2007年02月22日

『起きてから寝るまで 中国語表現ドリル』

きりりっ!.JPG
←「きりりっ!」
(でも勉強の邪魔なのですが・・)


「今年は、中国語の参考書を買わないで、あるものをフル活用するぞ!」と決意していたのに、早くもやぶってしまいました。
先日、こんな本を買っちゃったのです。




中国語ドリル.jpg
起きてから寝るまで 中国語表現ドリル

このシリーズ、英語版は何種類か出ていて、私もむかーし買いました。(すでにブックオフだ)
これ、テキストにはのっていないような文がたくさんあって、読むだけでも「へえ〜、そんな表現するのか。」と楽しめるんですよ。
中国語版でないかなあ、とずっと思っていたので、今回は特別大サービス?という事で購入決定です!

本の内容ですが、
【目次】
第1章 朝
第2章 通勤・通学
第3章 会社
第4章 日常生活
第5章 アフターファイブ
第6章 夜
第7章 休日

にわかれ、さまざまなシーンにおいてのフレーズが満載されています。
面白いのは、実際口に出さないけど心で思うような言葉がたくさんある事。
例えば、洗面台の鏡を見て、
「本当にひどい顔!」★真是難看死了!
満員電車で、
「ラッキー!この人降りそう。」★太好了!這个人好像要下車了。
のような。くすっと笑えませんか?

そして、それぞれのページの左上に、1日の学習量が(1日目、2日目・・・)と表示されています。
1日分は4ページ。
見開きの左ページは中国語の例文、右ページは日本語訳とポイントをついた解説がのっています。
1日分が終了すると、見開き2ページの穴埋めドリルつき。
付属のCDは2枚。中国語→日本語の順番に吹き込まれています。

1日目をやってみた感想ですが、「結構いい!楽しい!」です。(^_^)
特にCDの、中国語・日本語交互っていうのが、ヒアリング力の弱い私にはぴったり。
いつも、C−POD等で中国語だけを聴いていると、わからない単語が出てきた時にフリーズしてしまい、その時点で「さようなら〜」になってしまうのですが、この本のように日本語があると、「おっ、この単語だったか」と納得できてストレスがたまりません。
ただし、“耳を鍛える”、というよりも“表現を覚える”、という点でですけどね。
耳を鍛えるには、やはり長文を聴くのが大切では、と思います。

CDで聴いて、繰り返しつぶやき、穴埋めドリルで頭にフレーズを定着させる、時には書いてみる、そして使ってみる。と、こんな風にやってみようと思っています。

きっと本が終わる頃には、恐るべき量のフレーズがインプットされるでしょう。ふふふ。

*中国語ブログ仲間の叔叔様が、この本を使っての勉強サイトを立ち上げて下さいました。本を持っていれば参加できます!
皆様どんどん遊びに行ってみて下さいませ♪
こちらからどうぞ!


★本日の学習★(予定)かわいい

「起きてから寝るまで 中国語表現ドリル」
CDを聴く。テキストで確認。つぶやく。

「誤用から学ぶ中国語」
1-5.做の用法・・・ここのところ手がつけられず・・

*またまた読書週間に突入です。電車で読書か、中国語か、の葛藤が〜!^_^;


posted by ぺりお at 14:17| 千葉 ☀| Comment(23) | TrackBack(1) | 教材・参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この参考書!
私も先日本屋さんで見つけて、買うか買うまいかしばらく悩んでました。
生活の中でも身近なフレーズが面白そうだし、一日の学習量が決められているっていうのも大きなポイント?がんばれそうな気がするんですよね。
でも、やっぱり今はいっぱいいっぱいなので、また出直そうと思って買わなかったんですけど。。また欲しくなってきました^^;
よかったらまた成果のほど教えてください!
Posted by ほんず at 2007年02月22日 23:22
わーー!!ずーーーっと気になっていたんです。
私も今年はもう参考書を買っただけで勉強した気になるのだけは、
やめよう、と再決心したのですが、やって見ます!!
どうしよう、○○大辞典みたいに明日本屋さんが空っぽになっていたら。べりおさん、ありがとうございました。
Posted by じんじん at 2007年02月23日 00:10
私はぺりお氏のおでこから怪しい電波を受信してしまい、当日の午後amazonで、そうとも知らずこの本を購入してしまった者です。
 この本に関して中国語で伝言しあえるサイトを立ち上げようかどうか迷っています。希望者がいたら考えますけど。
Posted by 630叔叔 at 2007年02月23日 00:47
後でポチッと購入ボタンを押すでしょう。今日の仕事帰りに買って帰っているやもしれません。姐様、商売上手ですねぇ(・_・)
Posted by Gilko at 2007年02月23日 08:13
中国語をつくんだ
Posted by BlogPetの梵天丸 at 2007年02月23日 12:41
んんん。この本。そうなんですよね。気になるんですよ〜 中身もチェックしたのですが、確かにほかのテキストには出てこないような面白いフレーズが多いですよね。
私も今年は参考書は買うまいと心に誓ったばかりなのに。
誓いを簡単に破るわけにはいかないので(笑)、何か1冊遣り終えたら買っていいことに変更しようかな〜
Posted by youguizi at 2007年02月23日 17:47
この本、とても興味があります。
本屋に行って見てみたいな!でも「中国実習コース」をやりきると心に決めたしな〜 迷います・・・。
Posted by 胡蝶 at 2007年02月23日 22:32
そういうわけで(どういうワケじゃ!)
ドッコイショと立ち上げてみましたので、↓から進んでみて
ください。
タイトルは私らしく「積読」にしようと思ったのですが、ローマ字にした場合、スペールがいろいろ出来ちゃうから、「早晩」にしてみました。早晩立ち消えになるだろうという陰口に負けぬよう、がんばれる不思議なタイトルです。
Posted by 630叔叔 at 2007年02月25日 03:20
楽しいから勉強って続きますよね。
苦痛だと絶対に続きませんし。
私も、英語の先生を選ぶときに楽しいかどうかを基準に
しております。
先生と話すのが楽しいから、英語が伸びますし。

今回購入された本は大変おもしろそうですので
本がボロボロになって、ぺり夫さんが
「それって、子供の頃に買ったの?」とおっしゃるくらい
まで使い込んでください。

ちなみに、私が予備校生の頃の古文の先生は大学受験の
時に辞書をひきまくったので辞書が2ヶ月くらいでボロボロ
になったそうです。そのときに「手が汚いんじゃないの?」
と真顔でいわれたそうです。でも、手が汚いのではなく
尋常じゃないくらい引いたからだそうです。

ぺりおさんも頑張ってください。
Posted by ゴルゴなおきち at 2007年02月25日 08:18
お久しぶりです。ぺりおさん。
私もずっと気になっていたので、
さっき買ってきちゃいました。
今日からはお仲間ということで・・・。
Posted by 美鈴 at 2007年02月25日 16:26
>>ほんずさま
私も、ちょっと前に見かけてから3、4回手にとっては戻し、手にとっては戻し、を繰り返したんですよ。
家にある参考書の山を思うとプレッシャーで・・・
でも、とうとう買ってしまいました。
やはり決めては「日常語を覚える」です。教室で会話をしようとしても、やけに堅苦しい文章になったり、相槌がうてなかったりして盛り上がりにかけてしまうので。
気楽に読み物みたいに使おうか、と思ってます。
Posted by ぺりお at 2007年02月25日 19:46
>>じんじんさま
わー、買いましたか??
>参考書を買っただけで勉強した気になるのだけは・・
ってまさに私もです!
でもいいんです。
これは勉強じゃなくて楽しい読み物なんだと思えば。
実際問題をといたり、文法を覚えたりって内容じゃないですし、気楽にやりましょう♪(^^)/
Posted by ぺりお at 2007年02月25日 19:48
>>叔叔さま
あっ!ちょっと電脳を見ない間に、サイトが立ち上がっていたのですね!!!
早速お邪魔しなくては。
でも私は不精者だから、こわごわ覗いてびゅーっ!と逃げるかも。
そしたら、棒もって追いかけてくださいませ。
しかし、この本ものすごい例文がいっぱいあって笑えますね〜。
Posted by ぺりお at 2007年02月25日 19:50
>>youguiziさま
面白いですよ〜ぅ。(お誘いお誘い)
参考書じゃなくて、ただの文庫本と思ってしまえば没問題ですよ!
なんて、みんなをひきずりこもうとしております。
今までも、日常会話表現の本を何冊か見ましたけど、この本はかなりカジュアルな表現満載で楽しいですよ。(再びお誘い) 
教室で使える表現がないかわくわく探してます。
早く使ってみたいわー。(^_^)
Posted by ぺりお at 2007年02月25日 19:54
>>胡蝶さま
「中国語実習コース」はお勉強用で、こちらは楽しみ用ですよ〜。
お昼休みとか、ちょっと時間がある時に「1つ覚えるぞ!」っていう風にやると覚えられそうです。
内容も面白いのですが、なんといってもサイズが持ち歩くのにちょうど良くて・・・(ああ、しょうもない理由だ・・・)^^;
Posted by ぺりお at 2007年02月25日 19:56
>>ゴルゴさん
そうそう、楽しくないと長期間は無理ですよねー。
短期間なら怖いのもいいけど。

ゴルゴさんの「本がぼろぼろになるまで」のフレーズを聞くと、毎回気合が入ります。
今までの事を思い出してみると、やっぱり本がぼろぼろになった勉強はかなり上達したよ。
私も、今の教科書ぼろぼろになるまでやりこみたいです。
(でも手も汚いのよね〜実際・・)
Posted by ぺりお at 2007年02月25日 20:00
>>美鈴さま
買われたのですね〜!お仲間3人目です♪
私はいつもいい加減な勉強ぶりなので、美鈴さんがどうのように活用されるか、参考にさせていただきまーす。
今の所、計画を立ててやる、という方式ではなく、空いた時間に読んでドリルをやってみたり、音読してみたり、と気ままなやり方です。
何だか持ってるとうきうきするような本なんですよね。
内容も本の装丁も。(^_^)
Posted by ぺりお at 2007年02月25日 20:03
Tingdao naozhong de shengyin.
の一文から始まるこの本。こんな本が本当に欲しかったんです。まるで独り言のように一日がスタートしたところですね。
この本を足がかりに、中国語でものを考える癖をつけたいと思います。
 最近はピッキングで他のメンバーに退いてもらったときなど、声を掛け合うのですが、思わず「シエシエ」が出ることもあるんですよ。目標!中国語脳!
 あ、入室のキーワード、書いてしまいましたネェ。でも、あとで変更するからいいかぁ。まだ、内容スタートしてないし。スタートキャンペーンってことで。
Posted by 630叔叔 at 2007年02月26日 11:13
買いました(ToT)
Posted by Gilko at 2007年02月26日 20:49
>>叔叔さま
私もこんな本を求めていました。
ひょっとした言葉が出ないのでもどかしかったんです。
これに「常用単語辞典」があればばっちりですね。
今朝もにやにやしながら読んできましたよ。
「早晩」サイトありがとうございました!
Posted by ぺりお at 2007年02月27日 09:46
>>Gilkoさん
「アルクさーんまたひとりお客様が〜!」(^o^)丿
泣かないで下さい。相当楽しいですから。
Posted by ぺりお at 2007年02月27日 09:48
購入した日の日記をこのブログ日時にトラックなんとかをさして頂きました。なるほど、こうやって連携できるんですね。面白い!トラックなんとか!
 ちなみに文字化けしてるのは薄皮クリームパンの中国語ですね。薄皮[女乃](niu)油面包 です。
 あ、seesaaブログだと化けるんですねutf-8のって。
Posted by 630叔叔 at 2007年03月04日 17:20
>>叔叔さま
TBありがとうございます!
この機能、最初は「む?何だ?」と思いましたが、わかるとなるほど〜って思いますよね。
考えた人はすばらしい!

毎日の食事や買い物を中国語にするっていい案ですね。
私は日本語で夕飯のメニューを書いているのですが、これを中国語で書いたら勉強になりそうです。
あ、でも和食のメニューは難しいかなあ・・・

そうなんです。ここのブログutf-8駄目なんです。
問い合わせをしてみたのですが「当分変えません」という返事が来ました。残念・・・・(ーー;)
Posted by ぺりお at 2007年03月04日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

三日坊主 B16(金)〜日式盒 了一本 雀
Excerpt:  三日坊主 私も日記をつけてみることにしました 日式盒       B16(金)星期五 (器 17,585) 今天我的西 副食店 香烟 五百八十日元 24小便利店(F町)  薄..
Weblog: 630おじさんの学習帳
Tracked: 2007-03-03 14:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。