2007年05月16日

弓道場へ乗り込む

正澄のカケ.JPG
←22年たってもまだまだ現役の「正澄」の四つがけ。家宝か?

正直に白状すると、家にいるといつも猫の事を思い出して泣いたり、呆けたりしている毎日です。

自分ではそんなキャラではないと思っていたのに、年をとったせいでしょうか?たまに冷静な自分に戻って驚きあきれています。
これじゃ老け込むと思い、何かやらねば、と考えました。

中国語じゃ気分転換にならないし、ここはやはり体を動かす事が一番でしょう。
しかし、運動って?
ヨガや太極拳なんかをやってみたいけど、新しい事を一から習う気力がないしなあ〜、と思っていたところ、「おお!私には弓があるではないか!」とひらめきました。
大学時代に4年間、卒業後は明治神宮や地元の道場にせっせと稽古に通っていた事があるのです。かつての栄光だけど、四段までとったんだったよ・・・^^;

そこで、通勤沿線の道場を軒並み調べたら、ちょうど東京武道館で合同稽古が開催されていました。
何でも、当日申し込みOK、初心者経験者関係なし、道具は貸してもらえる、しかも500円、というすばらしい条件。
早速、昨日袴と稽古着とカケ(右手にはめる手袋状の道具)だけもって行ってきました。

足袋をはき、袴をはくと途端に弓道部モード。
やっぱりこの姿が一番本来の自分に戻れる気がするぞ・・
初めてなので、近くの人に着付けや(昔は袴の紐は横で結んだけど、今は紐は外に出さない)道場出入りの作法を教わり、緊張しつつ練習に入りました。
実に9年ぶりの弓です。
弱めの弓を選び、巻き藁(たわらのような形の練習用の道具)でひきました。
うわー、この感触!懐かしくて倒れそう。
先生が丁寧に指導してくださり、どんどん勘も戻ってきました。
意外にも9年間のブランクは感じなくて我ながらびっくりです。

「的前でひきなさい」と言われましたが、どうも気後れしたのと、足さばきの所作に自信がなく(みんな日本舞踊のように美しいのだ)、今回は巻き藁練習のみにしておきました。

最後の礼をし、道場を出た時には心身共にすっきり!
2時間、全く猫の事も思い出さず。
やはり体を動かす事は心も整えるのだな、と思われました。

来週も行ってこようと思います。
今度は自分の弓を持っていかなくては。(^_^)
(しかし、どうやってラッシュに巻き込まれないよう朝、弓をもって出社すればいいのだろう・・・始発か?)

★本日の学習★kyudo-w.gifmakiwara2.gif

「HSK問題集」
・またもや教室で宿題が出されているのです。プリント2枚分。

「ラジオ中国語(入門編)」
・さらっと聞き流します。京劇風のセリフが聞ければ大満足。

「TV中国語講座」
・もう見ないよ、といいつつ、朝再放送をやっていたので思わず見てしまった。
posted by ぺりお at 20:41| 千葉 | Comment(19) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい行動力、それに4段なんだね。
大先輩ダー。
私なんて、自分が何段なのか忘れてる。
確か、大学で2段を受けて。。。
受かったのか、落ちたのか、覚えてないよ。
こういう場合はもし次に受けるときはどう申請するのだろうね。
いやいや、それ以前に私が次に弓を引くのはあるんだろうか。
この弓道場もすごいね。
500円でほぼ手ぶらで指導までしてくれるなんて。
私もとりあえず検索だけしてみよ。
でも、近所のママさんで弓道してましたって人一人だけいるんだよ。
Posted by EKO at 2007年05月16日 21:28
得意なことがあるっていいですよね〜。
特に体を動かすのは健康にもいいですし。
体で覚えていることは、すぐに勘も戻るんですね。

私はジムに週に1回通っております。
まだまだ、何もしていないに等しいですが
ここで筋力をUPして、お笑いライブでは
「なんでやねん!」とすごいツッコミを
いれて、ボケ役の人を病院送りにするのが夢です。
中山きんに君のように、体育会系芸人になります。
Posted by ゴルゴなおきち at 2007年05月16日 22:39
おぉ!凛々しいぺりおさんが目に浮かぶようです。
弓道は昔から心の何処かで憧れる姿です。形です。理想の錬技です。
しかし、私の田舎では、おいそれとは無い!のだと思ってしまうほど、聞いたことがありませんね。残念!!
私の同級生が50の手習いで始めたアーチェリーをやっていますが、作法、服装その他で弓道とは似て非なるもの。個人的には、私は弓道に憧れるのです。実際を見たこともありません。一度観たいと思っています。
話は変わりますが、ぺりおさんがホーラーDVDが趣味とは想像もできませんでしたよ(笑)。私はまったくその手は観ません、『夜怖いから・・・』貞子は聞いただけでも駄目です(爆)
Posted by Taku at 2007年05月17日 10:07
あこがれちゃいます。格好いいなあ…うっとり。ぜひ続けてください。
でも千葉からの満員電車にあれを持ちこんで出勤?それはとても大変そうですね。

(最近テンション落ちまくりのわたし。見習って気分転換したいけど、自分には得意なことが何もないぞ…)
Posted by rororo at 2007年05月18日 10:37
弓道素敵ですね。私も憧れます。
すらっとした袴姿のぺりおさんを(勝手に)想像しちゃいます。
袴ってなんだか身が引き締まりますよね。
汗を流して無心になる…ほんと心身の鍛練になりそう。
来週も頑張ってきてください!なんだか急に素振りがしたくなってきました(笑

(同じくテンション下がりまくりです。中国語だけでなく色々…何ヶ月も浮上できずにもがいております・・・ああ情けない~_~;)
Posted by みんみん at 2007年05月18日 21:19
ぺりおが道場出入りを教わるんだよね?
Posted by BlogPetの梵天丸 at 2007年05月19日 11:06
>>EKOちゃん
われながらものすごい行動力だな、と思いながら行ってきたよ〜。
やっぱり、私は弓をひいてる時が一番自分らしいと思った。
おかげで右二の腕が筋肉痛・・・ああ、また太くなる・・・

EKOちゃんは確か二段は合格してたよ。
三段受けるかどうか、って先輩と相談していたような記憶がうっすらと・・・
段位記録って、連盟に連絡するとくれるみたい。
私が行ったところは、証明書がないと普通の稽古はできないみたいなので、今度連絡してみようと思ってるの。

EKOちゃんの射は、全然くせがなくて美しかったよね。
是非機会があったら道場へ!経験者のママ友と一緒に♪
矢取りダッシュとかなつかしいでしょ?
Posted by ぺりお at 2007年05月19日 21:00
>>ゴルゴさま
ジム通い続いてるのね。
少しずつでも、体が改造されていくのって気持ちいいよね〜。

ううーん、ゴルゴさんはツッコミ役よりも、ぼこぼこにされても亡霊のように立ち直るボケ役の方が似合うんだけどなあ。
なんなら、私がツッコミ役になるよ〜♪バチン、ドカッとね。
(^◇^)
Posted by ぺりお at 2007年05月19日 21:03
>>Takuさま
弓道は年齢に関係なくできる武道のひとつなので、機会がありましたら是非見学なさってみて下さい。
どこの県でも各市にひとつ武道場があるはずなので、しつこく探したらあるかもしれません。(^_^)
武道はひとつひとつの所作が皆「禅」と言われるので、小さな動きでもきちんと心をこめて行うのが大事だそうです。
それこそ、靴の揃え方とか、道具の扱い方とか。
まさに「弓禅一味」ですね。
なーんて言いながら、がさつに動き回って叱られているわたくしです。

ホラーは、好きなのですが最近いいのがなくて。
あ、貞子の物真似は得意です。ふふふ。
Posted by ぺりお at 2007年05月19日 21:09
>rororoさま
今度は頑張って続けたいなあ、と思ってます。
やはり袴をはくと、本来の自分に戻れる気がします。(ガオー)
弓をもって通勤・・・
1時間半くらい前に家をでて、会社のロッカーにこっそり隠し、始業時間までスタバで勉強、ですね。
会社の人に、一揆を起こすのか!って思われたらどうしよう・・

テンション落ちまくりなのですね。
それは仕事が山盛りだから仕方ありませんよ。
そういう時は、美味しい食事(マクロビ系でがんばるのだ)、楽しい会話、気持ちいい睡眠、良い音楽、ホラー映画(あっ、それは私か)などがおすすめです。
あまり無理に運動しても、余計疲れちゃうかもですし。
お互い頑張りましょう。
Posted by ぺりお at 2007年05月19日 21:13
>>みんみんさま
袴は気持ちいいです〜。
おっしゃるとおり身も心も引き締まる感じがしますね。
私はへたれなので、汗をかくまでは練習しませんでしたが、これからの季節は、さぼっていてもいっぱい汗がかけそうです。^^;
袴もそうですが、武道場のあの独特な雰囲気もいい刺激になりますね。剣道の声とか、竹刀の音なども聞こえてきて。

テンションが落ちまくっている時って、きっと本人のバージョンアップの時なんだと思います。
さなぎの中にこもり中〜って感じでしょうか。
もう少ししたら、メリメリとさなぎから出て「ダーン」と新生みんみんさん登場!になりますよ。(^^)/

そうそう、気分転換にぜひぜひ素振りをしてみましょうよ。
剣道具店で、1本竹刀を買ってみるのもおもしろいかもしれませんよ。今はグラスファイバー竹刀もあるみたいです。(^_^)


Posted by ぺりお at 2007年05月19日 21:20
格好良いですね。何年経っても感が戻るというのもすごいです。袴姿で真剣集中で矢を射る、ちょっとおでこの長いぺり姐様は心身共にリフレッシュ!

ワタクシは、大昔に少しだけ空手を習っていました。
Posted by gilko at 2007年05月20日 18:59
>>gilkoさま
ええ・・おでこがちょっと邪魔で・・・^^;
学生時代「弓の事以外何も考えてなかった」っていう24時間弓モードな時期がかなりあって、そのせいですぐ勘が戻るのだと思います。(一体なんのために大学へ?って感じですわ)

gi〜lu〜ko〜さま〜〜!
空手ですか!すばらしいじゃないですか!
もう今はやらないのでしょうか?
空手とか、太極拳とか、少林寺拳法とか、合気道とか素でで闘える(あ、失礼)武道にすごくあこがれます♪
Posted by ぺりお at 2007年05月20日 19:33
ふ〜む。近頃の武道は、何かから逃げるための物なのだろうか?。なにか困難なことから逃げて忘れるのが武道の道なのだろうか?
 心を無にしてワザに打ち込むというのは、何かから逃げるのではなくて、立ちはだかるものに対して、臆せず、冷静に立ち向かい、結果を恐れず真摯に立ち向かうことではないだろうか?
 な〜んて、ちぃと青臭すぎたかな?
 
Posted by 630叔叔 at 2007年05月21日 23:51
〉〉叔叔さま
私は、武道に理論はいらないと考えています。
何かから逃げようと思っていたり、当てようと思っていたりしててもいいんです。
ただ弓をひいてきて離すだけです。
あるがままひたすらひけばいいのだと思っています。
いつか心技体、自ずから満ちて、空を諦観する時もあるでしょう。そんな風に思います。
Posted by ぺりお at 2007年05月22日 01:11
弓道かっこいい〜っ!!
集中するし、雑念が無くなって心が洗われそうですね。
そうゆうカッコいい趣味が出来るのは羨ましいです。
Posted by しみじみ at 2007年05月22日 16:57
>>しみじみさま
弓道って見た目はすっごくかっこいいのですけど、中身は結構怪しいです。(特に夏場)

確かに集中力がつくし、雑念が全くなくなる瞬間もありますね〜。
でも、その集中力が薄れてくると、「おなかすいた」とか「まだ終了時間じゃないのか」とか「あの人の髪型が不思議ちゃんだ」とかいろいろ考えちゃいます。^_^;
Posted by ぺりお at 2007年05月24日 14:48
「同性愛」は カラフルフルーツ イラクの民間人犠牲者 アルジャジーラが報じた 月は オーストラリア バーバラ 画面上へ 野いちご 人だった
Posted by 月に最悪記録と at 2007年05月25日 14:03
ぺりおが道場出入りを教わるんだね♪
Posted by BlogPetの梵天丸 at 2007年05月27日 10:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

大阪十三のメンズエステ「癒し家」
Excerpt: 清楚な癒し系娘の本格的なオイルマッサージエステ。
Weblog: 大阪十三のメンズエステ「癒し家」
Tracked: 2014-05-24 17:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。