2006年11月20日

久しぶりの間違い電話

うさぎ喰う.JPG
←コンビニのレジ脇に売っていたうさぎまんじゅう。「ひよこ」と同じ味でした。

去年今の家に引っ越して来た頃、中国語の間違い電話がたびたびかかってきました。


一番初めの時は、寝ぼけてたので訳のわからない中国語を話して切ってしまいました。
2度目、「イ尓好」と出てみたら“中国語が話せる!”と思われたらしく弾丸のようにまくしたてられ、ギブアップ。
そして次。
また「イ尓好〜。イ尓是誰〜?」とけだるげに出たら、なにやら若い女性が怒ってる様子で何かわーわー言うのです。
どうも「あんたこそ誰よ?」みたいな事を叫んでいるようです。
こりゃー、もしかしたら彼氏の所にかけたら知らない女が出て怒りまくってるっていう雰囲気になっちゃってる??
「ひえ〜」と思って「私はぺりおです。日本人です。あなた間違えてかけてますよ。」としどろもどろに返答・・・(^_^;)

それ以来、中国語で出るのはやめてずっと日本語で押し通してきました。
そうしたら今日、久しぶりにまた中国語で電話がかかってきたのです。
今度は男性。「イ尓好。我是○○。××在家ロ馬?」と非常に聴き取りやすくて感じがいい。
まあいいや、と思って「イ尓好。対不起。他不在這里。這是ぺりお。イ尓打錯了・・・」と恐る恐る言ってみたら「えっ?じゃあこちらは?」と急に日本語に。
なーんだー、日本人だったのです。どうりで聴き取りやすいと思ったら。
急に強気の私。「いやいや、こちらはぺりおでーす。かけ間違えてるみたいですよ〜♪」と日本語で答えてあげました。

うーん、勉強になるといえばなるんだけど。
今度かかってきたらどうしよう・・・

★本日の学習★pandaani245.gif

「ラジオ中国語講座応用編」
・「信」第15課の単語調べとピンイン→中国語を半分。

「中国語の読書」
・「餃子」李碧華著の第1章、『神秘的飯壷』←さあ、何が入ってるのかな?
 これはあの映画「美しい夜、残酷な朝」の原作です。
 内容は、美と若さを保つため胎児を餃子にしてコリコリ食べるっていう・・
 見るからに恐ろしげな漢字が並んでいますよ。^_^;

posted by ぺりお at 21:30| 千葉 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドキドキですね〜そういう間違い電話。
私だったら電話に出るのが怖くなるかも。
いつかスラスラと「間違いですよ、もう一度電話番号確認して電話してみてください」と言えるようになりたいですね。
Posted by みん at 2006年11月20日 22:54
私も会社で「ウェー」と話しかけてくる電話に出た
ことがあります。中国語の「もしもし」らしいですね。
日本語で答えて最後には切りました。
「再見」くらいは言ったほうがよかったかな?とも
思いましたが、これって「さよなら」って意味ですか?

週に1回だけ、うちの会社の別のフロアに中国語の
通訳さんが来てくれます。
時たま、まくしたてるように中国語を話します。
怒っている?と思いますが、怒っているわけでは
ないようです。日本語よりも少し語の発音が強め?
なんですかね????
Posted by ゴルゴなおきち at 2006年11月21日 06:56
えー、何でそんなに中国語の電話がかかってくるのかねー。
選ばれてる?英語で答えるっていうのはどう?そうそう、昔東京のお土産っていうと「ひよこ」でした。もう何年も食べたことないけど。
Posted by たけいし at 2006年11月21日 09:56
間違い電話の話を楽しんで読んでいて最後にびっくり。
”餃子”なんて、恐ろしい内容なんでしょう・・血の気が引いてしまいました・・。 梅図かずおさんの漫画を思い出してしまいます。 怖いです。
Posted by mari at 2006年11月21日 12:57
梵天丸が起へ在家と起に次みたいな応用しなかったよ。
Posted by BlogPetの梵天丸 at 2006年11月21日 18:21
この次は トルコ語で言ってみよう!

 そう言えば、甥が中国へ行っていた頃は、甥から連絡方法のメモを貰って、親戚一同の期待を背負って、滞在先の長期ホテルのフロントに電話しました。
 コテコテのカタカナですし、四声も何もあったもんじゃない言葉でした(よもや自分も中国語を学ぶとはちぃとも思っていなかった頃ヨン)。あぁ、あの時のメモどこへ行ったかナァ。
 受け付けのおねぇちゃんの「バイバイ」がカワユカッタぞ〜〜。
Posted by 630叔叔 at 2006年11月21日 18:21
本当になんでぺりお宅に中国語の電話が・・?
と「餃子コリコリ」こわいよー。
コリコリって中国語で表現できるの?
それともぺりおちゃんの表現?
怖さ倍増。

うちは日本人だけど、新婚の時によく「その番号をその前に使っていた人」宛にいろんな人から電話がかかってきて、引っ越して2件目になって「引越し案内?」をNTTに頼んでしたら、その1件目の例の番号からその案内を聞いてまたまたその間違いがついてきてしまったの。
E「前に使っていた人の番号です」って言っても
他人「でも、いま案内テープ聞いて掛けてますよ」と言われ、
E「いえ、その手続きをしたのもウチなんです。」
と言えば言うほどややこしくなる説明でした。
Posted by EKO at 2006年11月21日 20:25
>>みんさん
いつも、いろいろな返答のパターンを調べて電話の脇に置いておこうって思うのですが、つい忘れてしまいあたふたしてます。
でも、実際中国人の人からだと、何を言ってるのか全然わかりませんよ・・・(~_~;)
今回の日本人でも、固有名詞の部分はわかりませんでした。
つくづくヒアリングがなってないです。ああ・・
Posted by ぺりお at 2006年11月22日 10:35
>>ゴルゴさま
そうそう。「ウェイ」は「もしもし」。「再会」は「さようなら」です。
今度かかってきたら使ってみてね。

中国人同士の方が盛り上がって話をしていると、やっぱり喧嘩?って思いますよ〜。
日本語でいうと、大阪(南部の方)の言葉のニュアンスがあります。はっきり、くっきり、声でかい、音の高低が極端って感じかなー。
Posted by ぺりお at 2006年11月22日 10:39
>>たけいしさま
なぜか、引っ越した途端にかかってきて、最初は中国語教室の友人かな、なんて思いました。
中国語で答えると、向こうも「まちがい電話なのに、何で中国語で話す人がでるんだろう?」って思ってるみたいで、余計混乱してます。
英語は・・・・全く口からでてきませーん。(~_~;)

ひよこ、久しぶりにデパートのカウンター店を見たら、ひよこ型ゼリーとかひよこサブレとか、いろいろな種類ができていてびっくりでしたよ。
でも、チョコレートひよこはまだでした。(いいと思うんだけど・・)
Posted by ぺりお at 2006年11月22日 10:43
>>mariさま
ああ〜ごめんなさい、ごめんなさい。
私、生粋の?ホラーマニアなのです・・・
この映画は、日本・韓国・中国製作のホラーカルト3本立てで、幻想的な美しさ&内容のすさまじさでかなり見事な物だったんですよ。
うめづ漫画も大好きです。うふふ♪
Posted by ぺりお at 2006年11月22日 10:46
>>叔叔さま
おおっ、すごい勇気でしたね。
それで、無事通じましたか?
私は、しっぽ巻き巻きなので、いざという時はすたこら逃げ出しちゃいそうです。
本当はどんどん実戦しないと上達しないのですけどね〜。
ううう。がんばらねば。間違い電話で勉強だっ!
Posted by ぺりお at 2006年11月22日 10:52
>>EKOちゃん
私のとこも、前の家がそうだったの〜。
毎日2,3回「○○さんのお宅ですか」ってかかってきて、やはり引越し後番号案内サービスをしたら、次の家にもかかってきて面倒くさかったよ。
困ったのは、その人が何かの役員か何かだったみたいで、留守電に連絡網が入ってること。時には、あさっての会議は何時からだからよろしく、なんて。
ちゃんと留守電にうちの苗字入れてるのに、聞かないみたいでまいっちゃった。
一体どうなってるのかしらね?夜逃げしちゃったのかな、なんて思ってしまった・・・

餃子コリコリは、私の表現だけど、実際一口一口「コリッ、コリッ」って食べてたよ〜。
見た後しばらく餃子はいいや、って思った。(~_~;)
Posted by ぺりお at 2006年11月22日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。