2009年05月08日

歩きながら音読を!

e0072264_1834925.jpg
立ち上がって音読?

語学は音読が一番効果的、という話を良く耳にします。
私のバイブル『台所から北京が見える』にも、著者が先生に中国語の上達方法を尋ねたとき、「只管朗読」という答えが返ってきたシーンがありました。

私も音読が好きで、以前は100本ノックなどもしていましたが、ここのところはさっぱり。
すっかり口まわりの中国語筋肉が衰えてしまい、発音があやふやになってしまいました。

中国語の勉強を再開するにあたり、また音読を始めてみたのですが、これがなかなか続きません。
普段は、家で誰もいない時をみはからい(笑)、椅子に座って音読をします。
テキスト1課分で、たった5分やそこらしかかからないのに集中力の持続が難しいことったら!
途中キョロキョロしたり、猫が膝に乗ってきたら構ってみたり、次のページめくってみたり・・。
せっかくキッチンタイマーをセットしても、止める有様。
どうもいけません。語学力もさることながら、学習持続力も衰えているようです。
2年間のブランクは大きい!

そこで、ふと思い立って立ち上がって音読してみました。
立つだけでなく、うろうろと部屋を歩きながら読んでいると、あら不思議。
かなり集中できるのです。
「歩いている」と「読んでいる」と同時に2つの事をやっていると、自然にそれ以上の行動ができなくなるのかもしれません。
しばらくすると、だんだん気分は「学校の先生」になり、ゼスチャーまで入れてみたりして。

まあ私の場合、雰囲気にすぐ乗せられるという、うっかり八兵衛みたいなとこがあるので、万人にいいかどうかはわかりませんが・・。(゜_゜)
でも、なかなか良い気分になれるので、しばらくはこのうろうろ音読を続けてみようと思います。


【ただ今使用しているテキスト】



中国語教室で使用しているテキストです。
NHKのTV中国語講座の講師をされていた陳淑梅先生の著書。
中国と日本の習慣の違いがエッセイにされていて、大変興味深い内容です。
一番「おおお!」と思ったのは、中国人の布団の使い方。
掛け布団を封筒みたいに折って、その中にもぐりこむらしいですー!
だから掛け布団のサイズが長いって・・・。びっくり。
普通に使う慣用句や成語が自然に散りばめられているので、知らず知らずのうちに覚えられるかも。
(かも!)(^◇^)
posted by ぺりお at 10:06| 千葉 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

やっぱり中国語が好きだ。

大集合!090315.JPG
↑猫、4匹になりました・・。

2年ぶりにこちらのブログをのぞいてみました。
移行したブログのアクセス解析を見ると、こちらのブログからのものが多く、まだ見て下さる方がいらっしゃるのだなと嬉しく思います。
いらして下さった皆様、ありがとうございます!

お礼のご挨拶がてら、ちょっとだけ今の気持ちを書いてみます。

中国語の学習ですが、この2年間、スパルタ教室をやめたと同時に力が抜けてしまい、ほとんどやっていないような状態になりました。
外部から強制されないとこうもだらけるのか・・・という有様。

時々ラジオ講座を聴くも、3,4ヶ月ぐらいで挫折してしまったり。
新しいテキストをやりかけては投げ出し、という繰り返し。
それとともに中国語そのものに対する興味も低下してしまいました。

そんなことですから、当然この「中華的日々」のブログを運営している当時に比べて、格段に中国語力が衰えてしまいました。

しかし、なぜかこの春、また中国語への気持ちが高まってきました!
きっかけは不明です。(笑)
中国語ブログ仲間と話して刺激を受けたからか、ちょっと聴いたラジオ講座が面白かったからか、はたまたレッド・クリフのせいか??

でもひとつ自信を持って言えるのは「中国語が好きだから」です。

やっぱり人って、いろいろ道草しても、最終的には好きな物のところへ戻ってくるのですね。
なんだかんだブツクサいいながら、来週から新しい中国語教室へ通う事にしました。
どうなることやらわかりませんが、楽しく勉強していこうと思います。

中国語学習者のみなさま、お互い頑張りましょう!

posted by ぺりお at 22:49| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。