2006年08月27日

はとバス怪談ツアー

上野大仏1.JPG
←顔だけはがされている上野大仏。上野公園はよく行くけれどこんな方がいらっしゃったとは・・・

先週は、担当工事物件の引渡し前という事で毎日検査、検査の週でした。
竣工前は激務ですが、これが終了すると自分の物のように思っていた建物が完全に人の物になってしまうので、ちょっと寂しいです。

さて、そんな忙しかった週も終わり、週末に参加しました、はとバス「講談師と行く怪談ツアー」。(^^)/
コースは以下のとおり。(はとバスパンフレットより)

東京駅丸の内南口
 ↓
谷中・全生庵(幽霊画)
 ↓
上野大仏・花園稲荷神社(大仏の頭だけがひっそりと安置されている上野大仏・幕末上野戦争の最後の激戦地:穴稲荷)
 ↓
東天紅 上野店「海燕亭」(食事)
 ↓
澤蔵司稲荷(澤蔵司(たくぞうす)という修行僧に姿をかえ、伝通院で学んだという稲荷大名神をまつった神社)
 ↓
四谷お岩稲荷(ご存知「四谷怪談」のお岩さまが祀られている)
 ↓
新宿大宗寺(閻魔大王と奪衣婆の像)
 ↓
将門の首塚
 ↓
東京駅


昨日は、東京はくもり。気温も29度くらいで涼しく、散策にはうってつけでした。参加者は40名くらいで、客層は50代くらいの方中心。若い女性もちらほら見られました。無理やり引っ張り出された、ぺり夫&我妹妹的老公は何となく違和感が・・・(ごめんねー、2人とも)^_^;

「怪談ツアー」というとおどろおどろしい雰囲気ですが、そんな事はなく、江戸情緒たっぷりの場所を講談師の方の江戸っ子ぽい解説を聞きながら巡る事ができて、かなり楽しめました。
怪談乳房榎.bmp
←特に、谷中全生庵の幽霊掛軸は見ごたえが!
小さい頃から見るたびにぞっとしていた、伊藤春雨の「怪談乳房榎」の掛軸があり、「おおっ!出た!」と思わず思考停止・・
寺という場所柄もあり、これを夕方や夜中に見たらさぞかし迫力があるだろうなあ、と思われました。^_^;


他に回ったスポットも、まあこんな機会でもなければ行かないだろう、というマイナーかつディープな場所ばかり。
上野大仏と将門の首塚(ここは良く行くけど)には、独特の気を感じましたよ。
これぞまさに、「大江戸魔方陣」の魔力でしょうか。
お岩稲荷.JPG
住宅街の中にポツンとあるお岩稲荷は、じめっとして入りづらいし、大宗寺の御二方(閻魔様&奪衣婆)は想像を絶する巨大さで爆笑を誘うし。ああそうそう、大宗寺の敷地内にある「塩かけ地蔵」は塩まみれでかなり不気味でした。(願掛けをしてかなうと塩をかけるそうです)

講談師のお話は、「四谷怪談お岩出生の因果話」。
若いお兄ちゃんなのに、さすがはプロで思わず聞き入ってしまいました。
巻き舌の江戸っ子弁が小気味よかったです。
でも、それよりサンミュージックの怖い話の方が怖かったけど・・

終了後は、月島でもんじゃを食べ「厄落とし?」をして帰りました。
恐れていた“お持ち帰り”も今のところなく一安心。(^^)
でも、足が筋肉痛だー!

★本日の学習★かわいい

「中国語教室」
・「走進中国」2課。本文と文法説明。文法事項を使って例文を作る練習。
・ごきぶり、幽霊についてのフリートーク。気持ち悪いよう〜って、私が怪談ツアーをさんざん自慢したからだ・・・(>_<)

「走進中国」

・予習と練習問題。
posted by ぺりお at 20:12| 千葉 ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

日本語は使いません。

まる、考え中.JPG
←僕もたまには物思いにふけるんだよ。(byまる)

とうとうやってきました。中国語オンリーの授業1日目。
予定では、授業の前に私と同学とで老師に「今日から日本語は使いません」宣言をするはずでした。
が・・2人ともちょっと遅刻してしまい、そのまま授業に突入。^_^;
途中、老師が用事で10分ほど席をはずし、その間はお互い中国語で会話をするよう言われていたので、その時に私達の決意表明を全員に伝えました。
「えええええ〜?」という反応が返ってくるかと思ったら、「明白了〜♪」と軽くいわれてちょっと拍子ぬけ。そうだ、忘れてたけどこの人は2年も留学してたんだったよ・・・^_^;
その後は、まちがえつつもなんとか中国語で話し、無事授業が終了しました。
非常に疲れたけど満足満足。
それにしても、留学経験のある同学たちは、普通に中国語回路になっていたようで「君たちは中国人かね?」といいたいほどぺらぺら流暢に話していました。うう・・追いつかねば!

授業の後、計画通りディープチャイナタウン@池袋へ繰り出し、「永利」でお昼を食べました。
噂にたがわず、中国度99%の場所です。
店内の壁一杯に手書きの中国語メニューがはりめぐらしてあり、音楽も中国の歌謡曲、店員さんもお客さんも全員中国人。中国語しか聞こえません。
同学は「なつかしいー!」と大興奮。
干豆腐と青唐辛子炒.JPG
←尖椒炒干豆腐(青唐辛子と干し豆腐炒め)

ここでは中国人のふりをしよう、と決めていたので中国語で注文しました。(といってもメニューを読んだだけですが)

3品頼んだのですが、どれも「ひぃ〜」と思うほど多くて、半分も食べないうちにギブアップ。^_^;
しかし、こんなに残すのはあまりにも申し訳ないので、持ち帰れるかどうかきこう、という事になりました。
店員さんを呼び「対不起。我們吃不了。可以這些菜帯回ma?」とおそるおそる言ってみたら、「可以帯走。几个?」と聞かれたので「兩个。」と返事を。
おおお!ちゃんと通じるじゃないですか!(^◇^)
同学と2人、かなり機嫌よくお土産のおかずを持って家に帰ったのでした。

やはり、語学上達のひけつは実践だな、と強く思った1日でした。

★本日の学習★ pandaani242.gif

「中国語教室」
・「走進中国」の1課と2課の単語。
・夏休みについてのフリートーク。
・生徒同士で中国語の会話。(これはかなり勉強になります)


“駒大よく頑張った!”Ψ(`▽´)Ψ
ラベル:永利
posted by ぺりお at 20:51| 千葉 ☁| Comment(24) | TrackBack(3) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

決意した。

漢字ばっかりじゃんか。.JPG
←新しいテキストは漢字ばっかり・・

近頃の授業は何だか楽ちん。
それは、スパルタから準スパルタにレベルダウンしているからです。
何ヶ月か前に、老師は「これからは日本語は使わないように。」とおっしゃったのですが、新しい同学が入ってきたのを機にまた日本語を使うようになってしまいました。

先週の授業の後、同学と上野に繰り出し「上海バール」でおいしーい黒酢酢豚をつつきつつ、「今後の授業内容」について真面目?に話し合いました。

まず、問題点が3つ。

@日本語を使うとそれに甘えて、中国語でどうしても表現してやろう!という気持ちがなくなる。

A老師まで日本語を使うので、リスニング力が全くつかない。

B授業にテストがないので、必死に覚えなくては!という気迫がなく、なあなあになっている。

せっかく新しいテキストに入っても、今までどおり日本語ばかりの授業では、身につくものがあまりないような気がします。
同学は、上海で働いていた経験もあるし、ご主人も中国の人だし、特に強くそう思うようです。(私が足を引っ張っているのだ〜)

そこで、私達は決めました。

・来週から日本語は決して使わない事。
 たとえ片言でも、ゼスチャーマンになろうとも。

・老師に日本語を使わないようお願いする。

・授業の前に、単語成語のミニテストをしてもらう。

そして、来週授業が始まる前に、これらを中国語で訴えてみようと。

うう・・・もしかしてこれって墓穴を掘ったのかな。^_^;
でも、楽をしてても上達は見込めませんし、ちょっと楽しそうだし、パワフルな同学の後について頑張ってみようと思います。

そして、記念すべき中国語オンリー授業1日目が無事に終わったら、中国人の街@池袋へ行ってディーーープな中国を味わってこよう、という事になりました。
「大成功だ!」と乾杯ができるように、今週は日常会話をインプットしておこう。

★本日の学習★pandaani250.gif

「走進中国」
・閲読課文の単語チェック。日訳。音読。練習問題。
・「大名鼎鼎」「混為一談」「順序排列」「大福大貴」「如花似玉」等々覚える。

「ChinesePod(中国語版)高級5課」
・姓名的起源の本文をプリントアウトして読む。
 テキストの本文と内容がそっていたので。
(あられさんに教わりました。ありがとうございます)(^^)/

*夏休みも残り1日。やはりあっという間でした。やろうと思ったことの半分も終わってないぞー!


posted by ぺりお at 22:43| 千葉 ☀| Comment(19) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

6〜8月に読んだ本

となりの家の猫太郎.JPG
←隣の家の猫太郎君。
たまに脱走して屋根にいます。




ここのところ、中国語学習において目新しい事がないので、最近読んだ本でも記録しておこうと思います。
ちょっといろいろ思うところあって重い内容の本が多いです。でも、ちゃんとグインサーガは入っております♪(^^ゞ

孫文〈上〉武装蜂起
孫文〈下〉辛亥への道
陳 舜臣(中公文庫)

時代の節目節目に、こういう人物が必ず現れて世界を変えていくのが不思議に思える。幕末の志士達に共通するものがあるけれど、そこはさすがに中国。更に更にスケールが大きくて本当の話だとは信じがたいほど。真実ですけど。

祖父東条英機「一切語るなかれ」
東條 由布子(文春文庫)

こんなにも戦争を阻止するために奔走したのに、時代の流れに巻き込まれ今では戦争責任者=戦争をはじめた極悪人という認識になってしまった。
そして、家族間の手紙の文章の丁寧さ、真面目さ、秩序正しさ、思いやり深さに心うたれた。戦前の教育のすばらしさ(軍国主義という意味ではなく)を見直すべきだと思った。
A級戦犯、と内容も知らず口にするのではなく、まずこういう本を読んでもらいたい。何度も泣いた。

美しい国へ
安倍 晋三(文春新書)

若者向けに書いたと言われるとおり、非常に平易な文章で理路整然と説かれていてわかりやすかった。中曽根さんは「安倍さんは、私や角栄さんのように叩きあげの苦労人ではない。」とやんわり否定的なニュアンスで評していたが、このように政治家の家で生まれ育って来た人の、政治に対する毅然とした視線が頼もしく感じた。

思いやりのある生活
ダライ・ラマ十四世(知恵の森文庫)

「否定的な性分の人や苦痛が重くのしかかっている人に出会えば
宝物を発見したかのように尊きものとして見なさんことを
遭遇することは稀有であるがゆえに」
心にぐさっときました。

豹頭王の挑戦―グイン・サーガ〈109〉
栗本 薫(ハヤカワ文庫)

109巻です!私のもうひとつの人生は順調です。(^^)/

台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい
蔡 焜燦(小学館)

この本に出会えて良かった・・・

微熱の島台湾
岸本 葉子(朝日文庫)

君子の交わり、小人の交わり―日中関係を90度ずらす
養老孟司+王敏(中公新書)

新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論
小林よしのり(幻冬舎)

いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL
小林よしのり(幻冬舎)

新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論
小林よしのり(幻冬舎)

戦争を知らない人のための靖国問題
上坂 冬子(文春新書)

良くぞ言って下さった。気分がすっきり。
中国、韓国へFAXしたい。

あの戦争になぜ負けたのか
半藤一利・保阪正康・中西輝政・戸高一成・福田和也・加藤陽子(文春新書)

最後の2冊はこれから読む本です。
感想等は、また後日気が向いた時に書き加えたいと思います。

もうすぐ終戦記念日。
最近は新聞、テレビでもよく戦争の特集をしています。
いろいろな意見を聞いて、そろそろ自分の考えをまとめていきたいと思っています。

★本日の学習★かわいい

「走進中国」
・明日の授業の予習!練習問題をとにかく完成させなくては〜。ひぃー(>_<)

*今日から休みに入りました。(結局木曜日までもらえた)
中国語の勉強を集中するべきか?休んで思い切りのんびりするか?ちょっと考えてしまうなあ〜。

posted by ぺりお at 23:07| 千葉 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

中国語名決定!

僕暑いの・・.JPG
←ちょいと失礼〜。(byはち)



先週の授業は「起名」(名前をつける)、という話題でした。

中国人は、名前を2つ持っているそうです。
ひとつは「大名」・・社会的に通用する正式な名前。
もうひとつが「小名」・・家族の中で呼ばれる名前。

これは、日本ではあまりないですよね。○○ちゃん、のような呼ばれ方はするものの、全く違う名前なんてほとんどきいた事がありません。(まあ、私は妹に「ぺりお」と呼ばれてますが・・)
ちなみに老師の小名は「春子」だそうです。
「日本人っぽいでしょーー」と恥ずかしそうに言ってました。
この名前は、家族以外ではごく仲のいい友達以外には教えてないそうです。

じゃあ、友人同士では何て呼ばれるの?というと、これは日本と同様ニックネームとの事。
大名の一部をちょこっと変えたり、頭に「阿」(ちゃん)をつけたり。(「阿ぺ」みたいな感じ。ぺりおちゃん、って意味らしい)

そこで私たちも、「中国語名をつけちゃうぞ!」と言う話になり、早速めいめい勝手につけてみることに。
頭に「阿」をつけたい、と全員一致だったので、自分の名前の中から気に入った漢字を選んでみました。
私は「阿美」(あーめい)。老師苦笑いしつつ(なぜ!)曰く。
「これは音的にも非常によくて、美しくて女性らしーい雰囲気が漂う名前なのよ。」だって・・^^;
もうひとりの同学は「阿春」(あーちゅん)
これは明るくてはつらつとした華やかな女性のイメージだそう。その子にぴったり。
男性陣は、「阿敏」(あーみん)を選んでいたのですが、周り中から「そりゃーきれいすぎる。あほっぽい「阿末」(あもー)にしろ!」とブーイングがあり「阿末」に。
欠席してた同学は、これまた音のひびきがあやしい、って事で「阿渡」(あどぅ)に決定。
そして老師の日本名は「あや」。

そのあとは、この名前で授業が進められてちょっと嬉しかったです。
美しくて優雅なイメージかああ〜。ふふん♪

★本日の学習★(予定)pandaani249b.gif

「走進中国」
・成語、単語を抜き出して覚える。宿題の練習問題をやる。
「中国語実習コース」も並行したいけど、ちょっと厳しいぞ!

「NHKラジオ講座(入門編)」
・発音練習。新出単語チェック。


posted by ぺりお at 10:38| 千葉 ☔| Comment(37) | TrackBack(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

ジョー・リン・ターナーに会う

ジョー・リン・ターナー♪.JPG
←Rainbowのロゴと新日本フィルが一緒になってるなんて・・不思議だ。

ここひと月ほど、音楽まみれになっていました。
7月のヴァネスをはじめとして、次は渡辺克也&ヴェネツィア室内合奏団の夢のようなオーボエを聴き、次は父親が参加している合唱団&東京交響楽団のモーツァルトの「ハ短調ミサ」、次がF4のフィルムコンサ、そして昨日がようやく最後となる、「Tribute to Rainbow〜虹の彼方に〜」かのRainbowのボーカリスト、ジョー・リン・ターナーと竹本泰蔵指揮の新日本フィルとの共演です!

この奇妙で素敵な演奏会には、例のごとくドイツ語マニア兼ハードロックマニアの妹に誘われたのです。

Rainbowっていえば、中学から大学時代くらいの時期、毎日毎日ききまくり、リッチー神!とか叫んでたよなあ。
姉妹揃って、RainbowだのMSGだのZEPだのパープルだのラットのモトリーのスコーピオンズのヴァン・ヘイレンのなんの・・・
土曜日の夜は、小林克也の「ベストヒットUSA」をこっそり見ては親に叱られ、ポスター貼っては叱られ、音楽聴いては「悪魔の音楽だ!」と叱られ、かなりバトルな日々でした。
ああ、なつかしい。(^^ゞ

しっかし、始まるまでどんな演奏会になるか想像がつきませんでした。
何しろ、客層がわからないし、ノリノリになっていいのかどうかもわからないし。
当日会場についてみたら、黒Tシャツ(もちろんアーティストロゴつき。なぜかKISSが多かった)にジーンズ姿、ハードなシルバーアクセに長髪のお兄ちゃん、いかにも新日本フィルを聴きにきました、という感じの上品そうな50代くらいの女性グループ等々さまざま。一体どうなるのー??

でも、コンサートはすばらしかった!
たまに、ジョーとバックがかみ合わなかったり、バラードが日本の叙情歌っぽく聞こえる事もあったけど、それはそれ。
ジョーの声はやっぱりいいなあーーーーー!
人の心をひきつけるパワーは健在でした。
時たま苦しそうなのもまたそれが良い感じ。
25年前、あこがれてた人とこんな形で再び出会えるとは。しみじみ・・

懐かしい曲ばかりでいちいち感想を書いているとものすごい長さになりそうなので、2曲だけ。
亡きコージー・パウエルに捧げる序曲「1812」。
両壁いっぱいにに懐かしいコージーの写真がが大写しにされました。
あのドラムの音や、中学の時クラスメートに借りたアルバムや、コージーが死んだ事を知った日なんかがくるくる頭をめぐって胸うたれました。

それから「Stone Cold」。
これはオーケストラのアレンジがすごく良くて、とにかくブラボーでした。
ジョーの叫びも絶好調♪

最後のスタンディングオベーションと歓声、終わらない拍手、そしてジョーの涙。
なんだかすごく心に残る演奏会でした。

多分来年もまた来るだろうなあ。
次回はリッチーもつれてきてね。(*^_^*)

Rainbow - I Surrender

Rainbow - Stone Cold

おまけ(グラハム・ボネット時代。ああーコージー・・・)
Rainbow - Since You've Been Gone

もうひとつおまけ(ロニー時代。がっこいい〜!)
Rainbow - Kill the King

きりがないからこのへんで。^_^;

★本日の学習★るんるんるんるん

「走進中国」
・明日の予習!!まだ勉強法がつかめない。

・中国語フリーペーパー「カクカク」を読んだ。

「ラジオ中国語講座(応用編)」
posted by ぺりお at 22:54| 千葉 | Comment(18) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

我的宝貝〜♪

沖縄バナナ.JPG
←む、香蕉(バナナ)?と思ってつい手にとってしまいました。意外に香りが本物っぽくておいしかった。

先日の授業で、「宝貝」についての話題になりました。
「宝貝」は、赤ちゃん(私のかわいーい赤ちゃん♪)という意味ですが、恋人同士の間でもよく使われるそうです。
「我的宝貝〜♪」・・僕の愛しいベイビー♪って感じでしょうか。(うう・・・)

他にも「女丑 女丑niuniu」(かわいこちゃん)もよく使うそう。
そういえば、前に教わってた老師は彼氏にそう呼ばれていましたよ。(うう・・・)
老師によると、それは普通の事で別に恥ずかしくないし、平気で使っちゃうよ、との事でした。
うむぅ〜、英語ならいろいろあるけれど、日本語でそれに対応する言葉って何だろう。
ちょっと思いつきません・・
やはりこれはストレートに愛を表現できる、という国民性でしょうか?(^_^)

それから、もうひとつ。
よく日本語でも「白馬の王子様」って使いますが、中国語でもそのまま使えます。
「我的白馬王子是金城武。」(私の白馬の王子様は金城武よ。)のように。
しかし、女性版もあるのです!
それは、「白雪公主」(白雪姫)。
「我的白雪公主是ぺりお♪」(僕の白雪姫はぺりおちゃんさ。)
ひえー、これは日本語にすると気持ち悪―い!( ̄ロ ̄!!)
老師は「日本でも使うでしょ?」と言っていましたが、同学たちはプルプルしながら全員でクビをふったのでした・・・
★本日の学習★(予定)kyudo.gif

「中国語実習コース」
・成語を抜き出してノートにまとめる。
最近、2日に1度のペースになってしまっている。

「NHKラジオ講座(入門編)」
・発音練習他。
ちょっと一休み、のコーナーで会話を聴き取ろうとしていますが、なかなか。

「走進中国」
・予習〜。テキストがまだ入荷されておらず、コピーされた物を見ています。
本がないといまひとつ盛り上がらないなあ。^_^;

*なんと!夏休みがもらえました〜!!わーい、太好了〜!
仕事がずれてお盆期間は休んでいいようです。
わーいわーい。はとバス「怪奇ツアー」行っちゃうかも。Ψ(`▽´)Ψ

posted by ぺりお at 10:18| 千葉 ☀| Comment(14) | TrackBack(1) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。