2006年02月24日

仏像のひげ?

観音のひげ.bmp
←観音様、こんな姿にして申し訳ない・・・
(衣服とアクセサリーは省略しました)


またまた京都での出来事。

泉涌寺の楊貴妃観音参拝をしていたら、そこのおじさんが、「観音様の口のまわりに見えるのは、ひげじゃありません。慈悲を説かれる口の動きを現しているのです。」と教えてくれました。
「ほほーう。」と感心しつつも、内心は「そうなのか?」と疑問でいっぱい。

早速、帰ってからちょこちょこと本をあさって調べてみました。
どうやら、いくつか説があるようです。

@慈悲を説かれる口の動き。
A表情豊かに見せるトリックの役割。(角度によって笑って見えたり怒って見えたり)
B変成男子説。仏教では女性は成仏できないとされ、一度男性に変身してから成仏するため、その変身した姿をひげであらわす。
C観音は無性だが、言語学的には男性をあらわす。そのためひげで男性の名残を表現している。

うーん、どれもなかなか最もらしいですね。まだまだ調べる余地がありそうです。
インド、中国、韓国の仏像たちも調べてみなくては。

いとうせいこう&みうらじゅんの「見仏記」という本の中に、この観音様のひげの話を聞いたみうらじゅんが、「本当に口の動きかねえ。ひげはひげじゃん。」って言うところがあり、かなりうけました。(^^)

本当、どうみてもひげにしか見えません・・・

★ランキングまだまだ参加してます。よろしかったらクリックして下さいませ♪pandaani89p.gif

★本日の学習★

・「中国語実習コース」・・・単語調べと音読。久しぶりにドトールで1時間勉強してみました。
・出てきた文法事項を使って文を作る。(2つで挫折だけど)

*少しずつ勉強するぞモードになってきました。(というか現実に気づきあせってきた)きちんと予習していかないと、振り落とされちゃうから。今は片手で岩をつかんでる状態・・・
posted by ぺりお at 00:32| 千葉 ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんまそうですよね。

ひげはひげって感じがします(笑)

ちなみに、奈良の法隆寺には、笑える(?)仏像が沢山あります♪
Posted by すみれ at 2006年02月24日 03:34
ぷっ‥ (*^m^)o=3

この絵の面白さは、みうら画伯を超えていますよ!
Posted by rainer at 2006年02月24日 08:51
ぷは。私もひげはひげに感じてます。(笑 ^-^)
ひげにいろんな意味があるなんて、、、。それを考えた方もすごい。
Posted by ぴょんこ at 2006年02月24日 10:25
ぺりおさん、こんにつは。
「見仏記」購入されたそうで、おめでとうございます(?)。
仏像など仏教美術に興味を持つようになったのは、みうらじゅん氏とこの本の影響からです。笑いながらも、いろいろな見方があることを知りました。
Posted by るば at 2006年02月24日 17:10
>>るばさま

とうとう買ってしまいました。これで、本屋さんも一安心でしょう。なんとDVDもあるのですよ〜。

家でじっくり読んでみたのですが、やはり面白い!
みうら氏の小学生時代のスクラップも驚きです。書いてある事が小学生っぽくないし。
さあ、私も見仏しなくっちゃ。近いところで鎌倉あたりへ♪
Posted by ぺりお at 2006年02月24日 23:03
>>すみれさま

法隆寺に笑える仏像が!
それは要チェックです。(^^)
奈良にも、良い仏像がたくさんあるんですよね〜。
次回は奈良にしようかしら。
私は、興福寺の無著像が好きです♪

Posted by ぺりお at 2006年02月24日 23:21
>>rainerさま

ありがとうございます。
今日の朝、みうら画伯の絵を見て、電車の中で笑ってしまいました。かなり好きです。

私も負けずにがんばるぞー!(*^^)v

Posted by ぺりお at 2006年02月24日 23:25
>>ぴょんこさま

そうですよねー。やっぱりひげですよね。
いろいろ大変な理由があるらしいので、感心しました。
特に、あごのしたのくるくる渦巻きが非常に気になります・・・^_^;
Posted by ぺりお at 2006年02月24日 23:32
色々な説があるってすんごい面白いですね。
しかも、その説が仏教の考え方をもとに解説できる
のですから、大変面白いです。

タイでも、色々な仏像を見ました。
観光客向けになっているような感じのところと
そうではないところとがありました。

タイは仏教国なので、色々と面白いですよ。
お店が開店する前に拝んでいたり
お香をたいていたりと私には新鮮でした。
Posted by ゴルゴなおきち at 2006年02月25日 16:19
>>ゴルゴさま

東南アジアの仏像は、日本の物とは随分違っていて面白いですよね。金ピカして派手なところなど、仏像が出来立ての頃を彷彿とさせます。

日本の仏像も最初は金ぴかだったはずのに、色あせてはげかかってきている方がありがたく感じられるのが不思議な点ですね。
私の夢に、仏教伝来コースをたどる(2種類のコースね)というのも加えられました。(*^_^*)

Posted by ぺりお at 2006年02月25日 21:08
梵天丸がぺりおと調べに参拝された。
ぺりおが事項を話しなかった?
Posted by BlogPetの梵天丸 at 2006年02月26日 11:20
初めまして。
いきなりですけど、とっても面白かったです。
ホント、一目見てこの絵の虜になりました((爆笑

よかったら私もメロ育ててるのでお友達になってください★
また来ます(^^)

ホントいきなり失礼な発言でごめんなさい・・・
Posted by Tommy at 2006年02月26日 16:30
>>Tommyさま

はじめまして。お越しくださってありがとうございます。
いやいや、この絵、衝動的に描いてしまって、観音様には悪い事したなあ、と反省中です。(本当はすごく美しい方だったのです)

Tommyさんはこの春から大学生なんですね〜。
これから、すごくたくさんの事を経験できますよ。
懐かしいわー。
つらい事とか、楽しい事とか、全部奥深い人間になるための財産になるので(そしていい女になるためでもある)、しっかり頑張って下さいね。←わー、お説教くさい〜^_^;
あ、弓道はおすすめですよ〜♪
Posted by ぺりお at 2006年02月26日 19:20
メロのお友達になってくださってありがとうございますっっ(^^)/

ハィ☆どんな経験もステキな女性になる試練・・・と思い頑張っていこうと思います♪♪

ぺりおさんは弓道やってらしたんですか??
ホントかっこぃぃなぁ〜☆
といつも思ってるんです。
大学ではチャレンジしてみようと思ってます♪♪
Posted by Tommy at 2006年02月26日 19:54
ぺりおさん、素敵なイラストですねー
私もなぜか見仏記、持っています。
でも、ぺりおさんの見仏記がまさかあのみうらじゅんとは^^;ミスマッチな気がして絶対違う本だと思ってました。
Posted by liuliu at 2006年02月26日 23:55
>>Tommyさま

こちらこそ、もなかと友達になって下さってありがとう。
そうなんです。大学時代は弓道部に入っていました。
見た目の優雅さとは裏腹にかなり厳しいものがありましたが、好きでしたね〜。今年の春から、またやろうと思ってます。(*^_^*)
Posted by ぺりお at 2006年02月27日 00:23
>>liuliuさま

いや、その、ありがとうございます。こんな絵なのに・・^_^;
見仏記、まさに私の世界ですよ〜。あの2人の会話に十分入っていける自信有りです。柴門ふみとかはなとか他の人の本も読みましたが、やはり私はみうら&いとう派です♪

ところで、この間ジェイに腕枕してもらってすやすや眠る、というすばらしい夢を見ました。目が覚めたら、ジェイは猫の背中だったけど・・・すっごい幸せでしたよーー♪♪
Posted by ぺりお at 2006年02月27日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13686827

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。