2007年02月07日

サブタイトルを変えました。

足で押さえるぞ.JPG
←もう〜、まるはろくに顔を洗わないんだから!(byはち猫)

来月で、中国語の勉強をはじめてから4年になります。
このブログのサブタイトル、「4年で優雅に中国語を話すって決めました!」が、ブスブスと心に・・・

4年前のある日、ふってわいたように中国語を勉強しようと決意し、まず長澤信子さんの『台所から北京が見える』と、佐藤嘉江子さんの『女は中国語でよみがえる』を読みました。
長澤さんは4年で通訳ガイドに、佐藤さんは同じく4年で翻訳家に、という最強のおふたりです。

彼女たちと年齢も同じぐらいだったし、すっかり影響された私は、「よし。私も4年でぺらぺらだ!」なんて安易にも思ってしまったのでした。
しかし、もちろんそんな甘い話ではありませんでした。
教室に通っていたとはいえ、とにかく勉強時間が少なすぎるし、何より彼女たちのように、すべての情熱を中国語にそそぐ、なんてとってもできる物じゃありません。(ですよね?ね?)

はああ〜。語学は年数じゃないですね。
1年でもものすごく集中してやればある程度まではいけるでしょう。
というより、1年2年である程度身につけなければ、あとはだらだら中途半端な状態が続くのではないでしょうか。
現に今のクラスに勉強して1年半の同学がいますが、中国語での日常会話はもうほとんど問題ないようです。
中国語そのものが好きで、楽しく趣味で勉強しているような私は、語学を身につける、って場所から一番遠い所にいるんだろうなあ〜。^_^;

そんなわけで、サブタイトルを変更しました。
“人生没有不散的筵席”・・・人生に終わりなき宴なし

『台所から北京が見える』に出てきた言葉です。
こうやって勉強している日々も宴と同じ。
家事や仕事に追われている日々も宴と同じ。
家族と楽しく過ごしている日々も宴と同じ。
いつかは変化し、終わりがくる。
だから今は、今できる事を一生懸命やっていこうという気持ちを込めて。(^_^)

★本日の学習★pandaani265g.gif

「走進中国」
第7課の本文。単語チェック。1文ずつ日訳。

「ラジオ中国語(応用編)」
お昼休みにテキストを読む。

「中国語検定2級徹底攻略」
電車の中で第1課の練習問題のまちがえた部分を復習する。
(時間があったら)

*電車の中で、テキストを読んだり問題集を見たりしようと思っています。が、どうしても読書がしたくなってしまい、結局重たいテキストを全く開かず、という毎日・・・(-_-;)
posted by ぺりお at 11:18| 千葉 ☀| Comment(25) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>あとはだらだら中途半端な状態が…

ブスブスブス、ぐさぐさぐさっ!
せめて長い旅行をしても困らないようになりたいんですけどねー。
新しい和のデザイン、きれいですね。
この清らかなスキンにグロテスクなホラー映画の話題を書けるぺりおさんってすごいわ(と、前もっておどろいておこう)。
Posted by rororo at 2007年02月07日 11:51
私もこの2冊を続けて読んだ覚えがあります。そういえば確かに刺激を受けて中検やらHSKやらに向けて猛勉強しました(1年ともたなかったけど^^;) 語学は環境が重要なので、現地の4年と日本の4年を比べることはできませんね。何か必要に迫られてなら別ですが、趣味でやるならマイペースで楽しく続けるのがいちばんかと。……てなわけで私はトリリンガル(英語もね)のスーパーばあちゃんを目指します。
Posted by 村長 at 2007年02月07日 15:11
ペりおさん、学習継続4周年おめでとうございます!
一つのことを4年続けたってこと、財産ですよね。しかも、他にもやらなきゃならないこと山積みな生活の中で!村長さんがおっしゃっていらっしゃるように、環境というベースが「現地」でないのなら、本当に楽しく続けたいですね。
サブタイトル、素敵です! 私もフランス語ばあちゃん目指します。(笑)
でも、使いもしないテキスト大量に運んで、通勤するのは、そろそろこたえます・・。
Posted by はちゃぷ at 2007年02月07日 16:51
はじめまして。私もきっと同じ教科書で、同じ土曜に、同じ時間を
かけて、似ている環境で勉強をしていると思います。ヘトヘトになって帰宅途中ipodから流れっ中国語を聞くとなぜか、全てがほぐれて溶けて流れるのです。中国語アッケラッカンと続けていくのも案外いいかも。ですよね。
Posted by じんじん at 2007年02月07日 23:50
でも、ぺりおさんはすごいと思いますよ。。
例え勉強できない日があっても、仕方がないことですよ。。
むしろ、ず〜とこんな感じで勉強を続けられたら、
いつの間にかすごい力になると思いますよ。


Posted by まお at 2007年02月08日 10:19
おおっ、スキンが変わりましたね!素敵です♪
>あとはだらだら中途半端な状態が
↑同じくぐさっ、ぐさっときます(^_^;)
趣味として長く続けたいというのが基本ですが、でもやはりやるからにはぺらぺらになりたい…一人でどこにでも行けるくらいになれればいいんですけどね〜。私もタイトルを変えてみようかな。「のんびり中国語」ならぬ「がつがつ中国語」とか(笑)
記事で紹介されている最強のお二人は、勉強中も家事とか他のこともばっちりこなされているんですよね?みんながみんなそのようなスーパーウーマンだったら、私など身のおきどころがなくなってしまいます(~_~;)せめて(みなさんおっしゃるように)楽しく続けていきたいですね。
ところではち君、まる君のお顔も洗ってあげているのですか?なんて面倒見のいい!でもあの足はいったい…(^_^;)
Posted by みんみん at 2007年02月08日 10:42
>>rororoさま
私も自分でかきながら、ブスブスグサグサでしたよ〜。
何だかこう最近の勉強のしかたが自己満足だけになっているようで、実際の現場では役にたたないような気がするんです。
授業でもぐだぐだですし。
1度、ひとりで砂漠にでも放り出されたら上達するかもしれません。

えっ?グロテスクなホラー??(゚o゚)
気をつかって上映されたスタンダードなものを選んでみたつもりでしたが・・・
ふふふ、じゃあ次回はすごいやつを。Ψ(`▽´)Ψ
Posted by ぺりお at 2007年02月08日 15:43
>>村長さま
村長さんもこの2冊読まれたのですね。
これは中国語学習者のバイブル的存在ですよね〜。
確かに語学環境はすごく重要だと思います。
現地にいったら話すしかないですし。
昔山奥に留学に行った知り合いは、外には何もないし、日本人もあまりいないし、ひたすら勉強するしかなかった、っていってましたよ。
トリリンガルばあちゃんですか!
私は「なぜか中国語を口走る怪しいばあちゃん」を目指そう♪(^_^)
Posted by ぺりお at 2007年02月08日 15:47
>>はちゃぷさま
ありがとうございます!
近頃、「なぜ中国語をこんなにあせって勉強してるのだ?」という疑問がわいてきました。
好きなんだから、別に試験を受けなくてもいいし、楽しく続けていればいいんじゃないかなあーなんて。(^^ゞ
そう思ったら何だか気が楽になってきました。
はちゃぷさんも、テキストを運んでいるのですね。。。
本当にもう我ながらあほらしくなっちゃいますよ、あの重量!^_^;
Posted by ぺりお at 2007年02月08日 15:50
>>じんじんさま
いらっしゃいませ!
あ、もしかしたら同じ教室でしょうか?(^_^)
この教科書、課がすすむにつれてどんどん難しくなってきました。
とにかく知らない単語が多くてへとへとです。
特に閲読文は難関です・・・

私も、中国語を「宿題だ!」とか「覚えるぞ!」とか考えずに聞いていると、ほわーっとした気分になりますよ。
やはり、こういう好きだ、という気持ちでじんじんさんのおっしゃるとおり、あっけらかんと続けるのがいいですね♪
がんばりましょう。(^_^)
Posted by ぺりお at 2007年02月08日 15:58
>>まおさま
ありがとうございます。
しかし4年だっていうのに、あまりに上達しなかったもので少々あせり気味になってしまったんです。
でもそうですね。
必要にせまられているわけではないのだから、肩の力を抜いて楽しんでいくのが一番ですよね。
むーん、いつ流暢に会話できるようになるのだろうか・・・(努力だ努力!)
Posted by ぺりお at 2007年02月08日 16:01
>>みんみんさま
何となく、私とみんみんさんの状態が似ているような気がします。(失礼〜)
中国語が好きで続けているのですけど、いまだ手ごたえがないというか・・さまよえる中級人ですね。(^_^)
そうそう、趣味だとしても中国の方と普通に会話ができるようになりたいですもんね。やはりここは「がつがつ」で。

この本のおふたりは、方や専業主婦でなおかつ看護学校へ通い、大学にも通い、お母様の介護もされて、通訳ガイド試験合格と看護資格を立て続けにとったスーパーウーマン。方や35歳くらいで中国語を1からはじめて留学し、4年後には翻訳をする、というスーパーウーマンです。
すごすぎます・・・^_^;

はちがまるの頭をなめているいきさつを裏ブログに書きました。
ちょうど、はちが足をあげて毛繕いをしているところに、まるが「僕にもやって〜」と、突撃したんですよ。
はちの機嫌が悪いと、このまま大喧嘩になっちゃうんですけど・・(^^ゞ
Posted by ぺりお at 2007年02月08日 16:08
サブタイトルかっこいいですね。
私も長年勉強していますが、なかなか優雅に話すことはできません。仕事をしながらの勉強ですので、勉強の時間をとるのもなかなかままならないですからね。
今年は考え方をかえて、中国や中国語に触れるのでよしとしようと肩の力を抜いて気楽な気持ちで学んでいます。
Posted by 胡蝶 at 2007年02月08日 18:30
てなことを言いつつ、本当はもうすでに優雅に中国語を話せる
のであろうぺりおちゃんは、いつも私の目標です。
がんばってください。

ちなみに今私の通っている中国語学校は、
『便所から京都タワーが見える』
のです。
わーっ!まじめな記事がだいなしだぁーー!
Posted by sheng at 2007年02月08日 23:55
私は自分の現在を思いっきり肯定はしない。
けれど、否定もしない。
ただ日々の生活の目標を立て、時にはそれを修正しながら、反省しながら前に進むだけだ。
現状を肯定したまま、いつか良い結果がでるだろうという楽観論は、何かしらことを成し遂げたことのある人のみが許されるのだと思う。
私は何一つことを成し遂げていない。日々の生活に流されるままで、いい結果が生まれるといいきれるほど立派な人間ではない。
日本語を学びたいという中国の友人たちとの歓談もしてあげられず、ただ己の日記の修正のみに明け暮れる、ずるい男なのです。
Posted by 630叔叔 at 2007年02月09日 00:54
>>胡蝶さま
やはり、仕事をしつつ勉強って固い意思がないとなかなか難しいですよね。
最近、同学と「どうして中国語を勉強するのか」について話しあったのですが、やはり「好きだから」に落ち着きました。
もちろん確かに試験に合格してみたいし、スムーズに会話もしたいですけど。(^^ゞ
精神的に自分を追い詰めないよう、なおかつさぼりすぎないよう、というバランスが難しいです。
私も今年は、胡蝶さんと同様、中国の文化や中国語の美しさを楽しみたいなあと思ってます。
いよいよ中国文学にも挑戦してみますよ〜♪(あ、もちろん日本語ですが)
Posted by ぺりお at 2007年02月09日 10:27
>>shengさま
何をおっしゃいます。
あのような見事な中国語文をあやつる団長さまが。
今後は団長あらためおやじ師匠と呼ぼうかしら。Ψ(`▽´)Ψ

京都タワーが見えますか・・・
はるか昔、京都タワーのお化け屋敷で恐怖体験をしましたよ。こわかったー。
Posted by ぺりお at 2007年02月09日 10:34
>>叔叔さま
>現状を肯定したまま、いつか良い結果がでるだろうという楽観論は、何かしらことを成し遂げたことのある人のみが許されるのだと思う。

ずきずきずきずき・・・・
まさに今の私の中国語学習は、「現状維持を肯定」して進もうとしてますよ〜^_^;
でも、なめくじのようにすこーしずつ前進するので許してくださいね。

叔叔さま・・・毎日日記の修正をするってだけでも、普通の人からみたら超人ハルクに見えますよ!
ずるいだなんて〜、全くもう〜〜〜^_^;
Posted by ぺりお at 2007年02月09日 10:57
梵天丸は昼休みが読書しなかったよ。
が北京で題も応用しなかったよ。
Posted by BlogPetの梵天丸 at 2007年02月09日 12:03
語学って本当に難しいです。
私もかなり苦労しております。
ちなみに、タガログ語は無理に近いです。
こんなままじゃ、結婚できないので
再び気合を入れてやりたいとおもいます。
でも、英語が〜、まずはこちらをやらないと。
Posted by ゴルゴなおきち at 2007年02月09日 19:31
あんな風に書いちゃって、また怒られるんじゃないかと反省しておりました。今の自分に対して焦っているあまりのたわごとと察して、聞き流して頂いて良かったです。
 さぁ、声出して行こうぜぇ〜!
---
応用編:やっぱりテープを聞くときは漢字のを見ながらのほうが聞き取れます。これを繰り返せばいいのかなぁ・・・。
先輩〜!教えてくださいね。
 実は今朝、目を覚ましたら腕時計は8:00。今の内に風呂場付近のラジカセをこっちに持ってきて・・・。テープスタンバイ。オッケー。残り15分、よその外語(サッカーのスペイン語?)でも聞きながら待とう。
 と、音声をラジオに合わせると、なんと、もう始まってました。腕時計は8:25。あぁ〜〜〜〜。
 結局、夜、勤務明け。職場の終礼が終わったのが10時。それから車の駐車場まで5分。あぁ間に合わない!いつものノンビリ街道を避け、ちょいと速め走るバイパスを使って、37分には自宅に到着!大切な録音に間に合いました(本当に入ってるやろなぁ^^;)。
Posted by 630叔叔 at 2007年02月10日 00:41
新しいサブタイトルと和風なデザインは素敵です。
でも、ぺり姐様のブログだと思って見ていたら、右上の模様が「闇夜に光る血走った目」に見えてきましたよっ。
Posted by Gilko at 2007年02月10日 14:17
>>ゴルゴさま
えー!タガログ語無理に近いの??
がんばらねば〜。
嫁探し@マニラの旅の時にたよりにしてるんだから。
でも、ゴルゴさんはラテンのノリがすっかり身についているし、南極ダジャレもばっちりだから、何とかなるか。(^◇^)
お互い語学習得がんばろう!
Posted by ぺりお at 2007年02月10日 20:15
>>叔叔さま
そうそう、気合いですっ!!!

応用編、私もどうしていいのやら、ですよ。(~_~;)
「信」の時は、ピンインから中国語を書き取って練習したけれど、今回はちょっとそれは無理です。
何しろ今月からは、監督のインタビューだし。
でも、講座を聞いているだけでも「ほうっ」て思うようなミニ知識がわかったり、文の内容が面白かったりなので、聞くだけで十分楽しいです。
そんな事で、今回は聞く前にテキストを読んで内容をつかんでおくぐらいしかやってないですよ〜。
(ラジカセ、湯船に落とさないようお気をつけ下さいね)
Posted by ぺりお at 2007年02月10日 20:21
>>gilkoさん
おお〜う、なんてナイスな感覚なんでしょう!
血走った目、っていうのはかなり好きなキャラ?です。
このデザインの背景を黒くしたらもっとそれらしいかも。
裏裏裏ブログでも作ってみたくなりました。
(ふっふっふっ・・・誰にも見られてはいけませんが)
Posted by ぺりお at 2007年02月10日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。