2007年03月25日

『雨衣』を読む

雨衣.JPG
←『雨衣』蔡智恒
最近の中国の本はデザインが良くなってきて、並べておくだけでも嬉しい。


今、読んでいる本を紹介します。
蔡智恒の『雨衣』。著者は台湾人。
1998年に第1作目『第一次親密接触』がネット小説から出版され、台湾・中国の若者の間で大ブームになっているみたいです。

何気なく立ち寄った本屋さんで見かけて、読みやすそうだったので買ってみたのですが、どっぷりはまりました。^^;

舞台は台南。内容が大学生活という現代であり、会話が多く、ひねった文章もないのでサラサラと気持ちよく読んでいけます。
それに、何と言うんだろう?淡々とシンプルな言葉が続いているにもかかわらず、文章の向こうにたっぷり潤い感があるんです。
作者が丁寧に言葉を選んでいるんだろうなあと思わせます。
何だか、単館上映のキラリと上質な映画を見ているような気持ち。

まだ読んでいる途中ですが、日本に対してあまり良くないイメージを持つ主人公が、日本からきた美しい女子留学生と相互学習をする事になり、だんだん心ひかれていって・・・という展開になってます。盛り上がってきてますよ〜♪

歴史おたくの学生仲間たちの会話が、私の大学時代の仲間との会話とリンクしてかなり笑えました。(国や年代が変わっても歴史学科の人って同類なんだな、と)
何だか過ぎ去りしあの頃を思い出させてくれて、せつない気持ちになったりしております。

読み方ですが、外出先ではわからない単語、表現等はさっさと読み飛ばし、家に帰ってからじっくり辞書で調べます。
本だから書き込みはいかがなものか?と思ったけど、「えいっ」と意味やピンインなんかを書きこんじゃいました。
こうやってじっくり調べてみると、まちがえて覚えていた単語や、「ほう」と思う文法などが確認できて面白いですね。
何度も出てくるこの作者独特の表現とか。
この精読時間、かなり楽しんでます。(^^)

この本は短編集で、あと7つもあります。
このペースだとかなり時間がかかりそうですが、少しずつ楽しみながら読んでいきたいと思います。
★本日の学習★modoshi-w.gif

「中国語教室」
「走進中国」第8課の文法。
重要語句を使って、例文発表。脳を使いますな。
家に帰ってから授業の復習。

「起きてから寝るまで〜」
10日目を読む。

「中国語読書」
『雨衣』精読3ページ。

*土曜日に『語楽紀行』タイ語を一挙再放送していたので見てしまいました。重要フレーズの時、字幕の下に声調の図が出ていてわかりやすかった。広東語やハングルでもそうしてくれれば良かったのになー。ハングル語、月曜日の再放送を見れば「都看完了!」です。全部見たの初めてだー。
posted by ぺりお at 21:53| 千葉 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぺりおさ〜ん。とってもお久しぶりです。

勉強&お仕事&趣味、以前にもまして手広くやってらっしゃるんですね!素敵★

やっとネット復帰できそうな環境になりました。
浦島太郎のようになっているので、ぼちぼちブログをさかのぼって読ませていただきますねぇ(^^)。

入院中、隣のベッドの人が中国人で、帝王切開してくれたのも中国人女医で、2ヶ月ほど、中華三昧でしたよん。初めて中国語シャワーの中に身をおきましたが、いい響きですねえ。

なので、むすこ2人にもちょっと中国っぽい名前をつけました。えへ。
Posted by ようえん at 2007年03月26日 08:16
>>妖艶さま
妖艶さま〜、お久しぶりです!!
そしておめでとうございます!!
お元気かしら?と気になってましたが、妖艶なママになっていらしたのですね。(^^)

ちょっと不思議な話ですが、おととしの暮れか、去年のお正月頃、妖艶さまと夢の中で話をしてたんです。
そして、私が妖艶さまに「もうすぐ双子の男の子がうまれるから大丈夫だよ〜」って言ってたの。
びっくりよー!夢占い師ぺりおに職がえしようかしら。ふふふ。

中国風名前、気になります。今度こっそり教えてくださいませ。
それにしても、鉄道っぽい名前じゃなくてよかった、よかった・・・

お忙しいでしょうけど、無理をなさらずにね。また機会があったらお会いしましょう♪
Posted by ぺりお at 2007年03月26日 16:15
なる〜〜。そういう本でしたか。これはリストにあげておかないといけないなり。早速注文するでやんす!感謝ペちゃま!
Posted by にゃぁあ at 2007年03月27日 20:47
>>にゃぁあ老師さま
そういう本なんですよ〜。
私の読解力はにゃぁあ老師さまの足元の足元くらいなので、いろいろ誤解して読んでいる部分も多いと思いますけど、なかなか気持ちの良い本です。
(餃子みたいに、気持ち悪い&スカスカしたイメージはないです)

中国語の小説って、読み始めるととまらなくなりますねー。
私の今年の最大の目標は「兄弟」なんですけど、あのボリュームにくらくら・・・^_^;
Posted by ぺりお at 2007年03月28日 09:56
こんにちは。最近仕事が忙しくて、ドラマ以外はちょっと中国語から遠のいています。(会社のネットからブログにつなげなくなったせいもあり。。。)
「雨衣」ちょうど一年くらい前にネットで見つけて、プリントアウトして読んでたんですが、そのままになってます。。他にも買った本がたまってるけど、このプリントから読み直そうかな。

Posted by キャロルノン at 2007年03月29日 20:50
>>キャロルノンさま
さすが、キャロルノンさんです♪
前にキャロルノンさんのブログで小説をプリントアウトした話を拝見しましたが、「雨衣」もあったのですね。

この本の前に、ちょっと気持ち悪い嫌な小説を読んでいたので、余計にすがすがしく気持ちよく読んでいます。^^;
授業でならった文型などがちょくちょく出てくるのも面白くて。

キャロルノンもぜひぜひ〜。
読まれた感想などお聞きしたいです。(^^)/
Posted by ぺりお at 2007年03月29日 23:25
梵天丸はぺりおが広東で表現したかも。
Posted by BlogPetの梵天丸 at 2007年03月30日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。