2006年09月17日

秋らしい過ごし方

先週から、めっきり秋めいてきて気持ちのいい季節になりました。
猫の病気もひとまず落ち着き、先週の試験も合格し、ようやく穏やか(?)な生活に戻っております。
秋は、何をするのにもいい季節です。
新しい事を始めるのによし、食べるのによし、運動するのによし、芸術鑑賞もよし。

【芸術編】
花と果物.bmp
先週の金曜日、仕事帰りに上野の国立西洋美術館で「ベルギー王立美術館展」をみてきました。
ブリューゲルをはじめ、ルーベンス、アンソール、デルボー、クノップフ、マグリット等錚々たる方々の絵が一堂に会しています。

何百年も前の物なのに、絵の具の香りが漂ってきそうな迫力で圧倒されます。
豊かな色彩の油絵に囲まれて、全身たっぷりと美しい色を塗りこめられたような気持ちになりました。
本物の絵という物は、かなり強力なパワーを注ぎ込んでくれますね。
来週からは、お隣の上野の森美術館で「ダリ展」が開催されるので、こちらも要チェックなのです。


【食べる編】
ぶどう到来!.JPG
農家の親戚から、美味しそうな葡萄がたくさん届きました!
感謝しつつ、毎日せっせと食べています。
巨峰の種無しバージョンがあってびっくり。



【勉学編】
今日、NHKラジオ講座10月分のテキストを買いました。
今度の応用編は「現代小説を読む」です。
会話とは違う勉強ができそうでわくわくします。
そしてそして、アジア語楽紀行は、待ちに待った「旅するトルコ語」!
テキストのカラーページを見てるだけでも楽しいです。
ああ〜甘〜いロクムが食べたい。(^^)
中国語検定試験は受けるかどうか考え中ですが、過去問題は文法の整理という意味でやってみようと思います。

【趣味編】
モチーフ.JPG
この秋冬は編み物をするぞー!
かぎ針でモチーフのマフラーを作ってみようと思ってます。
←一応、こんな感じの色違いになるはずですが。。。



涼しくなったので、いろいろとやりたい事が浮かんできます。
暑すぎてやる気のおきなかった部屋の片付けもしなくちゃ。
昨日は久しぶりに花を買いました。(^^)

★本日の学習★かわいい

「中国語教室」
・「走進中国」第2課の閲読文。
・チャイナ服についてのフリートーク。来週は、和服の特徴について説明しなくては。
・今日はフリートークが1時間で、かなり辛かった・・・^_^;

「ラジオ中国語応用編」
・練習問題と例文チェック。

「走進中国」
・ノートにまとめようと思うのだけど、いまひとつまとめ方がわからず、悩み中。やはりバインダー形式の方があとではさみこめるからいいのかも。
posted by ぺりお at 15:21| 千葉 ☁| Comment(22) | TrackBack(0) | 展覧会・美術展他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネコちゃんの病気、落ち着いたようで良かったですね。
秋は何かを始めたい時期ですね。
私もぺりおさんのように、リストアップしてみようっと(*^_^*)
Posted by ぶり at 2006年09月17日 21:25
ぺりおさんの日々の過ごし方ってホント素敵ですよね☆

編み物、実は裏のブログのほうでその記事読んで、画像のマフラーがあまりに可愛くて私も編み物やりたいモードに突入しちゃいました。
(興味があるとすぐに飛びつく性格なんです 笑)
とはいえ、全くの初心者なので今はせっせと基礎の編み方を訓練中です。

ところで、ぺりおさんの台湾旅行計画はどんな感じですか?
私は21日から3泊4日で行ってきます!
ちょっとくらい中国語しゃべれるといいけど。。。
Posted by えいみぃ at 2006年09月17日 21:57
ぺりおさん、こんにちは。
ダリかぁ〜。いいですね。ダリのあの時計がびろーんとした絵が好きです。
今気になっているのは、ボストン美術館所蔵 肉筆浮世絵展 「江戸の誘惑」(江戸東京博物館)と、世田谷美術館でのルソー展です。腰が重いので、行けるかわかりませんが…。
Posted by るば at 2006年09月17日 22:14
合格おめでとうございます!
いろいろと心機一転、いい季節になりましたね。
ラジオ講座のテキスト、もう発売されているのですね。
「現代小説を読む」興味あります。でも難しそうかなぁ。。
とりあえず本屋さんで見てみることにします!

それと編み物。私もずっとしたくて、本とかぎ棒はあるんですけどね。
なかなか取りかかりが^^;
なにか出来上がったら、ぜひぜひアップしてくださいね〜♪
Posted by ほんず at 2006年09月17日 23:34
我が家も知り合いからいただいた巨峰に家族で
ハマリました。秋はいい季節ですよね。
なんといっても果物がおいしいです。
私は梨が楽しみでしょうがありません。

秋は涼しいので公園で本を読んだりして
過ごしたいです。
まあ、カップルがいるでしょうから
「あの人暗い、本読んでる」と攻撃されそうで
少し怖いです。

そんなときにはカップルに焼き芋でも
ぶつけてやります。
「若い男性、カップルに焼き芋をぶつけて逃走」
なんて新聞記事が出たら犯人は私です。
Posted by ゴルゴなおきち at 2006年09月18日 04:00
ノートにまとめるとき、ぺりおさんと同じようにいつもバインダー式のルーズリーフにしようかノートにしようか悩みます。結局ノートにしてしまっていますが。大事なのは書いたものを何度も繰りかえして見て、覚えてしまうことなんですよね。わかってはいるんですが・・・。
Posted by 胡蝶 at 2006年09月18日 08:47
ojio:叔叔は手紙を勉強して月見団子を水煮にしそうになったかも
ji:烏賊もね
叔叔:上野の美術館はルノアールを高校二年の時新聞部の交流会の
   行事で見に行ったきり。滝の下で髪を洗う裸婦のコピーを
   買ったら、女子高の亜麻色の髪の乙女に白い目で見られた。
ojio:トンチンカンな会話ぁ!
ji:そういう設定だろ?ボクら。
叔叔:↑あ、会話が成立しちゃってる。
Posted by 630叔叔 at 2006年09月18日 13:02
>>ぶりさま

ありがとうございます。
猫はしばらく薬と食事で経過観察です。(^^)

涼しくなると、ようやく人間らしく暮らせるのでやりたい事がたくさん出てきますよね〜。
外国の秋から新学期っていうのは、そういう理由もあるのでしょうか。
私も、もう少し具体的にやる事を考えてみようと思います。
Posted by ぺりお at 2006年09月18日 18:59
>>えいみぃさま

このマフラーすっごい可愛いですよね!
私も、本屋さんでこれを見た途端一目ぼれでした。
本当はエプロン作ろうと思ってたのですが、路線変更です。
毛糸も1玉買ったし、そろそろ始めなくちゃ。

おおっ!台湾に行かれるのですね!
それはどんどん中国語を使ってみて下さい。
わあーいいなあー。楽しんできて下さいね。
私は、猫の事がありちょっと保留中なのです。
本当は10月あたり行きたかったのですけど。(^^ゞ
Posted by ぺりお at 2006年09月18日 19:03
>>るばさま

こんばんは。
私はダリの時計びろーんを見て、興味を持ったんです。
何ともいえない空気がただよっていますよね。
江戸東京博物館は、今中国の「兵馬庸展」もやっているので、行きたいなあと思ってます。
“肉筆”浮世絵って肉筆なのでしょうか?(あれ?日本語が・・)もし行ったらそちらも覗いてみよう。
世田谷美術館は、あの雰囲気が好きなのですがちょっと遠いなあ・・・・
Posted by ぺりお at 2006年09月18日 19:08
>>ほんずさま

ありがとうございます。
そんなに気張る試験ではなかったのですが、肩の荷がおりました。
ラジオ講座の小説、単語さえ調べれば何とかなりそうでした。ひねってなく素直な文章のようですよ。
どうやって講座が進められていくのかが興味あります。

編み物はゆっくりゆっくりなので、この冬に果たして出来上がるのか?と少し怪しげですが、ちまちまやってみます。
ほんずさんもぜひぜひ〜。(^^)/
Posted by ぺりお at 2006年09月18日 19:13
>>ゴルゴさま

巨峰は秋!って感じでいいですよね。
梨は夏に良く食べたよ〜。
うちは親戚中農家なので、いつも何かしらの果物であふれてます。
今は、葡萄と栗でしょ、もう少ししたらキウイとみかんだらけになります。
ゴルゴさんにおすそ分けしたいわ。

公園で読書すると、蚊にさされたり、犬に吠えられたりしちゃうよ!
それに、焼き芋はもったいないから、土の塊とか拾った空き缶とかにした方がいいんじゃないかなー。(でもやらないでね)
Posted by ぺりお at 2006年09月18日 19:17
>>胡蝶さま

そうなんです。見返さない事にはどうにもならないですよね。
全く、使いかけノートが何冊あることやら・・^_^;
そんなこんなで、私はしばらくバインダー式にする事にしました。インデックスでもつけて、後から見やすくしようかと考えてます。
でも、一番問題なのは、ノート作る事に夢中になってしまいそうな事・・見た目の充実より、中身の充実をはからなくちゃ。うう。(^^ゞ
Posted by ぺりお at 2006年09月18日 19:21
>>ムーミン叔叔さま

笑っちゃいました〜。
昔の高校生だったら、裸婦の絵で顔を赤らめたりしそうですよね。そういう初々しさが懐かしい・・・
ルノアールの女性は、みんな福福しいので見てると安心します。細い女性がもてはやされるようになったのって、いつぐらいからなのでしょうね。
今回見てきた絵の女性たちも、ほとんどみんなふっくらしていましたよ。
団子の水煮はいただけませんぞ。^_^;
Posted by ぺりお at 2006年09月18日 19:26
こんにちは。試験合格おめでとうございます。給付金対象ということで、ほっと一息ではないでしょうか。

私の場合、ノートそのものに凝ってみるのも意外と効きました。仏製 Clairefontaine (クレールフォンテーヌ)の秋らしいノートなんか、いいんじゃないかな…。日本の Etranger di Costarica (エトランジェ・ディ・コスタリカ)のもいいですね。こういったノートに愛用のペリカン万年筆でさらさらと書くと、あやしうこそものぐるほしけれ…。

今日は東方書店に立ち寄り、中国語学習書の他に「孫子」(講談社学術文庫)を買ってきました。最近読んだ「徒然草」にかなり感激したので、私は勝手に「秋は古典だ」キャンペーン実施中なのです。
Posted by Shira at 2006年09月18日 23:17
私の地元では梨が本格的に出回りましたぞョ^_^
安いトコでカゴ一盛4個入って105円でございます。
今日も2カゴこうてきました。
そういえば千葉に梨の木の原木があるとのこと。
収穫量も日本一ではなかったかしら?
いまいましいですね…。プルプル…(←目尻に痙攣が!)
Posted by ニャロメ老師 at 2006年09月19日 15:51
ぺりおさんの記事で「旅するトルコ語」のことを知り、今日さっそくテキストを買って来ました♪ちょうどトルコ旅行のことを思い出して、また行きたいなーと思っていたところでした。
このテキスト、本当に眺めているだけで楽しいですよねぇ。放送が楽しみです!私はドネルケバブが食べたくなりました。
Posted by yue at 2006年09月19日 19:07
>>Shiraさま

ありがとうございます。やっと落ち着いて勉強できます。
わぁーShiraさん、偶然です。私もクレールフォンテーヌずっと使ってるんですよ。今は赤です。これは紙質がいいので使いやすいです。
エトランジェ・ディ・コスタリカは初耳です。早速丸善にでも行って眺めてきましょう。
ペリカン万年筆ならぬ、わたくしは製図用シャーペンなのでした・・色気がありませんね。^_^;

秋は古典。わかります。私は純文学ですかねー。「狭き門」とか「嵐が丘」とか「デミアン」とか、秋になると読みたくなります。
Posted by ぺりお at 2006年09月19日 22:12
>>ニャロメ老師さま

そちらでは、これから梨が出るのですね!いいなあ〜。
千葉ではもう終わり、という感じです。
こちらの梨は「幸水」が中心で8月中旬くらいが全盛期のようですよ。やたらと横広がりに大きくてちょっとびっくり。

ニャロメ老師さんの方面に旅行へ行った時、きれいな青りんごのような梨を見かけました。自動販売機に「梨ジュース」があったのが印象に残ってますよ〜。おいしかった♪

ふふふ。プルプルしちゃって下さい。(^◇^)
Posted by ぺりお at 2006年09月19日 22:19
>>yueさま

こんばんは。
yueさんは実際にトルコへ行かれたのですね!

トルコは中国とは別に、なぜか心惹かれる国なんです。
いつか行ってみたいなあ〜とあこがれています。
トルコ料理美味しいし、何と言っても本場でキリムを買いたいのです。(^^)
ああ〜、番組が始まるの待ち遠しいですね!

家のすぐ近所に、トルコ人がやっている、こじんまりとした「トルコ語教室」があるんですよ。すっごい吸引力です。^_^;
Posted by ぺりお at 2006年09月19日 22:24
なぬ、「狭き門」とな。
亜麻色の乙女とその後、私の方が木綿のハンカチーフで都会に出てから、それでからナニガシの文通もありつつも、「狭き門」が送られてきて、あぁ、あぁ、青春してたなぁ。かの君が何が言いたいんじゃとそればかりが気になって、小説を読んでも何が書いてあったのか、さっぱり覚えておりません。あぁ31年もたつんだね。あぁあぁ。今夜はひとりでトンチンカンやな^^;
あ〜〜〜〜っ、狭き 門 なんだ。気がつくんじゃなかったぁ。。。。(退散)
Posted by 630叔叔 at 2006年09月20日 02:21
>>叔叔さま

「狭き門」が送られて来た!
うーん、それは深い意味があったのか、ただ感動したからなのか、悩むところですね。小説みたいなお話ですね〜。
その後どうなったのかが気になるところです。(^_^)
Posted by ぺりお at 2006年09月20日 17:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23899293

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。