石内蔵助役が誰だったか思い出せない・・・
もっと気軽に受けられる料金だったらよいのに〜。(いえ、私はとても受けられる知識はありませんが)

私だったらどんなマニアック検定を受けたいかなぁ…
源氏物語検定、ドラえもん検定、オリンピック検定…こんなのがあったら飛びついちゃうかもです♪
Posted by みんみん at 2005年11月27日 01:52
わたしは京都検定をまじめに狙ってます!
実は京都には指折り数えるほどしか行ったことがないんですけどね。
近くに住んでたおじさんは一度も行ったことのないパリの街路に精通してました。そういうのもいいな、なんて。
Posted by rainer at 2005年11月27日 05:55
>>みんみんさま

あ!それは!
日本テレビ年末時代劇(17年くらい前の)ですね。
大石内蔵助は里見浩太郎です。
このシリーズ、白虎隊、五稜郭、田原坂、奇兵隊・・と何年か続いてましたよねー。私は「忠臣蔵」少なくとも100回は見ましたよ。^_^; あまりにのめりこみすぎて、セリフは覚えるわ、テープはぐにょぐにょになるわ、すごい事になってます。よく大学の先輩と、討ち入りの際の清水一学ごっこをやりました。^_^;
今も、時々見ては涙してますよ。(何てあほあほなんでしょう・・)
源氏物語検定あったら受けたいなー。もしかしてもうあったりして。
ドラエモンにオリンピック・・みんみんさんもかなりなマニアックですね♪
Posted by ぺりお at 2005年11月27日 06:29
>>rainerさま

京都検定魅力的ですね。前に問題をちらっと本屋さんで見ましたが、かなり難しかったです。もし、受けられたら状況など教えて下さいませ。

そのおじさま、素敵ですね〜。
私は海外に行ったことがないので、そういうのにすごくあこがれます。いざ、行った時、誰よりも詳しいなんてかっこいいですもんね。
よし。私もしっかり勉強して、北京の胡同(フートン)ばっちり、言葉もばっちりな人になろうっと。(^^)
Posted by ぺりお at 2005年11月27日 06:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。