2006年08月05日

ジョー・リン・ターナーに会う

ジョー・リン・ターナー♪.JPG
←Rainbowのロゴと新日本フィルが一緒になってるなんて・・不思議だ。

ここひと月ほど、音楽まみれになっていました。
7月のヴァネスをはじめとして、次は渡辺克也&ヴェネツィア室内合奏団の夢のようなオーボエを聴き、次は父親が参加している合唱団&東京交響楽団のモーツァルトの「ハ短調ミサ」、次がF4のフィルムコンサ、そして昨日がようやく最後となる、「Tribute to Rainbow〜虹の彼方に〜」かのRainbowのボーカリスト、ジョー・リン・ターナーと竹本泰蔵指揮の新日本フィルとの共演です!

この奇妙で素敵な演奏会には、例のごとくドイツ語マニア兼ハードロックマニアの妹に誘われたのです。

Rainbowっていえば、中学から大学時代くらいの時期、毎日毎日ききまくり、リッチー神!とか叫んでたよなあ。
姉妹揃って、RainbowだのMSGだのZEPだのパープルだのラットのモトリーのスコーピオンズのヴァン・ヘイレンのなんの・・・
土曜日の夜は、小林克也の「ベストヒットUSA」をこっそり見ては親に叱られ、ポスター貼っては叱られ、音楽聴いては「悪魔の音楽だ!」と叱られ、かなりバトルな日々でした。
ああ、なつかしい。(^^ゞ

しっかし、始まるまでどんな演奏会になるか想像がつきませんでした。
何しろ、客層がわからないし、ノリノリになっていいのかどうかもわからないし。
当日会場についてみたら、黒Tシャツ(もちろんアーティストロゴつき。なぜかKISSが多かった)にジーンズ姿、ハードなシルバーアクセに長髪のお兄ちゃん、いかにも新日本フィルを聴きにきました、という感じの上品そうな50代くらいの女性グループ等々さまざま。一体どうなるのー??

でも、コンサートはすばらしかった!
たまに、ジョーとバックがかみ合わなかったり、バラードが日本の叙情歌っぽく聞こえる事もあったけど、それはそれ。
ジョーの声はやっぱりいいなあーーーーー!
人の心をひきつけるパワーは健在でした。
時たま苦しそうなのもまたそれが良い感じ。
25年前、あこがれてた人とこんな形で再び出会えるとは。しみじみ・・

懐かしい曲ばかりでいちいち感想を書いているとものすごい長さになりそうなので、2曲だけ。
亡きコージー・パウエルに捧げる序曲「1812」。
両壁いっぱいにに懐かしいコージーの写真がが大写しにされました。
あのドラムの音や、中学の時クラスメートに借りたアルバムや、コージーが死んだ事を知った日なんかがくるくる頭をめぐって胸うたれました。

それから「Stone Cold」。
これはオーケストラのアレンジがすごく良くて、とにかくブラボーでした。
ジョーの叫びも絶好調♪

最後のスタンディングオベーションと歓声、終わらない拍手、そしてジョーの涙。
なんだかすごく心に残る演奏会でした。

多分来年もまた来るだろうなあ。
次回はリッチーもつれてきてね。(*^_^*)

Rainbow - I Surrender

Rainbow - Stone Cold

おまけ(グラハム・ボネット時代。ああーコージー・・・)
Rainbow - Since You've Been Gone

もうひとつおまけ(ロニー時代。がっこいい〜!)
Rainbow - Kill the King

きりがないからこのへんで。^_^;

★本日の学習★るんるんるんるん

「走進中国」
・明日の予習!!まだ勉強法がつかめない。

・中国語フリーペーパー「カクカク」を読んだ。

「ラジオ中国語講座(応用編)」
posted by ぺりお at 22:54| 千葉 | Comment(18) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リッチー・ブラックモア!!
中学生のとき、親とケンカしてキレたとき必ず大音量でかけていたのが『マシンヘッド』でした。
高校生のころは学校さぼってロック喫茶に毎日入り浸ってました。
ぺりおさん!そんなの思い出したら眠れなくなっちゃうよ〜。
Posted by rainer at 2006年08月05日 23:19
ぅ、久し振りに覗いたら,何やら気になってお邪魔します。(^^;
私が中3で初購入したRockのLPはDeep Purpleの『紫の肖像』でした。
もしかしてぺりおさん同世代?と思ったら8つ違いね。(^^;;
(↓HPには趣味のCDも載せてるのでご笑覧あれ
 http://www.fan.hi-ho.ne.jp/p3-saito/)
あと今は私の義妹が新日本フィルで経理の仕事してます。(^^ヽ
Posted by Saito at 2006年08月06日 00:04
↑あ゛〜最後の ) が邪魔でした。m(_ _)m
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/p3-saito/
Posted by Saito at 2006年08月06日 00:10
やっとかみゃ〜だなも。
先日,ついに中国人と面対面で会話しちゃったよっ!
以前の職場で民族差別で困っていた中国人を助けたくて学習を始めたこと,学習歴2年4ヶ月,毎日ラ講を聞いていること,毎日談話室で中国朋友と文章で談話していること,私の発音についての評価,持ち歩いているラ講本を見せて中国ではどの程度の水準なのかについてetc,およそ30分会話しました。
 私の発音は穏定とのこと。(外国人っぽくないという意味だというけど,我こそ叔叔と第一に会話したいという羨望なのか,雑談室の中国朋友には,お世辞かもよ,と釘を刺されてしまいました。)
 ラ講本は入門編をパラパラ見た段階で,小学校レベルだと済まなそうに言ったので,我是小学生!と明るく答えるとユーモアを笑ってくれました。
 中国物産店だと思って入ったら,網巴だったんです。中国人のたまり場みたいです。入口の電脳でゲームに興じていた若い中国人店主が快く会話してくださいました。また行ってみたいなと思います。
 マイクロソフトスペースはまたアドレスが変わりました。何をやっているのかms社!だね。
Posted by 叔叔 at 2006年08月06日 01:10
ホント、音楽三昧ですね!こちらまで興奮が伝わってきました。
話かわって・・・実は新テキスト「走進中国」、私も持ってます。しかも手付かず・・・(恥)
この機会に私もぺりおさんと一緒にやってるつもりで家でがんばりますから。
で、このテキストの第1課は「起名」ですよね。教室ではフリートークがある?
まだ1課の最中なら、最近リニューアルしたCpod高級版本の第5課「姓名」の内容をマル覚えして使うのはどうかな。
Posted by あられ at 2006年08月06日 16:27
>>rainerさま

「マシンヘッド」!
国宝級のアルバムですね。
あれは、通勤電車でつぶされかけてる時に、大音量でかけたろかな、と時々思います。^_^;
ロック喫茶ですか。行ったことないです。ハードロックカフェをもっともっとディーープにしたような雰囲気でしょうか。ジャズ喫茶みたいに、大音量で聴けるのなら行ってみたいですね〜。
そうなんです・・いろいろ思い出していたら眠れなくなっちゃいました。困りました〜!
Posted by ぺりお at 2006年08月06日 19:53
>>Saitoさま

私が中学の時にはじめて買ったLPはJAPANの「錻力の太鼓」でした。(マニアックな子供ですね・・)ジャケットの左上に毛沢東の写真がありましたよ・・今思うと。
「紫の肖像」懐かしい・・・「WOMEN・FROM・TOKYO」を聴くと中学の頃の教室がわーっと思い出されます。^_^;

HP拝見させていただきました。
Saitoさん、音楽の造詣がものすごく幅広くて深いのですね!勉強になりました。
私は、何だかメジャーどころばかり追いかけてて・・(ちょっと恥)
私もジャズはかなり好きです。最近、全然ジャズバーにも行ってないので、そろそろ行きたいと思っております。
Posted by ぺりお at 2006年08月06日 20:03
>> 叔叔さま

こんばんは。
中国の方と直接会って、30分も話ができるなんてすごいです。どうも、私は語彙力が無くて、自己紹介ぐらいで終わってしまいそう・・・
ラジオ講座、毎日聴いていらしたのですね。
私も聴いてますけど、近頃はききながし状態です。^_^;
Posted by ぺりお at 2006年08月06日 20:47
>>あられさま

「走進中国」是非一緒にやりましょう!
今日の授業で1課の半分くらいまでやりました。
フリートークはちょうど今日やったところです。
でも、残り半分あるので、C−Podチェックしてみますね。ありがとうございます。
「丸覚え」・・・が、頑張りますっ!^_^;
それにしても、中国人の名前のつけ方って面白いですね。
Posted by ぺりお at 2006年08月06日 20:50
「音楽は国境を越える」といいますが本当ですよね。
私は、坂本龍一さんが大好きです。
坂本さんの風貌と生き方に憧れます。
平和への思いをこめて曲を作ったり
素晴らしい活動をしていて感動します。

英語がどんなに世界で話されていても全ての人に
思いを伝えられるわけではありませんが、音楽ならば
きっと伝わると思います。

私、小中と音楽は5段階で2が固定位置でしたので
才能の無さに早々と諦めました。
今からやりなおしたいことの1つです。
Posted by ゴルゴなおきち at 2006年08月06日 21:32
>>ゴルゴさま

私も坂本龍一さんは尊敬しています。
YMO全盛時代は、ちょうど私が中学生の頃だったので、洋楽と共によくききました。
外国のミュージシャンともよくコラボしていて、あの頃から世界の坂本、だったんだなあとしみじみ思います。
本当に音楽は、人の心をつなぎますよね。

ははははー、偉大な歌手でも学校時代、音楽の成績は全くだめな人が結構いるらしいですよ。(^^ゞ
まだまだ大丈夫!まずは替え歌から?
Posted by ぺりお at 2006年08月06日 23:05
”ほい!べんきょうしまっせ引越しのサカイ”
今日は「中国語の合間に子育て」のこけしちゃんのところでお会いしましょう。
Posted by ぼんてんsheng at 2006年08月07日 19:40
>>団長様

「引越しのサカイ」じゃなくて「象さんが好きです♪」にして下さいませ。って、うわあーあそこも大阪本社だ!(~_~;)

こけし団員2号のところへ行ってきました。
まさか団長に発見されてしまうとは。
うぬぅ〜不覚やった・・・(~_~;)
Posted by ぺりお at 2006年08月07日 21:02
うふふ…暑いなり^^
Posted by ニャロメ at 2006年08月07日 23:41
うふふ…暑いなり^^
Posted by ニャロメ老師 at 2006年08月07日 23:42
こんばんは。
こちらを訪れるたびに、自分は勉強が大嫌いだから、広東語を何年やったって自分が話せるようになるわけない...なんて思ってしまいよくなかったな〜と反省させられます。
..ところで、話題は逸れてしまいますが......amazon で「もやしもん」の1、2巻を買いました。今、仕事の締め切りに追われてかなり切羽詰まっているのに、あっという間に二冊とも読んでしまいました。ああ、意志の弱い私。っていうか、おもしろすぎて止まらないですね。3巻めは仕事が一段落するまで我慢します。
Posted by kadoorie-ave at 2006年08月08日 02:12
>>ニャロメ老師さま?

は、はい。確かに暑いなり。^_^;
しかも、台風まで来たなり。
Posted by ぺりお at 2006年08月08日 09:53
>>kadoorie-aveさま

こんにちは。
私も、今ではもうひたすら続ける事のみが課題になっております。^_^;

「もやしもん」読まれましたね!
あれはデンジャラスですよ〜。
私も3冊一気読みしました。
もう菌たちといい、キャラクターといいたまりませんよね。
昨日気がついたのですが、2、3巻の本を閉じて下から見ると、ページの所に菌の絵があるんです!これまたびっくり。(^o^)
Posted by ぺりお at 2006年08月08日 09:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: 東京交響楽団東京交響楽団(とうきょうこうきょうがくだん)は日本の職業オーケストラ|交響楽団。英語名はTokyo Symphony Orchestra。1946年、東宝交響楽団として設立、1951年に東..
Weblog: クラッシックの世界
Tracked: 2007-09-29 23:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。