2007年01月28日

ジェスチャーマン

猫軍団.JPG
←「チョコ猫軍団」埼玉県宮原市のすごくかわいいケーキ屋(オスコー)さんでこいつらを発見。

電車の中で、韓国人カップルを見かけました。
大きな声だったので、ついつい注目してしまったのですが、その時気になったのは彼らのジェスチャー。
かなり大げさな感じで、映画の中の人みたい。
そういえば、中国や韓国や美国の人ってジェスチャーが大きいよなあ、なんて思っていたある日、事件が・・(ーー;)

それは動物病院で起こりました。
まる猫の検査後、いろいろ猫の日頃の様子などを報告していた時。

そうそう、この病院の先生は、ちょっと(かなり)素敵な方なのですよ。
背が高く人懐こい笑顔で、中村雅俊を6倍くらいかっこよくした感じ。
まる猫には悪いけど通院するのが楽しみだったりしてるのです。

あ、話はそれましたが、その報告中、「はい、お腹がすくらしく夜中に私の顔をこうばばばばっとたたくんです。」、「ええ・・その薬を飲むとお腹がゆるくなって、こうぶりぶりぶりっと・・」と言ったところで、先生が耐えかねたようにくっくっと笑っているではないですか!
「ぶりぶりっとですね。」と笑いをこらえつつ返されて「はっ」と思いました。
私、かなりひどいジェスチャーをしている!と。

ばばばばっでは、猫ひろしみたいに、猫手で両手をぶるぶるさせてたし、ぶりぶりっにいたっては、お尻の所から右手をごにょごにょっと、あたかも今でているかのように不気味な動きをさせていたよー。
ああ、どうしよう・・・^^;

中国語でうんうん会話をする時に、言葉が出ないところをジェスチャーで通じさせようとしていたので、すっかり癖になってしまったようです。
その後も、気がつくとかなり大げさにゼスチャーをしている事に気がつきました。
そう思って回りを見てみると、語学を勉強している人って、ジェスチャーが大きい気がします。
やはりそれは、私と同じ理由なのでしょうか?

でもなあ、いまさら直すっていっても無理そうだしこのまま行くしかないでしょうね。
ちょっとエレガントなジェスチャーを研究しなくては。

(今読み返したら、ジェスチャーをゼスチャーって書いてましたよ。ジェスチャーですよね?普通。ゼスチャーってなんだ?あれ?いいのかな。わからなくなってきたー!うわーーー!(-_-;))

★本日の学習★pandaani258.gif

「中国語教室」
「千里走単騎」の内容をざっと中国語で説明させられる。(めためた)
あまりの中国語力のなさに愕然とする。もう少し中国語で表現する事を考えてみなくては、と強く思った。

「走進中国」
第6課の練習問題と閲読文の音読(教室にて)

*其中の使い方、従〜到文で動詞が入る場合、継続と連続の違い等を教わった。
継続と連続の使い方の違いは、まだちょっとはっきりしません。
posted by ぺりお at 19:59| 千葉 ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

「心霊写真」おすすめです!

心霊写真.jpg「心霊写真」

久しぶりに「おお〜、ホラー!」という映画を見ました。
公開当時からずっと気になっていたタイの映画「心霊写真」です。
“アジア各国を恐怖の渦に巻き込んだ!映画内で使われてる心霊写真はすべて本物!スタッフに不可解な現象続出!”とかなり評判になっていました。

まあ、不可解な現象続出、っていうのは、最近のホラー業界ではほぼお決まりの演出でしょうけど。^_^;

そういえば去年の秋ぐらいから一般公開されていたホラーはあまり見てなかったような気が。
(いやあの、公開されていない物は何本か見ていたので・・アルバトロス・コア社のとかね。ふふふ)

タイのホラーといえば、香港と合作の「The・EYE/見鬼」が有名ですね。
これは、とても不思議な感触の映像で、熱を出した時昼間に見る悪夢のような、恐怖感とファンタジー感にあふれた傑作でした。
主人公のアンジェリカ・カーがかわいいし♪

さてこの映画。
はじまりは、主人公がある女性をひき逃げした場面からです。
その後、続々とおかしな現象が始まり・・・というごくありふれたストーリー。
しかし、カメラマンの主人公、昔の彼女、交通事故、心霊写真、写真屋さんの言葉、すべてが伏線となって最後の最後にまとまっていく作りは見事でした。
タイのお葬式場面は、異国風でそれがまた怖さを誘います。
これからご覧になる方がいらっしゃるかもしれないので、詳しくは書けませんが、今まで見たことのない方法で、真実が解明されます。これは画期的だったなー。

幽霊の演出は、といえば、ほぼ日本のホラーと同じ(もしくはパクリ)傾向でしたね。
はいずり方は「リング」の貞子風、メイク&突然の空間移動は「呪怨」の伽椰子風。
でも、何度も何度も出てくるあたりは、日本の彼女たちよりもパワフルでした。(^_^)
恥ずかしながら、あんまりびっくりして飛び上がっってしまった箇所があるし・・・

まあとにかく、最近のメジャーな日本のホラーよりずっとおすすめです。
よろしかったら、ぜひぜひ♪

*主人公がキアヌ・リーブス&朱孝天を足して2で割ったようにみえてしまい、なんだか笑ってしまった・・↓
アナンダ・エヴァリンハム.jpg

★本日の学習★かわいい

「走進中国」
第6課の閲読文の日訳。なかなか終わらない〜。

「NHKラジオ中国語(応用編)」
電車の中でCDをきく。後でテキストチェック。

「中国語検定2級徹底攻略」
せっかく買ったので電車で少し問題をやってみた。
→このような呼びかけは全く相手を尊重しないとの意味には取られない。
→這様的称呼完全没有不尊重対方的意思。だって〜(>_<)
日本語からしてわかりずらいのですが・・・
posted by ぺりお at 15:14| 千葉 | Comment(11) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

語楽紀行見るぞー!

チェジュ.jpg
→「アジア語楽紀行」〜チェジュ(済州)

来月号のNHKラジオ中国語のテキストを買いに行ったら、「アジア語楽紀行」の新刊が出ていました。

次回は何と韓国!正規の番組がある語学では初めてかな?
年末のチャングムを見て以来、韓国に何となく心ひかれていたので、早速買ってきました。(^^)

語楽紀行は、広東語、トルコ語、ベトナム語、タイ語などを見ていましたが、これは5分番組にもかかわらず、旅情たっぷりなのです。
語学については・・・・ですけど。(ーー;)
テキストを見ているだけでも、風景、食べ物などの写真が豊富でかなり楽しい!

今回のテキストでは、やはり食べ物に目がいきましたが(海鮮鍋食べたいよー)、それ以上に気になったのは「トルハルバン」という像。
スキットにも、トルハルバン工房にて、というのが出てきます。

↓こんなやつ
トルハルバンニダ!.bmp

説明によると、済州島の守護神・道祖神としていろいろな所にまつられているとか。
お土産にもなっているらしい。
欲しいなあー。部屋にぎっちり置いてみたい・・・

という事で、来月からはちょこちょこ語楽紀行で韓国文化に触れてみようと思います。
そろそろ「チベット語」もやってくれないかなあー。(^^)

★本日の学習★pandaani99.gif

「走進中国」
第6課の閲読文の日訳。ノートに1文ずつ書き取り、訳をつける。
面倒だけど、やはりこうするとわかりにくい文法をうやむやにしなくなるので、勉強になる。

「ラジオ講座応用編」
今日はインタビュー。やはり、インタビューよりも文章の方が各段にわかりやすいぞ。

「餃子」
いやだなあ、こんな話、と思いながらも30分ほど読んでしまった。
posted by ぺりお at 21:45| 千葉 ☔| Comment(30) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

久しぶりの教室

ほかほか.JPG
←ここがスペシャルシート。
ほかほか・・(byまる猫)


2ヶ月ぶりに中国語教室へ行ってきました!
土曜日にばっちり予習をするぞ!と気合を入れていましたが、まる猫が定期検査で入院中のため、注射時間などの気を使わなくてよく、ものすごく静かな日になったので、思わず昼寝を・・・・^_^;
ようやく始めたのは真夜中でした。あーあ。
無事に授業予定の6課の予習を終えて準備万端。

朝から病院へ行って猫を受取り、検査結果などを聞き、あわてて家に猫を置きに帰り、また出かけました。

教室につくと、女性の同学は風邪で欠席。男性同学2人はいつものように遅刻です。
老師とお正月に何をしていたかなどを、日本語まじりの中国語で、(おっと!中国語まじりの日本語で)話しました。
10分後、遅刻君たちが揃い、フリー会話開始です。
おお、なぜか今日は全員ハイテンション!
同学たちは、がんばって中国語を話そうとしているし、老師は「せんせーい、いつから吉本入ったの?」と言いたくなるほどノリノリで生徒たちにツッコミを入れてます。
ノリツッコミまでしてたし・・うーん、中国人と関西人は共通点が多いなあと思ってたけど、こんなだとは。

「何だ?何だ?このノリは?私が復学したのがそんなに嬉しいのか〜♪」
と思って内心ほくそえんでいましたが、実は、老師の論文提出が(大学院生なのです)あさってにせまり、あまりにせっぱつまっていたため半分いっちゃってたようです。^_^;

まあとにかく、そんな風に授業ははじまりました。
ちょうど文法事項のところからで、出てきた重要構文を使ってひとりひとり例文をその場で作る練習になりました。
ああ〜、これってものすごく頭を使います。
中国語ももちろん、日本語でとっさに例文を作るのさえなかなか浮かばなかったりして。
その上、簡単な単文など言おうものなら、老師に「えええ〜、それは簡単すぎてつまんなーい。」と言われてしまうし。
3人でうんうん言いながらかなりな量を作文しました。
面白いもので、それぞれの人が作る例文って性格が表われますね。
男性は仕事関係が多く、女性の同学は旅行やファッション関係が多く、私はだいたい食べ物関係の文。
例えば「不好意思」の(〜しがたい)という意味での文章。
(男性)私は彼の仕事のやり方はいつもおかしいと思うが、本人には注意しずらい。
(私)彼女が私につくってくれた料理はすごくまずかったが、とても彼女には言えない。
のように。

そんな感じで2時間はあっという間に過ぎました。
2ヶ月ぶりで頭がぼーっとしていて笑われたりしましたが、やっぱり教室へ行くと刺激を受けてやる気になりますね。
ああ、面白かった。
さあ、例文作りの練習をしなくては。(^o^)丿

★本日の学習★(予定)pandaani106.gif

「走進中国)」
第6課の例文作り。閲読文の単語チェック。

「ラジオ講座」
(応用編)
電車の中で、応用編のCDを聴きつつテキストでチェック。
(基礎編)
今週の会話を見て、日本語を中国語に訳す。第2週目分。結構まちがえる・・・

*いつも乗る電車に、必ず「聴く中国語」を読んでいるお兄ちゃんがいます。
毎日毎日ニュース記事を熟読しているので、かなりハイレベルな方のようです。
今日は、たまたま隣だったので、お互い何となく「おお、仲間よ」という雰囲気でした。
明日もいるかなあ。(^_^)
posted by ぺりお at 13:47| 千葉 ☀| Comment(17) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

再見、カフェ勉・・

くんくん.jpg←なーに、なーに?ちょうだい、ちょうだい!(byはち猫)

先週の日曜日、近くのコーヒーチェーン店でいつものようにカフェ勉をしていました。
午後4時過ぎで、店内は比較的すいていて勉強をしている人の姿が結構いたので、安心して勉強していたのです。

しかし、30分ほど過ぎた頃、店員さんがそれぞれのテーブルを回り何か話しかけはじめました。
何だろうと思っていたら、私の隣の席にも。
「お客様、店内これからこみ合ってまいりますので、長時間のお勉強はご遠慮いただけますか?」とのこと。
そして、私の席にも来てもちろん同じ事を言いました。
「ひええ〜、許しておくれ〜」です。

まわりじゅうの勉強していた仲間たち10名は、何となくあたりを見回して、すぐに帰る人、まだ続ける人、どっちつかずおろおろする人、にわかれていました。
私はかなり小心者なので、テキストとノートをしまい、こそこそ冷めたコーヒーをすすっておりました。

今まで、同じ時間に来てたけど、そんな注意された事がなかったのに。(>_<)
おしゃべりしてて、もっとずっと長時間いる人もいるのに。
しかもすいてるのに。
長時間は駄目なら、1時間くらいならいいのかな。
それとも勉強っていう行為そのものが駄目なのだろうか。
(ぶつぶつぶつぶつ・・)←店員さんに聞いてみたいけど小心者で聞けない。

でも、カフェは本来、お茶を飲みながらおしゃべりをしたり、本を読んだり、ぼーっとくつろいだりする場所なのだろうから、そこでガリガリ勉強や仕事をする人がいたら、迷惑だという人も当然いるだろう。
カフェ勉大好きな私にとっては残念だけど、仕方ないかも。
あーあ、つまんないなあ〜。(-_-;)

よし、今度はよく雑誌に特集されているような「お家でカフェ」ならぬ、「お家でゆったりお勉強」を考えてみよう。くやしーっ!


★本日の学習★(予定)pandaani62a.gif

「走進中国」
第6課の文法と例文チェック。できたら自分で例文作成する。

「ラジオ講座」
(応用編)
電車の中で、応用編のCDをひたすら聴く。(気持ちいいのだ)
気になる単語やフレーズは、テキストでチェック。
(基礎編)
お昼休みに、今週の会話(週末に1週間分まとめてのっている)を見て、日本語を中国語に訳す。
posted by ぺりお at 11:34| 千葉 ☀| Comment(31) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

ラジオ講座と復学!

賢そうなまる猫.JPG
←今年は僕も勉強しようっと。(byまる猫)

休学中の中国語教室、とうとう来週から復学する事になりました。
本当は3月くらいから、と考えていたのですが、学校の規定で2ヶ月の休学を過ぎると新規入学扱いになり、入学金1万円を払わなくてはいけないのです。
「うう、1万円は大きい。辞書も買えるし、半月分の食費だし、服だって買えちゃう。」と、せこくせこく考え、多少厳しいけど、とりあえず復学する事にしました。
どうしても無理なら1週置きでもいいや、なんて甘い事を考えて。

学校に連絡をした夕方、早速同学からメールが。
今の進行状況と、宿題と、他の同学の様子などの報告です。
ああ、ありがたいやら、緊張やら・・・
来週っていったら、あと5日しかありません。
今日は、早速しまいこんでいたテキストを引っ張り出し、近所でカフェ勉を1時間してきました。
2ヶ月のブランクがこの後どうひびくか、想像するだけでもぞぞーっです。^_^;

それにしても、先週までは復学は春だと思っていたのに、急にやる気になったのは「1万円」だけではないのです。
最大の理由は「ラジオ講座」。
1月から応用編が新しくなり、陳凱歌監督の自伝とインタビューを交互に読んでいく形式になったのです。
内容が難しいので、勉強するというよりも聞き流すつもりで1回目を聴いたのですが、これがすばらしい!
講師の刈間文俊先生も、朗読の銭波さんも、思わず我を忘れて聴き入ってしまうような美しい流れるような中国語を話されるのですよ。音楽みたいな。
「うわあ〜」と思って、次の日に思わずCDを買ってしまいました。
この朗読をきいたら、途端に中国語を勉強する気持ちがむくむく湧いてきたのです。
何だか、資格や会話や、よりも、中国語そのものの麗しさに「ダダーン」と打たれちゃいました。

そんな訳で、再びスパルタ教室日記が再開します。
またよろしくお願いいたします。(^^)/

★本日の学習★かわいい

「走進中国」
第6課の本文日訳。重要文法の例文チェック。

「ラジオ講座応用編」
第1、2回の分を聴く。(CDを流しっぱなし)

「中国語実習コース」
成語1個例文と共に、スケジュール帳に書く。
気づいたときにちらちら眺める。

*何だか適当ですね〜。慣れたら、もう少し系統だった学習法を考えます。^_^;
posted by ぺりお at 17:09| 千葉 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

あけましておめでとうございます。

だるま最中じゃ.JPG
←あまりのかわいさにお取り寄せしてしまった。
(起上がり本舗のだるま最中)


あっという間に、お正月が開けてしまいました。
今回は夫も6連休がとれ、数年ぶりに6日間も朝から晩まで一緒に過ごす事に。
いやー、しかしお互いひとりで休日をすごすパターンができあがっているので、こんなにも長い時間一緒にいると、「あれ?」と思うことが多く、たまに「イラッ」としたり・・
お互い食べたい物を食べたい時間に勝手に一人分作って食べるとか、見たいTVが180度違うとか、いないなあと思っていたら、いつのまにかお風呂につかっていたり、ど演歌を身振り手振りで歌われたり・・とか。(一声かけよう、お互いに)
ああ、これが世に言う「定年後の恐怖」なのでしょうか。^_^;
でも、人・猫共にのーんびり、無事に新年を迎える事ができ、「平凡こそ幸せだ」をしみじみ感じることができました。

年末年始と、中国関係の番組をたくさんやっていたのですが、きちんと見たのはNHKの「青海チベット鉄道」のみ。去年開通した、西寧〜ラサを走る鉄道の特集です。
いろいろ思うことはありましたが、やはりいつか乗ってみたい!あの青空が見たい!
あ、それから年末?に鶴太郎がモンゴルへ行く番組も見ました。
これもまた青空や高原が素晴らしかった。そして、そこに住む人々の笑顔が印象的でした。
やっぱり、大昔住んでいた気がするぞ・・・チベットとかモンゴルとかの草原に。(^_^)

そんなこんなで、休み中は中国語の勉強を全くやりませんでした。
さすがに、もうそろそろ始めないとこのままずるずるいっちゃいそうですね。
今晩からぼちぼちやってみようと思います。
友達にもらった新しいシャーペンをおろして♪

今年もまた皆様のブログで刺激をいただきながら、勉強をしていこうと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

★本日の学習★(予定)pandaani260.gif

「ラジオ講座(応用編)」
今日から新しいプログラムになります。陳凱歌監督のインタビューと自伝です。
どんな感じになるのか楽しみ。こちらは、テキストを眺めつつ、きき流す予定。
意味調べや、文法チェック、書きとりなどはしない(できない)と思います。

「中国語実習コース」
復習として使おうと思っていましたが、本文を見ていくのは時間的に無理そうなので、成語を覚えようと思います。週に例文を含めて2つ。(少ないけど・・)
手帳に例文ごと書き写して、ひまな時にちらちら眺める攻撃です。

posted by ぺりお at 11:40| 千葉 ☀| Comment(32) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。