2006年04月06日

最澄と天台の国宝

仏像鑑賞する姉妹.jpg
先週の土曜日に、上野国立博物館で開催されている「天台宗開宗1200年記念 特別展 最澄と天台の国宝」に行ってきました。
こういうほとけ関係のイベントにはいつも一緒に行く妹と、上野で待ち合わせたのですが、ちょうどその日はお花見日和。想像を越えた人出でした。びっくり。

今回の展覧会はとにかくすごいですよ!
国宝級や重要文化財のオンパレード。そして、普段見ることの出来ない秘仏達も集合しているのです。

最初のコーナーは、坐像画や巻物がいっぱい。
何かの目録などは、結構普通の字で(字のわきに赤でメモ書きもあったりする)、昔も事務員の人は頑張って働いていたのね、と感心。
お経で、一文字ごとに、繊細な蓮の花が色付きで描かれていたのには、あきれつつも感動しました。何て楽しそうな仕事なんだろう〜。もう、こうなると芸術品ですね。

そして、仏像たち大集合の部屋へ!
四天王4人組や、千手観音、上野寛永寺の秘仏トリオ、不動明王、その他その他・・・
こんなに集めちゃって、夜中なんて大騒ぎなんだろうなあ、と想像してしまいました。
しかし、こう多いと、ありがたさというよりも、オールスター戦のような様相です。
もう濃いのが多すぎて、何が何だか、誰が誰やら。

妹など、千手観音の裏にむりやり入り込んで、「うわあ〜!こうなると昆虫だな。」とか(確かに腕の付け根は昆虫っぽくて不気味)、「これは赤木春恵だ」とか、「これはうそ臭いぞ」とかぶつぶつ言ってるし・・^_^;

他に、曼荼羅や六道絵などがあり、そちらも興味深いものでした。
特に、法華経曼荼羅は部屋のカーペットにしたいようなシックな色合いで、よく見ると細かく仏や動物が描かれていて見飽きません。素敵すぎます!

この展覧会は、前期と後期で作品が変わるそうなので、後期、もう1度行ってゆっくり見たいと思います。次回は予習していこうっと。

桜と、仏を堪能した1日でありました。(^_^)

blogランキング参加中です。南無!とクリックお願いいたします♪pandaani227.gif

★本日の学習★

「新中国語」
宿題!今週は残業つづき・・・昨日も11時まで残業でした。(>_<)
でも、言い訳はしません。時間を見つけて何とか宿題だけはやっていこうと思います。

「ラジオ講座」
今日は聴ける時間に帰るのだ!

「chinesepod(中級3,4)」
ちょっと難しくなってきました。書き取りとシャドウイング。

「中国語作文」
ネットでお知りあいになった方と日中相互学習をする事になりました♪(謝謝〜)
中文メールがんばります。(^_^)
posted by ぺりお at 15:06| 千葉 ☀| Comment(23) | TrackBack(1) | 展覧会・美術展他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪

仏像って、色んなお顔されてますものね。
綺麗だなって思うのは、小池栄子さんに似てる仏像とかです。
法隆寺には、山田邦子さんそっくりの仏像があったけど、今もいてはるかなぁ。

南無!していきますね♪
Posted by すみれ at 2006年04月06日 16:20
またまたおじゃまいたします。
この展覧会のポスターの仏様、お名前も存じませんが、その美しさにうっとりしました。ポスターだけの出会いではありますが、ぐっときました。
Posted by るば at 2006年04月06日 17:43
明日はいよいよ息子ちんの入学式なんだけど、我等の大学同様に仏教系なの〜。
私自身カトリックよりは落ち着くかなー。
ひそかに幼稚園はカトリックだったけど。
多分お偉い坊さんが入学式にも現れるんじゃないかと予想されます。
そのうち座禅実習もあるよ、子供がね。
またホトケ系の話題があったら報告します。
Posted by EKO at 2006年04月06日 20:12
この展覧会のポスターを駅で見たとき、
「ぺりおさん行くかな?」
とすぐに思いました。
わたしも行こうと思ってます。

「オールスター戦のような様相」には笑いました。
見上げるような大リーガーの男たちが並んでいる様子を想像。
Posted by rainer at 2006年04月06日 21:36
>>すみれさま

小池栄子みたいな仏様、ってわかります。
横広で、目が切れ長で、凛としている感じでしょうか?
やはり綺麗な人って像になっても綺麗なんですね。
山田邦子そっくりな仏像・・かなり気になります。
明日、本屋さんの仏像大百科で調べてみます。(^^)
Posted by ぺりお at 2006年04月06日 22:13
>>るばさま

あのポスターはデザインが斬新でかっこいいですよね。
大きい本屋さんでは、「ご自由にどうぞ。」のブックカバーになっていましたよ。(リバーシブルで、裏面はプラド美術館展の広告)

あの仏様は、比叡山延暦寺の「聖観音菩薩立像」です。
信長の焼き討ちの時に、見事お坊さん達が持ち出して逃げたそうです。
会場のメインの場所にたたずんでいて、思わず手を合わせている人もたくさんいました。
もう、完全に生きているな、と思われます。
ガラスケースにはいっていないので、思わず、さわりたくなってしまいました。
是非、比叡山でお会いしたいものです。(^^)
Posted by ぺりお at 2006年04月06日 22:21
>>EKOちゃん

おおっ!さすがに縁がめぐっているわね。
大学のとき、入学式や卒業式で歌われてた「三帰礼文の歌」っていうのが妙に頭にこびりついてしまって、今でも時々歌っちゃいます。すごい美声だったよね〜。
あさっては、花祭りだから、また大学構内では甘茶飲み放題だね。懐かしい・・(そんな事してたの私だけかも)
中学校のホトケ話、楽しみにしてまーす。(^_^)/
Posted by ぺりお at 2006年04月06日 22:25
>>rainerさま

いやいやもう〜勢ぞろいですよ!
ちょうど、四天王(筋肉もりもり、ごっつい甲冑、頭部が極端に小さい)なんていうのに囲まれちゃったものだから、体育会?なんて思ってしまいました。
中に、3人組の酔っ払って(と思われる)歌っている仏様がいて、それが一番気に入りました。
明日は、7時頃から博物館前で天台声明が披露されるそうです。無料だし、帰り道だし、どうしようかなーと考え中です。
また、国宝展行くつもりなのでrainerさんに遭遇しちゃうかも〜。(^◇^)
Posted by ぺりお at 2006年04月06日 22:29
うわ〜〜^^〜〜楽しそう。
ぺりおさんのホクホク顔が目に浮かびました。
お会いしたこともないのですが、仏像の前に立ち、
感動で、目がきらきらしているところを想像しました。^^)
いいお休みでしたね。(^^)
Posted by ぴょんこ at 2006年04月06日 22:59
最近異動した関係で毎日11時まで残業で、電車のなかでは疲れて勉強できません。。。 う〜ん、言い訳かな。べりおさんを見習ってがんばりたいです。
Posted by 胡蝶 at 2006年04月07日 00:14
>>ぴょんこさま

ありがとうございます。楽しかったですよ〜♪
この展覧会と併設して「国宝・天寿国繍帳と聖徳太子像」とか、「地獄草紙」などもやってます。
もう1度いって、音声ガイドなどを聞きつつゆっくり回ってみたいです。
Posted by ぺりお at 2006年04月07日 09:37
>>胡蝶さま

お疲れ様です〜。

それは全然言い訳ではありませんよ。体をこわしたら元も子もないですから。(^_^)
私の場合は、一時的な忙しさなので、どうとでもなるのです。

ゆっくり休みつつ、頑張りましょう!
Posted by ぺりお at 2006年04月07日 09:43
仏像の展覧会って迫力がありますよねー!先日、子供を連れて、京都の博物館に行って雛人形展を見てきたんですが、仏像を展示しているところもあって、入った瞬間、異様な雰囲気に子供(1歳5か月)が固まってしまいました(笑)。あまり見ると夜泣きしかねないので、見るのをやめました。今度一人でじっくり仏像の展覧会を見てみたいです。その前に、仏像の見方の勉強もしときたいものですね。。ただ美しいものを見るのと違って、その意味も奥深いですもんねぇ〜。。ちょっと話が変わりますが、ぺりおさん、今年一月に放送されたNHKの番組「お寺ルネサンス」を見ましたか?
Posted by まお at 2006年04月07日 13:15
ちょっとご無沙汰ですね。

私もこれ見たいと思ってるんですが、混雑してるでしょうね。
よさそうなので、やっぱり行こうっと!
Posted by イヴォンヌ at 2006年04月07日 17:19
ぺりおさんは仏像を彫るのにチャレンジをなさる
ご予定はありますか???
なんていうか仏像に魂をこめるって、いい言葉ですよね。
手塚治虫先生の『火の鳥』でも、そういうお話があります。

そして、個人的な興味ですが妹さんとお会いしてみたいです。是非、次回のお茶会あたりに。
Posted by ゴルゴなおきち at 2006年04月07日 22:18
>>まおさま

この展覧会、京都国立博物館でも開かれていたようです。
東京には来なかった仏像などもあるようですよ。
仏像は、小さい子にとっては脅威でしょうねー。
大きいし、かたそうだし、なんとなく何百年というオーラがただよっているし。(^^)
仏像、私もあまり鑑賞方法とかわからないのです。
気が合いそうか、どうか、っていうのが基準です。^_^;
でも、背景を知っているともっと楽しいでしょうね。

「お寺ルネサンス」ビデオにとったのが失敗して、半分しか見られなかったんですよ〜。
右側にリンクしている、「虚空山彼岸寺higan.net」で知ったのです。こちらの管理人の方は、「お坊さんはじめました」のブログを作っている、現役のお坊様なんですよ。
半分でしたけど、いろいろ考えさせられましたよ。
若い世代の人たちが、真剣にお寺、仏教のあり方を考えて、どんどん新しい方法でアピールしている所にすごく共感しました。お寺っていうと、お葬式して、高いお金をとって、税金免除で、楽して暮らしてる、ってすぐ結びつけてしまう人たちに見てもらいたいなあ・・・・(^^)
Posted by ぺりお at 2006年04月07日 22:37
>>イヴォンヌさま

こんにちは!
この前の土曜日に行ったときは、お花見に人が流れたせいか、それほど混んでいませんでしたよ。
開催期間が長いので、まだ混まないのかもしれません。
(残り1週間はすごいでしょうが・・)
音声ガイドもあるし、かなり充実感がありました。
ぜひぜひ行ってらして下さいませ〜♪
Posted by ぺりお at 2006年04月07日 22:42
>>ゴルゴさま

親戚のおじさんに、仏像を彫る人がいました。
上手でしたよ〜。
私も彫ってみたいけど、多分仏像というより、東南アジアやアフリカの民間宗教の神様みたいになってしまいそうです。
だから、写仏の方にしようかなー。魂をこめて。

妹ですか・・・
見た目はおとなしそう。でも私よりもっと強烈。
そして、もっとつっこみ激しい。
英語、ドイツ語ぺら。(ぺらぺらの手前)
少林寺拳法部。
どうする〜?会う〜?こわいよ〜?(^^)
Posted by ぺりお at 2006年04月07日 22:46
そういえば、じんじんも仏教というものにすごくご縁が
あったように思えます。

お寺の本堂で仏像を眺めながら数時間を過ごしたことも
あったし、小さいころから「感謝」という気持ちを持ち
なさいってよく言われてきました。

大乗仏教である浄土真宗のお寺がじんじんの結婚前の本籍
でした(早い話が祖父のころまで)から、夏休みになると
本堂の掃除とかさせられるのがイヤでたまりませんでした。

でも、ある程度の大人になると故郷の仏像が懐かしく感じ
られて暖かい気持ちがよみがえってきます。

また、近いうちに大分のお寺に帰ろうっと♪
Posted by じんじん at 2006年04月08日 00:49
さすがぺりおちゃんの↑のコメント。
土曜日は基本的にある学校なので、今日息子が早速登校したら、いきなり『降誕会』でした。キララーン。
1学期始まるなりお釈迦様のお誕生日よー。
中1だけのようだけど、早速お坊さんの指導で「お焼香」をして甘茶を飲んだそうよ。
でもお焼香の仕方は自分の宗教に関係なく、世間で直面する事多いから役立つよね。
うちは一昨年主人の母が亡くなったから今までもいっぱいお焼香してるけど、今まで縁のない子もいるだろうしね。
Posted by EKO at 2006年04月08日 20:35
>>じんじんさま

うらやましい環境です〜。
私は小さい頃からお寺に住みたくて仕方ありませんでしたよ。寺掃除ならOK?

その仏様は、小さい頃からのじんじんさんを、ずーっと見ていらっしゃるのですね。
なんだかそういうのって暖かくていいですね。
Posted by ぺりお at 2006年04月08日 22:06
>>EKOさま

おおっ!やはり花祭りに合わせて入学式を行ったのでしょうか?
こういう機会でもないと、もう花祭りを祝うなんて知らずに大人になっちゃうよね。

でも、お坊さんがきちんと行事や作法を教えてくれるのはいい事だよ。
宗教っていうと「あやしい」「あぶない」って言われがちだけど、きちんとした生活の心がけや常識を教わる事も大事だと思います。

最近、得か損かで動いている人が多い気がしてさーーー。
謙虚な心はどこに?って思っちゃうの。
(ってまじめに考えてしまった)^_^;
Posted by ぺりお at 2006年04月08日 22:16
きのうはぺりおが宿題した?
そしてきのう梵天丸が、ぺりおは集合したかったの♪
Posted by BlogPetの梵天丸 at 2006年04月09日 11:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16223711

この記事へのトラックバック

「最澄と天台の国宝」展〜象徴言語とは
Excerpt: 今日は一日のんびり休むつもりが・・・昼過ぎになってどうしても「これ」を見なければならない気がして・・・気が付いたら上野駅目指して山手線に乗っておりました。 というわけで東京国立博物館..
Weblog: タロットセラピーで成長しました
Tracked: 2006-05-06 21:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。